Breaking News
Home / Finance / 【四季報のツボ】株価に直結するPERの計算根拠”一株利益”
【四季報のツボ】株価に直結するPERの計算根拠"一株利益"

【四季報のツボ】株価に直結するPERの計算根拠”一株利益”

Digg にシェア
Pocket

純益は特別な損益をも反映した最終的な利益

 

❶ 利益(純益・最終利益)=経常利益+特別損益-法人税等

● 特別損益・・・土地売却損益、投資有価証券売却損益、関連会社整理損など
● 法人税等・・・法人税・住民税及び事業税、法人税等調整額など

 

❷ 1株益=純益-優先配当額-役員賞与金/発行済株式数-自己株式数

● 優先配当額・・・株主総会の利益処分で決まる配当優先株式への配当額
● 役員賞与金・・・株主総会の利益処分で決まる役員への賞与の総額
● 発行済株式数・・会社が発行した株式の総数。優先株の株数は除く

 

土地売却益など特殊な事情も考慮して最終利益を計算。その最終利益を発行済株式数で割った一株益はPERの計算の根拠ともなり、株価に直結する。

さらに詳しい内容は【株式投資に役立つ『会社四季報』の使い方】を参照して頂きたい。

 

AdSense




 

一株益はPERの計算根拠に使われる割安度の判断材料に使われる

 

経常利益に特別損失を加え、税負担などを引いたものが最終利益であり、四季報では利益を表記される。最後の伏兵である税金等と特別損益。特別損益とは、土地売却や工場設備の廃棄損など臨時で巨額な損益を計上したものである。ここから実際に払った法人税等を引き、税効果会計を考慮し、少数株主損益を控除したものが最終利益。

 

【四季報のツボ】株価に直結するPERの計算根拠"一株利益"

 

税効果会計とは、税法上の所得と会計上の利益の間にある期間的なズレを調整するものであり、少数株主損益とは連結対象会社の損益のうち他の株主の分を控除したものです。これを考慮・控除して、発行済株式数で割ったものが一株益である。一株益はPER(株価収益率)の計算根拠に使われる割安度の判断材料となる。本来的な一株益は上図のように計算される。

予想一株益は、予想最終利益を将来予想し得る発行株式数で割って計算するが、将来の業績などは実は誰にも分からない。これは参考程度で良いだろう。また自己株式が発行済株式数の10%を超える場合に自己株式を控除して計算している点は注意が必要となる。優先株などの枚数は除かれるので、株主構成における割合と誰に優先株を発行しているかを確認しておく必要もあるだろう。

私たちの大半はお金を投資しても、あまり旨みの無いのがこの利益である。最終的に残った利益を配当するわけだが、配当を減らす増やすというその裏にある経営上の都合をも理解してこれらの数字をチェックする事も忘れてはならないだろう。

 

参照文献:【株式投資に役立つ『会社四季報』の使い方

 

AdSense




 

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【クレジットカードと複利の恐怖】クレジットのリボルビング払いやキャッシングやカードローンで買物する女性には近づいてはならない複利の計算式

【クレジットカードと複利の恐怖】クレジットのリボルビング払いやキャッシングやカードローンで買物する女性には近づいてはならない複利の計算式

クレジットのリボルビング払いで ...