Breaking News
Home / Lifehack / 【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく
【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

Digg にシェア
Pocket

自分ならという基準で高額モデルを多く見て選球眼を養う

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

秋が深まる昨今、休暇を楽しみ、寒暖差ゆえに疲れてしまい、金銭的にも余裕がない日が続いている管理人ですが、今回は、個人的にオススメするヴィトンの財布を紹介しておこうと思う。

正直に言うと、自分が欲しい財布という事で、アフィリエイトサイト的な「人気だから」とか「機能的に良くて安価だから」とか「買って欲しいから」ではなく、正味予算を張るなら、どの財布が良いかという「私的目線である。

正味大金を張る場合にも、リセールの高さは保険と同様で、投資に失敗したら「どのくらいの買取価格なのか」というある程度相場観を把握しておく事は損ではない。

大金を張って、リセールの低いブランドを選んだ日には、あっという間に相場は無いに等しくなる。そうならない為にも、新品価格・中古価格・買取価格などあらゆる角度で調べておく事が重要である。

ルイ・ヴィトンであれば、アウトレットがなく相場は安定的である。これがアウトレットを積極的に推し進めるブランドであれば、あっという間に相場は下落方向に向かい、価値が無いに等しい状況に陥る。

目先の売上の為に、自らのブランド価値を落としていく。コーチしかり、グッチしかりである。それらはアウトレットが出るたびに、下落基調の相場を形成する。

では、個人的に欲しい財布を紹介していこう。相場調査はいつもお馴染みオークファン を駆使する。まずは、その前に素材における選定基準を簡単にではあるが説明しておきたい。

AdSense




 

LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトンにとって素材の選定が最も重要となる

 

多くの人々が疑問に感じているのが、ヴィトンとは本来「レディース財布」ばかりという疑問である。それはある意味正しい。

現在でも圧倒的に女性向けのモデルが多いが、奇抜なモデルを除き、多くの長財布はユニセックスであり、持っていても実は可笑しくはないのである。おかしいという先入観を無くせば、男性にも多くの選択肢が増える

 

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:高価格だが丈夫で長持ちブランド長財布メンズセレクト 5 つのモデル

 

男性目線で考えると、素材の選定は非常に重要なファクターである。上記は、素材別の一覧表である。どの素材を選ぶかあなたの好みもあるだろうが、男性色が強く人気で売りやすい柄で並べている。

もっとも男性色の強いのはエピやタイガ柄のブラックやブラウン色が強いモデルであろう。人気も加味して作成しておいた次第である。

ただ、今回取り上げるモデルは、それらを越えた高額な素材とあまり出回らないマニアックなモデルを取り上げておきたい。

 

1. LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン アリゲーターマット ポルトフォイユ・ブラザ N91555

 

エキゾチック・レザーの「ポルトフォイユ・ブラザ」は控えめな美しさが光る財布複数のポケットを備え、収納性と機能美あふれる逸品

正規価格は、約 621,000円であり、素材においてはもっとも高価である。これについてはどのブランドでも同じである。オークファンの相場では、約 398,000円程度で落札されており、リセールは 約 64%と悪くはない

ちなみに、この出品物を基準に買取額の相場を考えると、約 278,000円前後の価格が買取の中央値の相場である。それよりも高価格であれば売りであろう。

 

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

2. LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン ダミエ・アンフィニ オニキス ジッピーXL N61254

 

小ぶりのバッグと同じくらいの収納力が特徴で、非常に機能的な財布「ジッピーXL」 携帯電話を入れる専用ポケットを備え、複数のクレジットカードや現金、鍵やパスポートも収納可能

ハンドル付きのデザインで、洗練された雰囲気。正規価格は、約 185,760円であり、あまり出回らないモデルである。これひとつですべての機能を賄えるというぐらい機能的に優れている。

相場では、約 150,000円程度で落札されており、リセールは、約80%と稀少性の高さから、比較的高い数字となっている。

これよりは下に振れるであろうが、超美品程度で、約 70~60%である。出品物を基準に買取額の相場を考えると、約 105,000円前後の価格が買取相場と考えられる。

これについては状態などが考慮されるが、約10万円が付けば売りである。

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

3. LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン パイソン ジッピー・ウォレット N91449

 

コンパクトなデザインに機能的なディテールが魅力的な「ジッピー・ウォレット」にパイソンスキンでひねりを持ちたくなるアイコニックなモノグラム・パターンがエンボスで施工されている。

正規価格は、約294,840円であり、これもあまり出回らないモデルで、パイソンに関してもいくつか保有したが、金運的な運勢が上がるという事で人気モデルである。

相場では、約 250,000~277,700円程度で落札されており、リセールは、約89%と稀少性の高さから、比較的高い数字となっている。

新品未使用であっても、ほぼ新品と同じと考えると、そのまま保有して管理していても、現金と等価のブランドはあまり見られない。超美品程度で、約 70~80%である。

出品物を基準に買取額の相場を考えると、約 185,000円前後の価格が買取相場と考えられる。これについては状態などが考慮されるが、約16万円が付けば売りである。

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

4. LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン ノワール ポルトフォイユ・パラス M58415

 

ファッショナブルであらゆるシーンにぴったりな「ポルトフォイユ・パラス」 タイムレスなモノグラム・キャンバスと多彩なカラーのコンビネーションが特徴的。

しっかりと閉じられるアイコニックなS字型ロックがエレガントな印象を添え、小銭やチケット、クレジットカード、紙幣などを収納できる多数のポケットを装備している。

正規価格は、約 127,440円であり、これもあまり出回らないモデルである。リセールの高さから、ページ上下部に、写真を掲載しており、赤色のカラー・スリーズは購入してプレゼントした事があるが、オークションでもあまり見られない。

相場では、約 126,000円程度で落札されており、リセールは、ほぼ新品と変わらない価格である。美品でも約105,000円前後で落札されている。リセール率は、約82%である。

出品物を基準に買取額の相場を考えると、約 73,500円前後の価格が買取相場と考えられる。これについては状態などが考慮されるが、約 80,000円が付けば売りである。

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

5. LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン エピ ノワール ポルトフォイユ・ルイーズ M60767

 

フェミニティを極めた、モダンなエピ・レザーの長財布「ポルトフォイユ・ルイーズ」アイコニックなLVロゴのクラスプが目を惹くルイ・ヴィトンらしい定番品

クラッチバッグとしても使用できるマルチユースな財布。正規価格は、約115,560円であり、これもあまり出回らないモデルである。LVのロゴが前面に施された秀逸なモデルである。

平均相場では、約 104,500円程度で落札されており、リセールは、約90%と稀少性の高さから、比較的高い数字となっている。新品未使用でも金色のロゴタイプは若干下に振れ、超美品程度で、約 80~70%である。

エピについては、あまり人気が得られていないが、そのいちばんの原因が、ルイヴィトンという事が一目で分からないのが要因として挙げられるであろう。

その点、このモデルであれば、前面に施され、一目でヴィトンと判別できる。また同色の仕上げなので、金色よりも目立たない。出品物を基準に買取額の相場を考えると、約 74,000円前後の価格が買取相場と考えられる。

このモデルもLVのロゴの色と素材・色で比較的相場は下ぶれるが、約70,000円であれば売りであろう。

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

 

1~5 参照:ヴィトン公式HP 相場参照:オークファン

 

高価な素材が高価格を生み価格を維持できるのは”ヴィトン”他少数だけである

 

【Louis Vuitton】個人的にお薦めする驚異的にリセールの高いルイ・ヴィトン 5 つの高額財布の買取相場と売却相場を調べておく

AdSense




 

クロコやパイソンにおける素材に高価な価格帯が集中するのは、どの高級ブランドでも同じである。ただ、どのブランドでも言える事であるが、養殖モノはすぐに相場が崩壊して下落基調に陥る

オーストリッチなどが良い例である。そのような場合でも素材は高価であるが、ブランド力がなければ、高価な素材を使っていても、中古市場では二束三文なのである。

中古市場でもっとも強いブランドのひとつであるヴィトンであるが、高価な素材を使いながらも、高い価格を維持できるのは、素材を越えた定番の人気とブランド価値があるからに他ならない。

相場は常に変動し、流行により一時的に高額についたり、転売の容易なブランドも多数見られるが、ヴィトンのように安定した人気を長期間維持し続けるブランドは、世界中探してもほとんど見られない

現在のLVMH の経営方針は、積極的な買収戦略により、手に届くラグジュアリー戦略をとっている限り、現在の買取相場は安定を続けていく事であろう。

現在の経営者から、世襲された次世代の経営者が仮にもし、現在の経営方針と異なり、もっと高価にして「手に届かないブランド」にする政策を打ち出す可能性を考えた場合、こうしてヴィトンを楽しむのも時間の問題なのかもしれない。


 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。
好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【Φ-GRID STYLE】ブログをブランド資産と考えるなら あなたの得意なこと ハウツーコンテンツを書いて収益を生み出す 自分だけのカテゴリーを簡単にみつめる 3 つの方法

【Φ-GRID STYLE】ブログをブランド資産と考えるなら あなたの得意なこと ハウツーコンテンツを書いて収益を生み出す 自分だけのカテゴリーを簡単にみつめる 3 つの方法

ブログを資産として考えるとあな ...