Breaking News
Home / European Brand / 【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

Pocket

 

モンクレール MONCLER 出発は 登山家向けの防寒 をコンセプトとしてダウンジャケットの名門ブランドへ

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

ダウンジャケットメーカーとして1952年フランスグルノーブル郊外の「モネスティエ・ドゥ・クレルモン(Monestier de Clermont)」で創業され、頭文字を取ってMonclerと名づけられた。アルピニストの要望に応えるために研究を続け、1954年イタリア・カラコラム登頂隊、1955年フランス・マカル登頂隊、1964年アメリカ・アラスカ遠征隊などの装備に採用され、1968年のグルノーブルオリンピックでフランス・ナショナルチームの公式ウェアに採用された。

参照モンクレール

AdSense




 

本来のブランドのバリューと代理店の秀逸な戦略が効き、取引数が大幅に増え、高騰する中古相場

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

さっそく「オークファン」で相場を確認していこう。ここ約3年の最高高値付近は、約 600,000円程度になるようだ。高額なのは、ドラクロアやマスターマインドなどであろう。ここまでいくと、安価な中古車が買えるレベルとなっており、中古でも非常に高額になってくる。

数十万出せる人は、高額なベストも選択肢として考えておくことも良い事である。昨今では、モンクレールを着ているというだけで、ブランド保有効果もあり、羨望の的である。ただ多くの人は、ここまで高額なモデルを手を出す事も難しいことなので、今回は比較的手に届く「モンクレール」ブランドの入門と言えるモデルを探っていきたいと思う。

 

モンクレール MONCLER ダウンジャケット ブランソン ダークブラウン

 

安価なモデルを探すのは、比較的面白い調査である。服飾関連は、発売された時に最も高く、シーズン後半から在庫がダブつけば、一気に処分を行う為にセール品として、大幅な値下げを行う事で、在庫や将来の負債を減らして売上を維持することに努める。

すべて売り切ることを前提で、価格は下がる方向に動くのが、多くの企業で取られている事である。ある程度のブランド力がある場合は、この動きとはあまり関係なくなるのが良いところである。中古市場としての価格は、ある程度下落するが、一定の割合で下落が止まり、二次市場の価格が底値と読めれば、それこそセール品よりも、割安で買える事ができるのが、高級ブランドの良いところである。

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

また元値が少々張るが、選んだブランドが比較的人気であれば、二次市場の価格は、それよりも下落することもなく、大切にすれば、転売する場合でも、あまり損失が出ない。例えば、中古価格が約 5 万円程度で1.2度着た美品程度のモノを買い、シーズンで着て、その後リペア・クリーニングを行い、秋ぐらいに売却をすれば、下落幅は大幅に抑えられる。

去年個人的な売買としては、約数万円のダウンジャケットを買い、シーズンで売却をしたが、約 3万 5~6,000円程度で売却(自分でオークションやメルカリでも出せばもっと取れたかもしれない)ができたぐらいだ。そうなると、最新モデルの型落ちでもブランド力で嵩上げされ、下落幅はある程度相殺される。

 

季節型はシーズンの逆を狙いネット売買の弱みを業者の強みで相殺する

 

さっそくオークファンで調べたのが上記である。約数万程度で良いモノが入手できそうである。実際入手してみたのが上記から今回取り上げているモデルである。なかなか綺麗な美品で大変満足度が高い。個人的な入手方法は、夏ぐらいから、買取業者に声を掛けておき、買取=仕入れられた時に即予約し入金 した次第である。少しの間 取り置きしてもらい、シーズンが来たときに、取りに行くといった具合である。

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

シーズン前の入荷という事で、買取価格は若干だが安く抑えられている。またその後、すぐに買うことを確約しているので、相場よりも、安く買うことができた。これがオークション代行や、メルカリといった個人間売買ではそうはいかない。シーズン時期にならないと、出てこないわけであって、ネット売買はその辺がいちばんの弱点である。また仮に出てきたとしても、ブランドの真贋も怪しく、手を出す事はリスクである。

売る場合は、ネット販売の方がスピードが早く、時期が最適であれば、価格が高騰しやすい。売り手にとっては、売るタイミングで、ネットは強みであるが、買い手にとっては不利に働く事が多い。季節型商品は、買う場合、その業界の慣習や人の繋がり、ネット市場外での取引契約 (店頭) などが真価を発揮する。やはりプロにお願いすることで大きくコストが抑えられる。

 

高い気密性と保温性、着ていると季節を忘れるぐらい中は暖かい

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

さっそく着心地であるが、さすがに素晴らしい。中にはTシャツ一枚で快適に冬を過ごせるという言葉も、それほど嘘ではなく非常に保温性が高い。また肌に吸い付くようにフィットするこのフィット感は大変素晴らしいものである。もっとも分かりやすいのは、腕周りのフィット感は非常に高く、伸縮性にも富んでいる。

個人的に言えば、あまりファッションには興味がないが、ファッション性というよりも、冬における快適性という意味では、「モンクレール」は最有力候補として上げてよかった思っている。高価格を謳うブランドも多いが、多くはそのステータス性を重視するあまり機能性が損なわれているブランドも多い中「寒さを防ぐ」というコンセプトはブレがなく高いなりの理由が改めて認識した次第である。

中古価格でも、高騰するにはこの高い機能性によるところなのかと試着して初めてわかった事である。あなたのデザイン性の好みが合えば、文句なく「買い」である。

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

寒さでいちばん気になるところは首と頭周りであるが、十分な防寒対策が出来ている。少し寒くなってきたので、試着して外出をしてみたが、首周りに変化が。今まではマフラーを着用していたのだが、マフラーは特に必要なくなった事である。

マフラーをすると逆に汗をかいてしまうほどの気密性である。フードを被ってしまえば、さらに暖かい。雪山を想定しているブランドなので、街中では若干暑いぐらいである。インナーはトレーナー程度で比較的冬は過ごせそうだが、脱いだ時の寒暖差は半端ではなく、気密性が高い事が逆の意味で寒さを敏感に認識した次第である。

高気密過ぎると、季節を忘れてしまいそうだ。

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

30分間散歩がてら外出中に、ポケットに手を入れたまま過ごしてみたが、手の温度の低下は見られず、逆にほんのり手が湿ってきて、暑いぐらいである。私が住んでいる地域は、比較的山沿いなので、街中よりも若干寒いので、街中で過ごせばさらに暑かったのかもしれない。ポケットの保温性も抜群であり、汗をかいたとしても、滑らかな素材で覆われているので、サラサラした肌感は失われない。

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

内外部のタグとロゴも面白い。中のアニメタグは最初観たときに驚いた。ブランドらしからぬタグなので最初は前の保有者が洒落で付けたのかと笑ってしまった具合なのだが、このタグが公式と分かりさらに好きになった。前所有者はかなり大切に所有していたようで、傷やスレ、汚れもなく非常に綺麗に着ていたようである。素晴らしい状態。服飾関連は、着古しが多い中で、ブランド資産として見ていたのが嬉しい。

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

偽物が多く出回るブランドで注意するべき基本的事項を理解しておこう

 

【モンクレール MONCLER】モンクレールは高いのか低価格のダウンジャケット・ブランソンを入手してみた

 

最後は、あなたがモンクレールを保有する場合のアドバイスをいくつか説明しておきたい。まず、モンクレールジャパンでの正規店で購入したモデルを選定しよう。正規店以外で購入した場合のモデルは、購入した本人も真贋が出来ていると思われず、偽物の可能性が高いので、手を出さない方が無難である。

次に、正規店の保証を確保しておこう。破れなどの修理・汚れた場合のクリーニングなどの保証を受ける事ができる。決して近いからといってクリーニング屋などに出さない方向で考えてもらいたい。個人的に購入したモデルは、先に正規店にクリーニングに出したモデルを購入しているので、メンテナンス費用も削減できた。また正規店に通す事で真贋もできるので、一石二鳥である。

アフターサービスガイド付属の物を選ぶのはもちろんの事、メーカーでの修理等サービスが受けられる点は大きい。また八木通商株式会社の関連子会社、スプレンダーズ・アンド・カンパニーかモンクレールジャパンのタグが付いている物を選ぶ事である。

また製造は、モルドバ製もしくはルーマニア製もあるようだが、主に東ヨーロッパ諸国で生産されているので、そこも確認するようにしたい。また「Lampoジップ」を使用しているか、販売者にジップの確認をとっても良いだろう

AdSense




 

 

高級ブランドだが安価に買える 冬服 ダウンジャケット メンズ ブランド ランキング

1.モンクレール、2.クロムハーツ、3.ルイ・ヴィトン、4.ロロ・ピアーナ、5.エルメスである。5ブランド平均価格は、約106,100円である。10万円あれば、数十万円ぐらいするダウンジャケットを賢く購入する事ができる。その価格は五分の一を考えていくと割安と判断できるであろう。

 

 
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【エルメス 腕時計買取】HERMES Hウォッチ HH1.230 オールアッシュ ダイヤベゼルを再買取して初めてブランドの実力がわかる

  HERMES H ...