Breaking News
Home / European Brand / 【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル
【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

Digg にシェア
Pocket

 

Rolex/ロレックス:ビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

 

【Rolex×Auction Data】ロレックス:最高峰の実用時計を開発し続け即完売し高値で売れ続ける人気高級ブランド

創業年=1905年/創業者=ハンス・ウィルスドルフ/創業地=イギリス/ロンドン

ロレックス(Rolex)は、スイスの高級腕時計メーカーである。1905年にドイツ人のハンス・ウィルスドルフがロンドンで創業した。20世紀初頭に時計商社としてイギリスで創業したが、当時は時計関税が高額だったため以後漸次スイスに拠点を移し、その過程でメーカー化した。懐中時計が主流であった当時、早くから腕時計の利便性に着目し、別会社である「オイスター社」が開発し、それまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化、自動巻き機構「パーペチュアル機構」や日付が午前零時頃に一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明、腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けた。

参照:ロレックス-wiki

 

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

 

1953年発売。三針式、日付なし、黒文字盤の同社のスポーツモデルのさきがけとなった製品。初期型はRef.6150。後 Ref.1016、Cal.1560、ハック機能付きの Ref.1016、Cal.1570に移行し 1989年に一旦製造中止となったが、翌1990年に Ref.14270、Cal.3000として文字盤のデザインを一新して再発売された。エドモンド・ヒラリーのエベレスト初登頂時に用いられたとする資料が多いが、実際にその時使用されていたかどうかは定かではない。ヒラリーはその後広告に使われ、このモデルも探検家用モデルとして有名になった。1960年頃の一部のモデルを除き蛍光塗料によって針や文字盤表示が塗られており、暗いところでも時間の確認が容易である。通常のモデルと同じデザインと素材でありながらノンクロノメーターを一回り小さなボーイズサイズケースに収めたモデルも極限られた市場向けに少数販売された。 

参照:エクスプローラーI スポーツ系オイスターモデル-wiki

AdSense




 

驚異的なリセールバリューと安心してヴィンテージに投資できる万全なアフターサービスを武器に中古市場でも抜群の人気を誇る

 

驚異的で抜群なリセールバリューと安心してヴィンテージに投資できる万全なアフターサービスを武器に中古市場でも抜群の人気を誇るロレックス。ひとえに創業者が築いた驚異的な経営手法が現在最もうまく機能している時計ブランドといえる。

早期から腕時計に社運を掛け投資を行い、新技術を有する会社を買収し、それをベースに特許を取得し、権利を固めてから、大々的な宣伝・マーケティング戦略を次々と打ち出し、儲けを新技術開発と職人の育成に大胆に投資していく。創業者の経営手法を脈々と受け継ぎ今でも成長途上である。

創業者の先見性・マーケティング戦略・技術開発・アフターフォローと、それらが最もうまく機能しているブランドともいえ、新品・中古両方で人気は非常に高い。

大抵のモデルは、入札が殺到し、ロレックスはどれもすぐに高騰してしまう。買取業者が宣伝し、買い占めるトップブランドのひとつ ( どの業者もバカのひとつ覚えで、ロレックス・ヴィトンの写真を持ってくるのは中古市場で高値で売却できるから)であり、私たちユーザーが適正価格で買える事はほとんどなく、人気が高騰して、市場ではほとんど品薄状態でもある。

という事を考えていくと、少し古いが定番のモデルで比較的高騰せずに、シンプルで使いやすい程度の良いモデルを探して買うと比較的賢い買い物ができるのがロレックスなのである。さっそく「オークファン」を見ていこう。

 

ヴィンテージ一歩手前の通好みの比較的安価な程度の良いロレックスモデルを賢く探す

 

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

 

ロレックスは総じて高価格であるが、その品質は、価格以上であると思う。ロレックスの高価格モデルは、多く存在し、高いモデルを探すのは比較的探しやすいと言える。今回は、比較的手に届きやすい価格である定番のシンプルなモデル「エクスプローラーI」に照準を合わせ、手に入れてみようと考えた次第である。

これに関して言うと、2 個目の購入であり、1 個目を買取業者に出して、転売し、その後新しい中古モデルを探している時の話であるので、若干安い時の話である事をご了承願いたい。現在は、比較的値上がりしており、これよりも一段階上の価格をつけているであろう。それだけ値上げしても人気なのである。

オークファンで高価格帯が見つかるのだが、Ref.214270、Cal.3132。2010年に市場に投入された現行モデルである。現行モデルに関して言うと、約 50 万円からという事になるのだが、オークション市場である事から少し安い価格帯となっている。

基本的にデザインはさほど変更点は見られないが、搭載のムーブメントで価格帯は微妙に違っている。しかし、ロレックスというのは、リセールバリューが大変高い事が分かり、探しているモデルの予算と しては、いい塩梅となってきているのである。

 

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

 

そこで、約30~40万円代の安価なモデルを探していくと、やはり二世代前の搭載したムーブメントとなるが、数年程度の付き合いであれば、オーバーホール費用も合わせて予算計上しておくと、比較的良品に出会う事ができる。さらに調べていくと約30万円代の売買記録が残っており、現在の相場の底であるようだ。

ここから程度の良いモデルで、予算をどれだけ計上できるかを考えておくと、比較的底値で拾う事ができるであろう。私の場合は、約40万円代のモデルを購入対象として捉え、結構な玉数を探し出して、程度の良いモデルを手に入れたわけである。

 

ロレックスエクスプローラーは過酷な現場で使ったからこそ真価を理解した

 

暗闇でも、探検家にとって不可欠な最高の視認性を提供するようにデザインされているところが気に入った次第である。個人的な経験で言うと、工事関係の仕事をしていた際、比較的電気のない暗闇の躯体の中で作業する必要があり、過酷な現場で若い時に働いていた時に、真価を発揮したのが、エクスプローラーである。

エクスプローラーには、ヒマラヤで得た経験が生かされているという。これもソソるセールスレターであって、少ない給与で購入資金を貯めたものである。特徴的な時針・分針、そして夜光性のアワーマーカーと視認性の高い特徴的なブラックのダイアルが備えられている。

設計から製造まで完全自社開発であるロレックスの顔であるブラックダイアル、比較的黒い文字盤の方が、視認性が高いかと思う。ロレックスのダイアルは、完璧を期すためほぼすべての工程が手作業で行われる。

 

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

 

素材は、ステンレス スチールは、904L スチールが使用されている。904Lは通常、耐蝕性が不可欠なハイテク産業・宇宙航空・化学工業の分野で盛んに用いられる堅牢な素材である。超合金 904Lは、非常に堅牢であり、研磨性にも優れている。違うモデルであるロレックスの研磨を過去3度ほど出したが、研磨できるのはなんと5回まで可能であるようだ。

研磨を施したロレックスは古いモデルであろうと、新品のような輝きで戻ってくる。結構過酷な環境でも耐える事ができ、工事関係の仕事の現場でもタフに使えたのである。

 

装着して分かる驚異的な軽量感と堅牢性を感じるオイスター・ブレスレット

 

装着感に定評があるオイスター・ブレスレットは、デザインと機能面の両立とその端正な美しさと技術の完璧な融合であり、堅牢な構造と快適な着用感を特徴とする。ブレスレットに装備される「オイスターロック フォールディングクラスプ」と言われるブレスレットが誤って開く事を防止する事にも役立っている。ブレスレットを延長するためのイージーリンクもロレックス独自の発明であり、独創的なシステムにより、ブレスレットの長さを約 5 mm延長させることができるようである。

 

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル
【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル
【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

 

装着して分かる事であるが、並みの時計とは違う事は皮膚感覚として感じるほかないのだが、まず最初の印象としては、驚異的な軽量感である。本体並びにブレスの一体感は、腕に吸い付くほどであり、全体的な軽量感は、一見チープさを感じる事であろう。どうしても高級時計は、その重量感で他のブランドを圧倒しがちである。

また驚くべきは、長く使っていくほど真価を発揮する。あらゆるシーンで快適な装着感を実現している事である。つまりは「時計を装着している感覚」を失わせるほどである。仕事で機械仕事をする際には、時計を外して操作や入力を行うのが私の常であるが、ロレックスの場合、装着していても疲れない。まさにそこまで計算された軽量さなのである。

他の素材、ラバーやその他の軽量素材の時計を装着すれば良いのではと思うかもしれないが、その場合耐久性が損なわれ、1.2年でボロボロになってしまう。その点、ロレックスのステンレス・スチールは、とても堅牢であり、過酷な環境でもその美しさは失う事が少ない。長年使ってみて分かった事であるが、まさに素材の良さが抜群なのである。

 

シンプルでスマートな端正なベゼルライン

 

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

 

オイスター パーペチュアル エクスプローラーは、シンプルながらも、一目でロレックス・アイコンとしてその不動の地位を築いてきたシンプルで端正なラインを描いている。昔から大きく変わらず、不変的なデザイン、持っていても古さを感じず、逆に新しいモデルのような錯覚に陥る新鮮な躍動感を与える事に成功している。

スチールのスムースベゼルは、堅牢とエレガントの両立が図られ、エクスプローラーの長い伝統と審美眼が追求され、それが見事に調和する。

 

Cal.3132 ムーブメントから過去のモデルを愛でる

 

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル
参照:ロレックス エクスプローラー ウォッチ -公式

 

現在では、ロレックスが独自に開発・製造した自動巻き機械式ムーブメント、キャリバー 3132 が搭載されている。今回のモデルは、比較的古いモデルである1990年の Ref.14270、Cal.3000として文字盤のデザインを一新して再発売されたモデルである。

Cal.3000からCal.3130をベースに、現在のムーブメントが作られているので、ルーツを探るには最適なモデルである。現行キャリバーでは、パラクロム・ヘアスプリングと高性能のパラフレックス ショック・アブソーバが搭載され、衝撃と磁力に対して極めて高い耐性を発揮する。

ロレックス パーペチュアル ムーブメントは、スイス公認クロノメーター検査協会(COSC)のテストに合格した高精度の時計にのみ与えられる、クロノメーター認定を受けている。

 

定番人気のお買い得モデルはすぐに売り切れてしまう

 

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

 

下記はロレックス エクスプローラーの過去の正規価格及び並行相場の変遷である。2008年に6万円近く正規価格が上がったものの、旧型相場はきわめて安定推移を見せてきたが、新型になり正規価格は約15万円以上もアップ。円安で並行相場も正規に肉薄する勢いである。

やはり狙いどころは、相場が急激に上昇する前の価格帯で買えるモデルを持つことでお買い得感のあるモデルを探しておくべきである。私の場合、相場が大きく上昇する前に手に入れた次第であるが、現在ロレックスブランドが全体的に高値傾向である。

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル
図参照:腕時計大全

 

そうなると、中古市場でセール品を探す事になるが、探してみるとすべて売り切れであり、残っていたのは、最後上記のリンクである。これに関して言うと、比較的お買い得モデルといえ、入門機として初めて保有するには最適なモデルといえよう。ただしメンテナンスが必要なので、その点は注意するべきである。

参照文献:腕時計大全 (100%ムックシリーズ)



 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【Longines】ロンジン ラ グラン クラシック ドゥ を新しい買取サービスで模索したがやはり現場の査定スピードと即金性に勝つことができない

【Longines】ロンジン ラ グラン クラシック ドゥ を新しい買取サービスで模索したがやはり現場の査定スピードと即金性に勝つことができない

  Longines ...