Breaking News
Home / Blog / 【残酷すぎる成功法則 9 割まちがえる「その常識」を科学する】はエビデンスから導き出された成功を考察している良書
【残酷すぎる成功法則 9 割まちがえる「その常識」を科学する】はエビデンスから導き出された成功を考察している良書

【残酷すぎる成功法則 9 割まちがえる「その常識」を科学する】はエビデンスから導き出された成功を考察している良書


成功法則について、エビデンスに基づき調査・インタビューした良書

 

【残酷すぎる成功法則 9 割まちがえる「その常識」を科学する】はエビデンスから導き出された成功を考察している良書

 

本書【残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する】は、おどおどしい刺激的なタイトルであるが、原題は「見当違いをしている」という意味のようだ。

成功するために、あなたのそのやり方は違いますよと多くの論文や著作、それらの人々にインタビューすることで、エビデンス(科学的根拠)を付けた報告書のような書籍である。

表紙カバーが、変な書体で、チラシのように目がチカチカするので、外して読むことにした。写真ではカバーはないが、刺激的に本書の宣伝がなされている。

本書に貫かれている全体のテーマは、昔読んだ、マルコム・グラッドウェルの取り上げ方に近く【ティッピング・ポイント】 や 【天才! 成功する人々の法則】 などを合わせて読むとさらに分かりやすくなるだろう。すでに読んでいる人は、ああ、マルコム・グラッドウェルのようだねとピンとくるであろう。

また昔に読んだ、行動経済学について記した ダン・アリエリーの【予想どおりに不合理】にも共通するところもあり、合わせて読むとさらにおもしろい。

本書は、私のようなブロガーが、網羅的に書かれているので、読むには苦労するであろが、しっかりと精読すれば、自分なりの成功法則を見つける手掛かりを得られる。

AdSense




 

【内容紹介】

今すぐ「思考」と「行動」をアップデートせよ!目標達成のために不可欠な要素として世間一般で広く信じられてきたことの多くは、手竪くて正論だが、今や完全に間違っている。そうした神話の長所、次いで反論や矛盾を取り上げる。裁判のように賛否両論を検証、最もプラスになる結論を導きだしていく。

【著者略歴】

エリックバーカー:大人気ブログ“Barking Up The Wrong Tree”の執筆者。脚本家としてウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、20世紀フォックスなどハリウッドの映画会社の作品に関わった経歴をもち『残酷すぎる成功法則―9割まちがえる「その常識」を科学する』は、初の書き下ろしにして全米ベストセラーに

【目 次】

序章   なぜ「成功する人の条件」を誰もが勘違いしているのか
第 1 章 成功するにはエリートコースを目指すべき?
第 2 章 「いい人」は成功できない?
第 3 章 勝者は決して諦めず、切り替えの早い者は勝てないのか?
第 4 章 なぜ「ネットワーキング」はうまくいかないのか
第 5 章 「できる」と自信を持つのには効果がある?
第 6 章 仕事バカ…それとも、ワーク・ライフ・バランス?
結論   本当に人生を成功に導く法則は何か

 

成功において、学業優先のエリートコースを目指すべきか、実社会に役立つ才能を重視するべきか

 

【残酷すぎる成功法則 9 割まちがえる「その常識」を科学する】はエビデンスから導き出された成功を考察している良書

 

例えば、成功において、学業を極めるべく、エリートコースを目指すべきか、自身の個性を伸ばし、実社会で役立つ才能を伸ばすべきかという点についてである。

一見学校での成績の良い人々は、規則に従い、システムに順応することが上手く、そのなかでしか、最大の成果を得られない。

ルールに従う生き方は、大きな成功を生まない。良くも悪くも両極端を排除するからだという。概ね安泰で、負のリスクを排除する代わりに、目覚ましい功績の芽も摘んでしまうというのだ。

最適なリーダー並びに輝かしい実績をつくる人間になるひとつの秘訣は、常にユニークな資質を持つこと。

日頃のネガティブな性質、欠点を長所に変えれば、仕事や物事を飛躍的に高めるカンフル剤となる。あなたの最大の弱点を長所に変えることが、成功者に必要な条件のひとつとなる。

私たちはときに「最良」ばかりを目指す傾向があるが、多くの場合「最良」とは世間並みなのである。卓越し成果を残す人々は、一風変わった人間である。

世間の尺度を知りつつも、時に従ってはいけないときがある。あなたなりの一番の個性こそが真の「最良」を意味すると指摘している。

並外れた天才は、適した環境まで作ってしまうが、私たち一般人が「真の最良」を目指す場合、あなたが好きな分野で、人とは変わった仕組みをつくり、極めたい分野で功績をあげ、自ら名乗りを上げることに注力する方が、人生は楽しかったりする。

 

本書を通じて自分なりの成功法則をまとめると

 

【残酷すぎる成功法則 9 割まちがえる「その常識」を科学する】はエビデンスから導き出された成功を考察している良書

 

上記は、自分自身で章をまとめた次第であるが、私自身は、学業はあまり出来なかったが、若年のときから、好きな専門分野のみ勉強して仕事をしてきたので、結構充実した人生をおくっている。

私の専門分野は、建築学 ( 好きが高じて建築士を取得 ) で、その分野のなかで「 原価予算管理リユースユーズドリノベーション 」についてが好きであり、その分野を通じて、隣接分野で関わる様々な知的財産権 ( 商標 や 特許 、好きが高じて知的財産管理技能士を取得 ) を知り、分野のなかで特に興味があった「 欧米のラグジュアリーブランド 」を扱うことで、遂に専門分野となってしまった。

約 20 年ほど、欧米を中心としたユーズドのラグジュアリーブランド品を収集・撮影・記録することを趣味として始めたことで、記録だけで言えば、約 14,000 点のラグジュアリーモデルに精通 ( 実際はその 約 5.2 倍以上 )し、趣味が高じて、精通する分野のオークション や EC 運営に携わることになる。

おそらく、ユーズドのラグジュアリーブランドを 収集・撮影・分析・売却して、データに膨大かつ大量に残し、その情報の一部をブログで公開している人は、たぶん、日本で私だけであろう。

このように、自分なりに章を読んで自分自身をまとめてみたが、下記は章ごとに様々なケースで、成功法則について、方法論に仮のタイトルをつけ、私なりにまとめた。

ただ、方法論の具体的な内容は、本書に書かれているので、私のメモとして掲載 (メモを残すことで大体理解が深めることができた) しておくので、大よそどのような成功法則が書かれているのか参考となるであろう。

またなぜ、自分自身でまとめる必要があるのか、本書を読めば、あなた自身でまとめた方が、成功法則とはこんな感じかなと分かってくると思う。

さらに詳しく成功法則を知りたい方は、本書を手に取って理解を深めて頂きたい。

 

【残酷すぎる成功法則 9 割まちがえる「その常識」を科学する】はエビデンスから導き出された成功を考察している良書

 

実社会でどんな人でも成果が出せる 3 つの方法

1. 自分の知り、自分の強みを生かし、専門分野を持つ
2. 自分に合った最適な「池 ( 環境) 」を選ぶ
3. 専門分野を常に宗教的な熱意を持ちそれを続ける

エビデンスからわかる最強の対人 6 つのルール

1. 自分に合った池を選ぶ
2. 協調する姿勢を見せる
3. 他者を信頼しながらも、裏切られることも想定する
4. 懸命に働き、周囲に効果的に知ってもらう
5. 長期的視点で考え、相手にも長期的視点で考えさせる
6. 自分も許すように、他人も許す

グリッド、やり抜く力を継続させる効果的な 6 つの質問

1. 自分が粘り強く取り組みたいことが見つかっているか
2. あなたは楽観主義者か
3. あなた自身の有意義なストーリーは持っているか
4. 生活や仕事にゲームの要素を取り入れているか
5. 自分の時間とエネルギーは有限と認識しているか
6. 小さな賭けをいくつ試してみただろうか

人と論争をなくし良い結果だけを得る 4 つのルール

1. 落ち着いて、ゆったりとしたペースで話す
2. 相手の話をしっかりと耳を傾け、それを相手に知らせる
3. 相手の気持ちにラベルを貼る
4. 相手に考えさせる

自信のジレンマを解決する 4 つのチェックリスト

1. 自分を信じること以上に、自分を許せること思いやりを持つ
2. 自尊心を自然なレベルに調整する
3. 自信をどうしても高めたいなら獲得する
4. 自分を偽らず、インチキはしない

自分の人生を選び、よりよく生きる科学的に実践する 5 つの手順

1. 時間の使い方を追跡調査してみる
2. あなたが勤め人の場合、上司と話す
3. やることリストは落とし穴がある。すべて予定表にすること
4. 自分がおかれた状況をコントロールする
5. 一日を首尾よく、予定した時間に終えるように調整する

 

本当に人生を成功に導く法則とは何か

 

【残酷すぎる成功法則 9 割まちがえる「その常識」を科学する】はエビデンスから導き出された成功を考察している良書

 

成功は様々な形でやってくる。信じられないほどの鮮烈なもの、シンプルなもの、風変わりなもの、滑稽なもの、私たちはよくメディアで見るような成功の極みに憧れ、重要なのは自分なりの成功だということを忘れる。自分オリジナルの成功を定義してこそ、それを達成できるのだ。(中略) 成功者となるために、覚えておくべき最も重要なことは何だろう? 一言で言えば、それは「調整すること ( アラインメント ) 」だ。 成功とは、ひとつだけの特性の成果ではない。それは、「自分はどんな人間か」と「どんな人間を目指したいか」の 二つを加味しつつ、そのバランスを調整することだ。

 

成功とは、常に「調整する力を有した者」が成功し続けるという定義はなかなか興味深い定義である。自分を知り、自分は何者なのか、それが分かるだけでも、かなり成功の確率は上がるのである。

何をもって成功なのか、それぞれ個人の問題であるが、あなたの本来の強みを生かし、最適な職務で活かし、あなたの最適な池を選び出し、社会に有益なユニークなストーリーを持ち、あなたを助けてくれるネットワークと、あなた本来の特質である内向性と外向性を活かせる仕事を持つのである。

物事を習得する際にも、失敗する自分を許し、あなたを前進させてくれる心のなかに湧き上がる情熱を持ち続けることで、成果を上げることが可能となる。

AdSense




 

まずは、自分を知り、自分の特性と周囲の世界を最適な関係に調整する。そして最適な池を選び出し、あなたの増強装置を活用できる仕事を見つけ、前進させるストーリーを作る。

その後描いた夢を実現するために、願い、成果、障害、計画、の順で「願い」に関して自分が望む「成果」を具体的に思い描く、それから現実を直視し、目標達成の具体的な「障害」について考える。障害に対処する「計画」を考える。

なかでも重要となる調整とは何か?本書では、自分が望むような人になっていくのを助けてくれる友人たちや愛する人たちとつながる事と説いている。

金銭的な成功も良いが、人生で成功をおさめるには、幸福感が必要であるとしているが、これはその通りであり、多くの金銭を持っていても、幸せではない人もいるのも事実である。

成功の定義とは難しい課題であるが、自分の特性を知り、情熱を常に持ち続ける専門分野を持ち、社会に何かしらの貢献ができるストーリーがあり、最適な環境で仕事を行い、他人と適切な関係を築き、夢を常に持ち続けながら、それに向かって前進し続けることで、成功への条件が整う。

あとはそれらを上手く調整することかと、自分のなかで解釈した次第である。

とこのように、あなた自身の成功とは何かという事を考える際に、本書は最適な書籍である。一度本書を手に取って自分の立ち位置を確認してほしい。

 

■ Reference Image :Pixabay




About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【小さくても勝てます】は実在する理容室からみる経営初心者に最適な平易な経済小説

【小さくても勝てます】は実在する理容室「ザンギリ」からみる経営初心者に最適な平易な経済小説

本当の意味での「小さくても勝て ...