Breaking News
Home / European Brand / 【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について
【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について


ロレックス:既存の常識を打ち破るブランド戦略と驚異的な人気で価格上昇を続ける最も有名になったカリスマブランド

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について

 

創業年=1905年/創業者=ハンス・ウィルスドルフ/創業地=イギリス/ロンドン:腕時計の将来性をいち早く見抜いていたハンス・ウィルスドルフにより、1905年に創業。精度はもちろん、要求される性能を満たすための腕時計開発を積極的に行い、1926年に世界初の完全防水ケース「オイスター」を完成させる。1931年には360度回転式ローターを採用した自動巻上げ機構「パーペチュアル」を、1945年には午前12時に日付が瞬時に切り替わる「デイジャスト」を開発。腕時計の実用性を飛躍的に高めていった。1950年代以降は、プロフェッショナル向けの製品も積極的に開発し、「エクスプローラー」「サブマリーナー」「GMTマスター」「コスモグラフ デイトナ」など、現在でも続く人気ウォッチを展開。これらはここ数年で目覚ましい進化を果たしており、現在の技術に見合った最高峰の実用時計としての地位を改めて確立している。参照:腕時計の教科書

AdSense




 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について

 

61年発売。ロレックス唯一のクロノグラフモデル。以前コスモグラフはムーンフェイズ機能を持つモデルの名称であった。当初はアポロ計画の為に開発された物だが、NASAの選定の際にスピードマスターの前に破れ去ってしまった。後、カーレース用のモデルとして宣伝。88年からゼニスとモバードが共同開発した『エル・プリメロ』を大幅に改造したCal.4030を積み自動巻化されたRef.16520に。参照:コスモグラフ・デイトナ-wiki

 

デイトナ狂騒曲~この高騰はいつまで続くのか

 

 

事の始まりは、1987 年に手巻きのデイトナが製造中止になったことにはじまる。まず、イタリアで空前のブームが起こり、それが世界中に波及し、デイトナが品薄状態となり「デイトナ・バブル騒動」が起きた。

ロレックスは、翌年の 1988 年 12 月に、前回紹介した「オイスター・パペチュアル・コスモグラフ・デイトナ」を市場に投入。正式なシリーズ「コスモグラフ・デイトナ」となるのは、この時である。

デイトナ・バブルの真っ只中だったため、自動巻きのデイトナは、その影響を受け店頭に並ぶことはなかった。

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について

 

日本ではバブル直前まで、まったく人気がなかったせいで、中古価格で約 200,000~300,000円前後で売られていたが、その後の人気で、日本国内でも稀少で数も少なく、アッと言う間に高騰したという。

この時代は、日本でも空前のバブル景気もあり、高騰したと言っても、当時の金銭価値から考えると、あまり高いとは言えない感覚であっただろう。

その後、日本でもバブル崩壊が起こり、それと同時期に、デイトナバブルも終焉し、定価辺りまで価格は下落したのである。

個人的に言うと、バブル崩壊後に購入したモデルも多く、多くのロレックスを定価または底値で入手できた事は幸運であった。

私自身、バブルの時に利潤を享受することが出来ず、その後のバブル崩壊後に仕事を通じて、利潤が回ってきた事もあり、父親から一部カネを借り、比較的多くのモデルを安価にかつ底値付近で入手できた。

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について

 

コスモグラフ デイトナの高騰は、ちょうどこのバブル時期と重なったため「ロレックスのモデルが製造中止になると価格高騰が始まる」という方程式が生まれ、スポーツ系モデルを中心に高騰が始まることになるが、価格が高騰するというのはデイトナから始まっている。

最初に入手したモデルは、バブル崩壊後 数年が経ち、2000年代初頭には、価格が一時下落したので、長期間保有することに決めたのである。

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について

 

購入した当時、インターネットの黎明期であり、多くの人々はネットで調べるという事が出来ず、情報格差がかなりあったことを付け加えておきたい。その時は、保有した多くの腕時計を高値で売却できるとは思ってもみなかった。

その中で、今回紹介する「ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.116520」 は、ロレックス悲願の完全自社製クロノグラフ・ムーブを搭載し、スポーツモデルとして絶大な人気を誇る投資効果の高いモデルを簡単にではあるが取り上げておきたい。

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について
【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について
【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について

 

基本的な設計は、前回のモデルである「Ref.16520」のエンジニアリングを受け継いでいるが、様々なブラッシュアップを行い、その完成度は高い。

搭載されるムーブメントのブラッシュアップにより、全体的に変化したと言ってもいい。

ムーブメントCal.4130は、72時間というパワーリザーブを有し「パラクロム製ヒゲゼンマイ」を採用することで、耐磁性に優れ、高耐久性と精度を両立している。

また、2007年前後にロレックス独自の「ブルーパラクロム・ヒゲゼンマイ」にブラッシュアップされ、さらなる耐磁、衝撃性の性能アップが図られたようである。

その他、インデックスの大型化やインダイヤルのレイアウト、夜光塗料がルミノバからクロマライトへと変更されており、青く光るようになっており、写真を参考にしてもらうと分かる。

さらに、ブレスレッドにも、細かいブラッシュアップが図られ、中央リンクパーツをソリッドパーツに変更し、堅牢性の性能が向上。

バックルは、イージーリンクを装備することで、サイズの微調整が可能で、着用 並びに 脱着する際の操作性が向上し、また装着してからの長時間の快適性を実現している。

以上のように、年を追うごとに様々なブラッシュアップが図られ、常に進化し完成度を上げながら、フラッグシップモデルとして盤石の地位を築いたのである。

 

抜群の二次市場での評価、数も少なく稀少性があり、ずっと驚異的な高騰を続ける

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について

AdSense




 

ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.116520 このエピソード満載の高額モデルの高騰はいつまで続くのか。

2000年代前半に市場に投入されてから、国内では 約 1,040,000 円前後で販売されていたわけだが、ここ最近、しばらく経ってから高騰を始めた。

現在の相場はどうなっているのか。さっそく「オークファン 」で取引状況をチェックしていこう。下記モデルについては、最高額付近を取り上げている。

下記を見ていくと、オークションでは、約 2,450,000円前後が最高落札付近で、約 2,200,000 円~ 2,400,000 円前後で取引が見られる。

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について
Reference:Aucfan Co.,Ltd.

 

次に「Aucfan Pro Plus」を見ていくと、2018年4月あたりから、相場の調整が入り、値崩れしている。それから再び緩やかに上昇を始め、2019年6月あたりで、値を上げている。

去年の 4 月あたりの値崩れした時期に、中古市場でタイミングよく購入 (未使用・新品同然) 出来た人は、比較的ラッキーだったかもしれない。

その後、約 1 年保有していたら、約 1,000,000円前後アップしていたわけで、数は少ないが転売益を得られた人もいたのではないかと思われる。

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について
Reference:Aucfan Pro Plus

 

また「Kakaku.com, Inc.」を見ていくと、2018年前半に価格が上昇しているが、やはり上記と同じく、2018年4月あたりに相場の調整が入っている。

ただし、各買取業者は、買取価格の関係上、大幅に価格を下げることが出来ず、若干相場が崩れて狼狽したことであろう。

国内外で大規模な買取販売業者は、価格維持の為、在庫調整を図り、中古市場で供給量を絞る事で、再び上昇局面を作っていったのであろう。

ということで、去年夏頃から再び価格が上昇、その後、約 3,200,000 円~ 3,600,000円 のプライスゾーンで推移している。

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について
Reference:Kakaku.com, Inc.

 

同モデルについては、約 数年前にいくつかのコレクション整理を行い、その売却益で入手したモデルである。

今回のモデルについては、純投資目的での保有であり、約 数年間の保有で比較的価格が上昇し、再び売却益を得られたモデルでもある。

実のところ、これほど上昇してくとは予想していなかったわけだが、現在の価格高騰は非常に早く、新規のプレイヤーなどが多く参入したことで、さらに相場が上昇していったのであろう。

当初、約 200,000 円前後の故障したデイトナからスタートしたわけだが、長くブランドを見ている者からすると、もうじき「手の届かないラグジュアリーブランド」となると寂しい気持ちにもなる。

 

【ROLEX】ロレックス コスモグラフ デイトナの 驚異的な高騰と値上がり益の期間と投資効果について

 

約二十数年以上経つが、バブル崩壊後、比較的良質なモデルを中心に入手を進めた。

仕事で報酬を得るたびに、今では信じられないぐらいの安値で放置され、故障したラグジュアリーブランドの中古品を入手し、修理に出しては、ヴィンテージ品の収集して楽しんだものである。

約二十数年前と違い、現在のロレックスにおいては、価格が驚異的に高騰し、高値掴みのバブル傾向にあり、主に高騰した価格で欲しい人の為に売却を行っている。

現在では、入手する数も減り、よほど欲しい時計がない限り、購入することはないのである。

現在の高騰は、もはやバブルであり、再び入手するとしたら、世界中に大きな景気後退局面が起こったときであり、プレイヤーが投げ売りをはじめ、大きく相場が下落した時に、改めて入手したいと思っている。

バブル中の現在は、今しばらく高く購入してくれた人の元で、大切に扱って頂きたいと思うのである。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【未使用品/保護シールつき 鏡面バックル】ロレックス デイトナ 116520 ブラック ROLEX 【未使用品】
価格:3,448,000円(税込、送料無料)
仕様:クロノグラフ
ムーブメント;自動巻き Cal,4130
パワーリザーブ:約72時間
文字盤色:ブラック
防水性:100m
材質:ステンレススティール
サファイヤクリスタルガラス
サイズ:40mm
重さ:約144g
付属品:内外箱・国際保証書・冊子・タグ
保 証:36ヶ月




About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【AUDEMARS PIGUET】ロイヤルオーク オフショア クロノは高級スポーツウォッチの世界的流行をクロスボーダーECで認識した

【AUDEMARS PIGUET】ロイヤルオーク オフショア クロノは高級スポーツウォッチの世界的流行をクロスボーダーECで認識した

  Audemars ...