Breaking News
Home / Premium brand / SECTOR / 【SECTOR】セクター SGE650 クロノグラフクォーツは高級かつリーズナブルで若手ビジネスマンに最適なモデル
SECTOR セクター SGE650 クロノグラフ クォーツ

【SECTOR】セクター SGE650 クロノグラフクォーツは高級かつリーズナブルで若手ビジネスマンに最適なモデル

Digg にシェア
Pocket

【SECTOR】セクター SGE650 クロノグラフクォーツ

 

基本DATA

ムーブメント:クォーツ/ケース:約 3.8cm 腕周:約 17cm~
防水:300METERS/参考価格:約 100,000~120,000円

 

セクター SGE650 クロノグラフ クォーツ 青文字盤ですが、結構昔に購入したモデルである。立体的かつ男性的なフェイス、メカニカルで高級感漂う都会的なデザインです。現在でも十分通用するモデルです。

アクティブな若手ビジネスマンには最適なモデルである。高級感もありリーズナブルであり、あまり有名ではないが、ブランドとして申し分ない。所謂”通”好みのモデルといえます。また定番のブランドを網羅した人には、セクターを1.2本押さえておいても良いかと思います。

 

セクター(SECTOR、SECTORNOLIMITS)は、本社をイタリア、パドヴァにおく時計メーカーである。ルーツは、1858年にアンティーク時計商フィリポ・ジャルディエロが初めて製造、販売したPhilip Watchである。現在、セクター社は世界に40箇所の販売拠点を持つ。フラッグシップ的なブランドはスポーツウォッチ”セクター(SECTOR)”。2006年、セクター社はイタリアの革バンド・ジュエリーメーカー「モレラート(MORELLATO)社」と合併、モレラート&セクター社となった。

 

参照セクター:Wiki

 

AdSense




 

セクターは高級感がありながらリーズナブルでビジネスマンに最適なモデル

 

【SECTOR】セクター SGE650 クロノグラフ クォーツ

 

ムーブメントは、クォーツ、防水は300m、まあそこまで潜らんけども、あって嬉しい機能でもある。竜頭はダイバー、回転ベゼルにねじ込み式である。SUS無垢、三折のダブルロック。まさに、カチっカチっとメカの精密感が好きである。最近では塗装面の劣化、ケースのガラス面などに傷や汚れが多く、長く使用してきた事で、状態は悪かった。

いつもお願いしている時計の修理屋さんにメンテナンスと電池の交換などをお願いして、無事帰ってきた次第である。同じように時計の電池交換やメンテナンスなどを取り上げているブログがあったりして、なるほどこうしてやっていくのかと参考になった次第である。

 

【SECTOR】セクター SGE650 クロノグラフ クォーツ 相場

 

さっそく「オークファン」で相場を確認していこう。非常にリーズナブルな価格で取引されているようである。日本では比較的マイナーなブランドなので、あまり知られてないのがある。私もこのモデルを使ってみてはじめてこのブランドを知った次第である。セクターは非常に面白いブランドである。

あまりお金を掛けたくない人にとっては中古品から入る事を勧める。程よい高級感があるモデルも多く、ビジネスシーンでも恥ずかしくないモノである。

 

【SECTOR】セクター SGE650 クロノグラフ クォーツ

 

状態が悪いモノでも、メンテナンスを定期的に掛ける事で、長く使える事ができる秀逸なモデルである。本体を安く買い、後からメンテナンスコストを貯めてから、より綺麗に使う方法も考える事ができるだろう。

比較的収入が高いわけでなく、オフィスが比較的都会的な職場の場合、真価を発揮する事ができるであろう。女性の場合、彼氏に贈るプレゼントとして最適であり、男性も自分への投資も必要になるだろう。その場合に選択肢に加えておきたいブランドである。

問題はあまり出回る事がないのが少し問題である。運良くECやオークションで見つけるのがいちばん早い。

また、リサイクルショップや中古ブランド品店などに並んでいる場合もあり、掘り出しモノ感覚で探しに出かけると良いだろう。冬はなにかとイベントごとも多く、オシャレをする機会も増える。男性の数少ないオシャレができる部分が、こうした時計であり、安いが高級ブランドというのがひとつの狙い目であろう。

 

AdSense




 

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。