Home / Brand Shooting / 【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル

【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル


OMEGA Speedmaster RACING CO-AXIAL CHRONOGRAPH 40 MM Ref.326.30.40

 

【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル

AdSense




 

 

OMEGA SPEEDMASTER RACING Second-hand market in Japan.

Omega Speedmaster is one of the timepieces that represent Omega. If you like cars, the racing model is better than the moon watch.

SUS steel case with a diameter of 40 mm is equipped with matte black “aluminum tachymeter bezel”.

Black dial includes date window, small second dial, 30 minutes total, 12 hour total included.

In the sub dial, “Clous de Paris” pattern is decorated. The chronograph is equipped with a column hall type “Co-Axial Caliber 3330”.

It is an orthodox model inheriting the pioneer spirit of Omega.

Domestic second-hand prices can be purchased reasonably at around 300,000 yen with high functionality.

 

【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル

 

価格もリーズナブルで高機能、モータースポーツが好きな人であれば最適なモデル

 

【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
Reference:Aucfan Co.,Ltd.

 

オメガスピードマスターは、多くの腕時計ブランドがひしめく中で、知名度並びに人気ともに、代表的となるモデルのひとつなのだが、どのモデルが良いのという疑問をよく聞く。

個人的には、直感で気に入ったモデルを選べばいいのだが、スピードマスターの場合は、使用シーンを思い浮かべながらモデルを絞り込むことで、あなただけの最適なモデルが見つかる。

今回取り上げるスピードマスターは、レーシングモデルとして発表されたモデルであり、主にモータースポーツが好きな人であれば、最適な一本となるだろう。

さっそく、オークファン で取引状況をみていこう。国内中古価格に関しては、上位価格については、固定されている印象である。

約 270,000~ 320,000円前後でボックス的な動きである。全体の予算では、約 300,000円ほどで考えておけば、良質なモデルを手に入れることが可能となる。

 

【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
Reference:Aucfan Pro Plus

 

また、Aucfan Pro Plus を見ていくと、大きく件数の下落は見られず、中古相場でも、約 1,500万~2,500万 前後を維持している。

若干分かりづらいが、カテゴリーのデイト並びにその他は、多くの出品者がどちらかに出品しているので、今回は両方取り上げている。

スピードマスターについて言うと、その中でも様々なモデルに分かれており、個人的にはモデルの交通整理を行った方が良いのではないかと思う。

選択肢を増やす戦略を取っているオメガについては、その手法で成功してきたので、結果オーライなのだが、実のところ盛り上がっているのは、ムーンウォッチや系統で、レーシング系統は、数も少なく穴場でリーズナブルに狙えてしまう

 

【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
Reference:Aucfan Pro Plus

 

スピードマスターのカテゴリーについては、比較的安定した相場を形成している。約 100,000 円のラインを超え約 150.000 円前後の平均ラインに迫る勢いであり、じわじわ高騰してきている。

オメガは、他のブランドが、円高を理由に値下げしていた中、価格を下げず、その後、他のブランドに比べ上昇に転じていった。

機能上に問題がなく、高機能化を実現している同モデルの値上げ戦略は、現在においても成功しており、大幅な価格下落は見られなかった。

手に届くラグジュアリーではなくなってきている傾向がみえてくるのだが、スポーツ系に関しては、まだ良質で安価なモデルが狙える。実のところ今回は、あまり取り上げたくはなかった。

その機能性並びに使いやすさの割に、リーズナブルに購入できてしまうモデルがゆえに、モータースポーツが好きな私にとって次に買い替える際に、大きく高騰すると、手が届かなくなってしまうことなのである。

 

オメガ スピードマスター レーシング クロノグラフ Ref.326.30.40

 

【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル
【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル

 

スピードマスター創生期のイメージを上手くデザインされている手堅い高機能モデル

 

【OMEGA】スピードマスター レーシングはビジネスマンに最適な安さと高級感スポーツ性に優れたモデル

AdSense




 

さて、同モデルについて、簡単にではあるが、記しておきたい。

オメガ スピードマスター レーシング クロノグラフは、スピードマスターが、ムーンウォッチとして有名になる前に、レーシングドライバーが愛用していた時代のモデルを想起する仕掛けを施した秀逸な戦略に基づくモデルなのである。

2012年前後に市場に投入されたわけだが、現在では、オメガを代表するタイムピースの 1 つである。

クルマが好きな人でれば、ムーンウォッチよりもレーシングモデルが良いと思うが、如何せんムーンウォッチのイメージが強く知名度は低い。

ただ、スピードマスター創生期のイメージを上手く踏襲しているモデルとも言え、正統性という意味ではマストである。

 

 

同モデルの外装面を見ていくと、直径 40 mmの SUS スティール製ケースに、マットブラックの「アルミニウム タキメーター ベゼル」が装備

カジュアルで、比較的視認性が高いのであるが、一点弱点としてアルミ製ゆえに、傷が付きやすいということである。軽快さと引き換えに、耐傷性と言う点では注意が必要である。

また、ブラックダイアルには、日付窓、スモールセコンドダイアル、30分計、12時間計が付属しており、計測に関しては問題ない充実した機能である。

サブダイアル盤面には「 Clous de Paris:クル・ド・パリ  ( パリの石畳 )」模様が装飾されている。

クロノグラフは、コラムホール式の「コーアクシャル キャリバー3330」が搭載。オメガのパイオニアスピリットを継承する正統派モデルである。

今回買取に出したわけだが、約 210,000円前後と良い価格を提示して頂いた。どちらかと言うと海外で売れるようだが、国内外で広く販売するようである。

国内中古価格は、約 270,000円~320,000円前後とリーズナブルに購入できるのだが、私たち日本人体型に合っており、細身のビジネスマンであっても、最適なサイズ感である。

オメガブランドの定番モデルとして、抜群の知名度と装着感、価格も手ごろで、長く使い続けることができる最適なモデルとなるだろう。



A8.net

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【BREITLING】Chronomat Evolution Blue Impulse ブライトリング クロノマットエボリューション ブルーインパルス はプロのための計器を創るブランド戦略を展開する航空自衛隊モデル

【BREITLING】ブライトリング クロノマット ブルーインパルスはプロ計器を生み出す空自モデル

BREITLING ブライトリ ...