Breaking News
Home / Premium brand / Audemars Piguet / 【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける
【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける

【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける


AUDEMARS PIGUET Royal Oak 14790ST

 

【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける

AdSense




 

Alongside Patek Philippe and Vacheron Constantin, it is one of the three Switzerland’s prestigious brands.

Since its founding in 1875, it has used advanced traditional techniques by skilled craftsmen to bring high-end models to the world.

The long seller “Royal Oak” of the stainless steel sports model is a simple and tight watch.

It can be said that making the design of the original model faithful without changing the basic specifications, such as its own polygonal bezel and three-dimensional dial, is a factor of success.

However, the company currently is popular with Royal Oaks and “Royal Oak” is the best seller, but I want you to show the spread of other models.

The model is sold at domestic second-hand prices at around 1,400,000 to 1,600,000 yen.

 

Audemars Piguet:常識を打ち破る傑作を数多く輩出する世界三大高級ブランド

 

【Audemars Piguet×Auction Data】オーデマピゲ:常識を打ち破る傑作を数多く輩出する世界三大高級ブランド
Reference:Audemars Piguet

 

ソネリや永久カレンダーなどの超絶機構を搭載した「グラン・コンプリカシオン」を1889年に、世界初の「ミニッツリピーターウォッチ」を1892年に完成させるなど、その比類なき技術力ゆえに、奇跡の手とも称されてきたスイス時計界の最高峰ブランド。1875年にスイス・ジュラ山脈のジュウ渓谷、ル・ブラッシュで創業し、現在も同地に拠点を置いている。超複雑時計の分野においてスイスでも別格的な地位を確立する一方、金無垢仕様が当然だった高級時計にSSを使った「ロイヤルオーク」を1972年に発表。ラグジュアリースポーツウォッチという新境地を開拓した。参照腕時計の教科書

 

最高級に位置するラグジュアリー・スポーツウォッチ”ロイヤル・オーク”

 

【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける

 

パテックフィリップヴァシュロンコンスタンタンと並んで、スイス三大名門ブランドのひとつ。

1875年の創業時から、卓越した職人による伝統技法を駆使して高級モデルを世に送り出してきた。

ステンレススチールスポーツモデルのロングセラー「ロイヤルオーク」はシンプルで隙のない腕時計である。

独自の多角形ベゼル立体的な文字盤など、基本仕様を変えないまま、初代のモデルのデザインを忠実に作り上げたことが成功の要因と言える。

だが、現状の同社は、ロイヤルオークに人気が一極集中しており「ロイヤルオーク」はベストセラーであるが、その他のモデルの広がりを見せてほしいところである。

同モデルは、国内中古価格で、約1,400,000~1,600,000~円前後で販売されている。

 

【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける
【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける

 

ロングセラーの成功時計であるがゆえ、時を経ても高額で取引されている

 

【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける

 

さっそく、オークファンでここ約10年間のオークションの取引相場をみていこう。

約 1,150,000円のホワイト文字盤モデルが突出している以外、約 1,000,000円以下で取引されているようだ。

このあたりが、実勢価格と言ったところで、オーデマピゲ ロイヤルオークモデルは、全体的に高額過ぎる傾向あるので、オークションでの取引価格が現実的な価格となりやすいのである。

個人的に言うと、同モデルのヴィンテージモデルは、好みのモデルではないのだが、なぜか祖父か親父が、どこからか入手してきており、親父の時計箱に無造作に放り込まれていたので、最近まで気づかずに、そのままになっていた。

親父に聞いたところ、親父(祖父)が、知人の質屋に「ロイヤルオークが安価になったら購入するので連絡を」ということで、後年になり取りに行きそのまま貰ったという。

なぜ購入したのか、はっきりとした理由も分からず、ずっと放置され眠っていたのを私が引き出したのである。

 

放置され使用できない状態でも高額に売れてしまうそれがラグジュアリーブランドの力である

 

【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける
【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける

【AUDEMARS PIGUET Royal Oak】 オーデマピゲ ロイヤルオーク 一時代を築いたロングセラーは買取の現場でブランド価値の高さを未だに維持し続ける
Reference:Aucfan Pro Plus

 

Aucfan Pro Plusを使って、約 5 年間のオーデマピゲ ロイヤルオークの総落札数と平均落札額の推移をみていこう。

数は多くはないが、比較的安定している相場であるが、本体外のカテゴリーも含まれているので、今回はより正確とは言えな。

ただオーデマピゲは、ロイヤルオークモデルに集中しているが故、分かりやすく、市場に出されるモデルの多くはヴィンテージモデルである。

大半は業者向けか、海外に出した方が高く売れると考えられるが、そもそも数が少ない稀少なブランドなので、価格自体が落ちる事は少ない。

一時数が多く出された際には、平均価格が大きく下落傾向となったところから、本来の人気よりも、需要と供給である程度決まるようである。

AdSense




 

さっそく買取に出したが、得意不得意があるようだ。売るのが得意ではない業者の価格は約 500,000円代であり、まあ、オークションの最安値付近に保険を掛けた額と言え、業者の販売力の無さを痛感する。

一方で、時計専門業者で、国内で販売することもでき、海外に特別なルートのある業者に関しては、高い買取価格に応じてくれた。

放置され使用できない状態であったが、約 840,000円前後で買取してもらえたので、業者さんに感謝している。

今回のモデルに関して言うと、最初いくらで購入したのかもう分からないが、放置され使用できない状態でも、高額に売れてしまうそれがラグジュアリーブランドの力を痛感した。

個人的に言うと、意図的かつ不当に値段を釣り上げていないと仮定して、真のブランドとは、「機能的に壊れ使えなくなっても、中古市場で高価格がついている」のがブランド力の証拠だと考えている。

一方で「流行だけを追い、意図的に高値で売り付けても、その後未使用だがタダでもいらない」というブランドもあれば「何十年も経ち、壊れていても後で修理するからと、大金を払うので欲しい」というブランドもあり、ブランドとは誠に奥の深い世界なのである。

私が研究しているのは「一見、廃棄物に見えるモノでも、顧客が大金を投じ、直してでも使い続け、その後売っても高額なモノ」であるので、後者の方と言えるだろう。



A8.net

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【Rolex 5models Selection】ロレックスマニアが選ぶ保有しても投資効果の高いオススメ 5 つの人気モデル

【Rolex 5models Selection】ロレックスマニアが選ぶ保有しても投資効果の高いオススメ 5 つの高額買取人気モデル

ロレックス:中古市場で抜群のリ ...