Breaking News
Home / Finance / Credit card / 【クレジットカードと複利の恐怖】クレジットのリボルビング払いやキャッシングやカードローンで買物する女性には近づいてはならない複利の計算式
【クレジットカードと複利の恐怖】クレジットのリボルビング払いやキャッシングやカードローンで買物する女性には近づいてはならない複利の計算式

【クレジットカードと複利の恐怖】クレジットのリボルビング払いやキャッシングやカードローンで買物する女性には近づいてはならない複利の計算式

Digg にシェア
Pocket

クレジットのリボルビング払いで買物する恋人とは結婚してはならない

 

お金の基礎知識の山崎氏によれば、大学の授業で学生に「クレジットカードのリボルビング払いで買物する人とは結婚しないほうがいい」とアドバイスをするという。つまりリボルビング払いとは高金利の借金である。このように経済観念の乏しい人と結婚したら、あなたが一生お金で苦労することになる。

キャッシングやカードローンを頻繁に使っている人にも要注意である。これらの概念が分かっていない人とは付き合わない方が無難である。リボルビング払いという高金利の借金。この借金を避けるべきふたつの理由があり、覚えておくと便利であろう。

さらに詳しい内容は【図解 山崎元のお金に強くなる!】を参照して頂きたい。様々なお金にまつわる事を書かれていて非常にわかりやすく説明されているので、一読してもらいたい。

Adsense

 

複利で増えていく借金を避けるべきふたつの理由

 

1. 気軽に借りれるという誘惑がある借金の利息はべらぼうに高い

 

法律で定める借金の金利は、10万円未満で最高20%、10万~100万円未満で最高18%、100万円以上の場合は最高15%。株式投資で期待できるリターンは概ね 5~6%であることを比較すると借金の利息は「べらぼうに高い」という。仮に株式投資の%に近い借金であっても、お金を増やす為の借金ではない事が多く、それによってお金が減る方が濃厚なのである。

つまり、借金するよりもカネがあるのなら、株でも投資してでも掛けたほうがマシであると教えてくれる。大半の教育は、リスクが高い株式投資というイメージがあるが、クレジットカードを何枚も持ち、その度にリボルビング払いしている方が、リスクが高いと言える。

 

2. 元本利息とともに複利で増えていく借金の拡大スピードが早い

 

例えば年率 18%で 10 万円を借りると利息は 1 万 8000 円。返済しないと 1 年後に借金が 11 万 8000 円になる。2 年目以降は、元本と利息の合計額に対して、利息がかかる為、2 年後の利息は 2 万 1240 円であり、借金総額は 13 万 9240円になる。

利息を元本に組み入れない単利計算なら 13万 6000円であるが、まあ借金には変わらない。10万円を年率18%で借りて、返済しないままだと、4 年ほどで借金は約 20万円と倍に膨れ上がります。8 年後は約 38 万円と雪だるま式である。

このように、勝算のない借金を繰り返すと後で苦しくなるのが複利の怖さである。単利と複利の違いをしっかりと認識しておく事で、お金に困るという恐怖から少し逃れる事ができる。

 

複利で運用する場合の簡単な計算式「72の法則」

 

複利で運用する場合の簡単な計算式「72の法則」があり、複利で2倍になる年数を計算する簡単な方法である。運用する際にも、利回りが単利か複利かを確認する必要があり、この単利と複利の差を利用して、消費者を惑わす金融商品の広告があるという。利回りを大きく「単利」を小さく書くようなものもあり、金融商品の損得は「複利」で評価するのが基本と教えてくれている。

 

【クレジットカードと複利の恐怖】クレジットのリボルビング払いやキャッシングやカードローンで買物する女性には近づいてはならない複利の計算式

 

複利で増えていく借金を避けるべきふたつの理由

 

あなたがクレジットカードで買物をするのが非常に便利と感じ、頻繁に買物をする際は、極力月々の支払い額を最小にする事から始めてはどうだろうか。いちばん良いのは多くのクレジットカードを持ちながら「いざという時」意外使わない事である。キャッシングやカードローンは意外と侮れないのである。

買物というのは、普段は必要なモノ以外買わず、高級品のような高額な買物になる場合、しっかりと計画的貯蓄をしてから、大半を支払い終える前提ではじめ、借金は最小に抑えてコントロールできるまでは、買物してはならないのである。クレジットカードは便利である。その便利に借金できるという事は、簡単にリスクを招くという事をあなた自身が感じなければ、借金自体は減る事はないだろう。

 

 

Adsense

 

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【中古品買取企業のこれから】中古品買取企業が海外進出を図る場合に経営戦略っぽく覚書を少しメモのように書いておく

【中古品買取企業のこれから】中古品買取企業が海外進出を図る場合に経営戦略っぽく覚書を少しメモのように書いておく

  企業の未来がどの ...