Breaking News
Home / Finance / 【財務三表一体分析法】入門編:キャッシュフロー計算書の 8 つのパターン分析

【財務三表一体分析法】入門編:キャッシュフロー計算書の 8 つのパターン分析

Pocket

キャッシュフローのパターンを知ることによって事業のパターンが分かる

 

財務分析といえど、順番に分解し、理解を深め、仕組みを解き明かせば難しい事はないと伝えてくれている。この財務三表一体分析法は非常に面白く、知的好奇心をくすぐる方法である。さらに詳しい内容は、【決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 】を参照してもらいたい。

この手法の応用的な内容は、就職や投資などの面で非常に役に立つことになるだろう。キャッシュフロー計算書を分析するのは、図にあるように8つのパターンに当てはめれば良いという。そこで今回はこの 8 つのパターンを分析していこうと思う。

 

AdSense




 

キャッシュフローとは現金の動きを見る物差し

 

企業の活動とは、1.お金を集める 2.投資する 3.利益を上げるという3つの活動である事は前回説明した次第である。

しかし、事業の評価とは「どれだけキャッシュを投じ、どれだけキャッシュを得られるか」ということである。

貸借対照表と損益計算書に限った分析だけでなく、企業における「現金の動き」を見ることが極めて重要と著者はアドバイスしてくれている。

この現金の動きを表すのが、キャッシュフロー(CF)計算書である。そのキャッシュフロー計算書の着眼点を見ていこう。

 

キャッシュフロー計算書のパターンを見ていこう

 

キャッシュフロー計算書は、3つに分かれている。

  1. 財務CF:どうやってお金を集めたか
  2. 投資CF:何に投資したか
  3. 営業CF:どうやって利益を上げているか

 
【財務三表一体分析法】入門編:キャッシュフロー計算書の 8 つのパターン分析
【財務三表一体分析法】入門編:キャッシュフロー計算書の 8 つのパターン分析
 

これを踏まえ、図にあるように8つのパターンに当てはめれば良いという。例えば「C」のパターンは、将来戦略が明確な優良企業の例である。

営業CFがプラス、営業活動で現金を増やし、また将来に向けて積極的に設備投資を行い、投資CFはマイナス。このお金を銀行からの借入や株の発行などで調達し、財務CFがプラスになっている事を読み取る事ができる。

一方「E」パターンは、営業活動すればするほど現金がなくなり(営業CFマイナス)それを手当するために保有する土地や株を売却(投資CFがプラス)し、借入金や社債でもお金を集めている(財務CFがプラス)事が読み取れる。なるほど非常に便利である。参照文献:倒産した会社・倒産しない会社の決算書

 

 

AdSense




 

おさえておくべき決算用語 :営業キャッシュフロー

商品の販売など本業による収入と、それにかかる商品の購入や従業員の報酬などの支出の収支。

おさえておくべき決算用語 :投資キャッシュフロー

設備投資(機械や工場など)や不動産の購入。有価証券の取得などの支出と、それらの売却による収入の収支。

おさえておくべき決算用語 :財務キャッシュフロー

株の発行や社債の発行、借入金などによる収入と、社債の償還、借入金の返済などによる支出との収支。

 
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【クレジットカードと複利の恐怖】クレジットのリボルビング払いやキャッシングやカードローンで買物する女性には近づいてはならない複利の計算式

クレジットのリボルビング払いで ...