Breaking News
Home / Finance / 【財務三表一体分析法】入門編:企業における 3 つの活動と基本的な分析をする 3 つのポイント
【財務三表一体分析法】入門編:企業における 3 つの活動と基本的な分析をする 3 つのポイント

【財務三表一体分析法】入門編:企業における 3 つの活動と基本的な分析をする 3 つのポイント

Digg にシェア
Pocket

決算書のつながりが見えてくる「財務三表一体分析法」とは

 

会計を専門としない人にはピンと来ない財務諸表。その理解を今回はいくつかをまとめ、その理解を深めようと思う。
企業における 3 つの活動は主な内容は下記である。

  1. お金を集める
  2. 投資する
  3. 利益を上げる

この財務三表一体分析法は非常に面白く、知的好奇心をくすぐる方法である。さらに詳しい内容は、【決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 】を参照してもらいたい。この手法の応用的な内容は、就職や投資などの面で非常に役に立つことになるだろう。

また、あなたが経営する場合や経営に近いポジションにあたる場合にも役立つ事もあり、ビジネスの現場でも大いに利用されている。そのような事もあり、少しコンパクトであるが、簡単に方法をまとめておこうと思う。そうする事で誰かの役に立つ事になる。

 

AdSense




 

財務三表一体分析法に入る前に

 

企業に共通する3つの活動を見て、決算書が有機的につながって見えるようになる。
すべての企業に共通するのは、1.お金を集める 2.投資する 3.利益を上げるという3つの活動である。

この基本的内容をおさえて、活動を見ていけば自ずと理解できるようになるという。
この3つの活動を表しているのが、貸借対照表と損益計算書とキャッシュフロー計算書で、財務諸表にはその3つの活動しか書かれていない。

  • 貸借対照表の右側は、「どうやってお金を集めてきたか
  • 貸借対照表の左側は、「その集めてきたお金が何に投資されているか

が表されている。損益計算書を見ればどのように利益を上げているかがわかる。
財務 3 表を図で一体で理解すると、視野が広がりさらに深く企業を分析できるようになる。

 

会計初心者が財務諸表を分析するための基本的な 3 つのポイント

 

  1. 決算書は、まずは細部ではなく、全体像を掴む
  2. 財務分析のポイントをイメージで理解する
  3.  多くの業界、同業他社などの企業を分析する

【財務三表一体分析法】入門編:企業における 3 つの活動と基本的な分析をする 3 つのポイント
まずはこれらのポイントを理解し、有機的なつながりの関係を把握する事が重要である。また同業他社を見比べて、業界ごとの企業分析も必要である。今回は、バラバラに感じられる数字の羅列ではなく、一体的であることが理解できれば収穫である。

 

 

AdSense




 

おさえておくべき決算用語:財務 3 表

 

貸借対照表(BS) 損益計算書(PL) キャッシュフロー計算書(CS) 株式資本等変動計画書(SS)をまとめて「財務諸表」と呼び、一般的に「決算書」とも呼ぶ。特にBS・PL・CSが重要。それらを「財務 3 表」という。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【クレジットカードと複利の恐怖】クレジットのリボルビング払いやキャッシングやカードローンで買物する女性には近づいてはならない複利の計算式

【クレジットカードと複利の恐怖】クレジットのリボルビング払いやキャッシングやカードローンで買物する女性には近づいてはならない複利の計算式

クレジットのリボルビング払いで ...