Breaking News
Home / De Agostini / 【DeAgostini×オークション相場】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボット人気を呼び高額で取引される
【DeAgostini×オークション相場】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボット人気を呼び高額で取引される

【DeAgostini×オークション相場】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボット人気を呼び高額で取引される

Digg にシェア
Pocket

 

De Agostini/デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボット。人気を呼び高額で取引される

 

【DeAgostini×Auction Data】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボットは人気を呼び高額で取引される
参照:ロビの生みの親、高橋智隆:「未来のロボットはスマートフォンに取って代わる」 WIRED.jp

 

一点一点、受注生産のようにロボットを生み出しているロビの生みの親、高橋智隆氏だが、受注ゆえ現在大量生産に向かない高橋氏の戦略を逆手に取ったデアゴスティーニ・ジャパンは、分冊百科のノウハウを使い、ユーザーにロボットを完成させ、自らの手でロボットを量産させる戦略を企画。このニッチ戦略が大きく当たり、中古市場でも高騰、ロボットが高額に取引される事案が発生した事は記憶に新しい。そこで高騰したロビにおける推移を少し探りたい。

 

 

AdSense




 

ロボットの天才と組み新しいロボを市場に投入するセールス戦略を打ち出したデアゴスティーニ

 

【DeAgostini×Auction Data】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボットは人気を呼び高額で取引される

 

【引用】 京都大学工学部物理工学科メカトロニクス研究室を卒業し、同大学内の入居ベンチャー第1号となる「ロボ・ガレージ」を創業。以来、ロボットの開発、デザイン、製作を手がける世界的ロボットクリエイターとして活躍。ロボカップ世界大会で5年連続優勝を達成したり、米TIME誌『Coolest Inventions 2004』に選ばれるなど、数々の受賞歴をもつ。

クロイノ、FT、ロピッドをはじめ、パナソニックのエボルタくんの開発者としても知られる。ヒューマンキッズサイエンスロボット教室の監修、国内外での講演、テレビ番組への出演、執筆活動など、幅広い分野で活躍中。現在、株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長。東京大学先端科学技術研究センター特任准教授。大阪電気通信大学メディアコンピュータシステム学科客員教授、福山大学工学部電子ロボット科客員教授などを兼任。1975年大阪生まれ。 【引用】

参照:デアゴスティーニ・ジャパン:週刊 ロビ再刊行版

その特殊な創業物語と市場での希少性、高度なデザインと技術で、高橋ブランドの神格化が始まっていた事が分かっていたデアゴスティーニは、新しい市場開拓を狙い生み出されたのがロビである。すでにロビット・クロノイなど非常に洗練された小型ロボットを投入していた実績は大きく、書籍向きであり、パーツも小さく、分冊戦略には非常に適合した事も大きいであろう。最近約3年間のオークション取引をオークファンで見ていこうと思うが、まずはざっと総額を伝えると、週刊ロビ全70完結、創刊号 790円、2~70号 1,990円× 69冊= 137,310円、バインダー 1,290円× 3冊= 3,870円、通常価格で計算し、マイコン、音声認識ボード等の特別号は含まれていないモデルであっても、総額 141,970円である。軽く約15万円は超えてくる。

市場での取引はすべての完結したモデルに取引が集中する事が多い。2014年度の取引が特に高騰して集中している。すでにその前には再刊行版をリリースしており、ヒット商品ということが見て取れる。高騰中の取引は前回購入しそこねたユーザーや、前回ロビを見た再ユーザーの高騰に端を発している事も見て取れ、高橋氏のロボットは高いブランド性が見ることができる。すでに売り手は、完成前から販売して、完成したら買い手から入金してもらい、その完成品を早急に送り、手に入れる取引も散見される。最初の取引であればあるほど、高い価格で転売できます。

 

ロビRobi 完成品が約20万円以上をつけ最高値をマーク

 

【DeAgostini×Auction Data】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボットは人気を呼び高額で取引される

 

徐々に高騰取引から総額が割れ出すが尚高騰した相場

 

【DeAgostini×Auction Data】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボットは人気を呼び高額で取引される

 

デアゴスティーニ 週間ロビ Robi 1~70巻 全巻未組立 売切

 

【DeAgostini×Auction Data】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボットは人気を呼び高額で取引される

 

市場は沈静化総額の半分の価格まで下落基調に

 

【DeAgostini×Auction Data】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボットは人気を呼び高額で取引される

 

デアゴスティーニ ロビ 組立済完成品 初版本全巻付き

 

【DeAgostini×Auction Data】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボットは人気を呼び高額で取引される

 

ロボットの天才 (空想科学文庫) 文庫

 

【DeAgostini×Auction Data】デアゴスティーニ:Robiは近未来を映し出す愛玩ロボットは人気を呼び高額で取引される

 

ロボットの天才は非常に興味深い。高橋氏のロボットづくりは巧妙に計算されたブランド戦略に基づいて行われている。高橋氏の驚くべき才能は図面をほとんど描かず、ほぼアタマの中で瞬時に設計し、手を動かしながら作ってしまう点である。基本的にひとりで作業しているので、すべて把握しているという。そもそもPCで図面を描く事ができないという。

非常にアナログ的なやり方でロボットを製作するようなので、商品化の話がくると、企業側が困惑するようである。相手方に設計図を貸し出す事もできないからだ。そうなるとロボット本体を採寸というカタチになるが、一体しかないので、バラす事もできないのだという。しかたなく、量産用に適した形のコピーロボットを自分で作成して、それを相手に渡し、図面化して量産するというのだ。

また高橋氏は、ちゃんとしたデザイン画をすら描けないといい、取材などで必要な場合、後から完成した実物を見ながらわざとそれっぽく崩して捏造した事も一度ではないらしく、まさに完成してからデザイン画を描いて説明するというまさに職人的なエピソードが満載に書かれている。非常に楽しく読ませてもらった一冊である。

 

 

デアゴスティーニを通じて高橋氏が見ている近未来のロボットビジョンを垣間見る事ができる

 


参照:週刊 ロビ再刊行版 デアゴスティーニ・ジャパン ロボットクリエイター高橋智隆氏が語る「Robi開発秘話」

 

この開発秘話を聞いて個人的にであるが、買ってしまったわけである。さすがデアゴスティーニ・ジャパン。本家と違い、独自の商品企画は抜群であり、個人的にいくつかの現行シリーズを購読をしている。気をつけなければいけないのが、全号集めて完成まで持っていく企画モノは覚悟が必要である。なので、単発で買える企画もオススメである。

ロビに関して言うと、最近では組立代行バージョンまで出ており、コレを買っておけば良かったなと思ったりする。代行について言えば、欲しいが作る時間がない事や技術がない事、また手を動かす事が困難な場合の高齢の方などにオススメである。個人的には高齢になり、飼育が重労働でペットなどが買えず、一人暮らしになったご年配へのプレゼントや作ることの出来ない小さな子供用のプレゼントには丁度良いかと思う。

 

 

個人的にデアゴスティーニのファンなので、私から言える事は、科学界の著名人とコラボレーション企画で投入されるモデルを共に作る企画は考えていくといくらでもある。また比較的プレミアム性があり、根強いファン層がいる分野を集中的に狙うと良いだろう。アニメやクルマ・バイクなどはやり尽くした感があり、なかなか企画を編み出すのは至難の技であろう。

面白そうで挑戦したいのがフィルムカメラやその他アンティークカメラである。このブログでも紹介した、ニコンの FモデルやライカⅢ、ハッセルブラッド・ポラロイドカメラなどアンティークでもオークションで根強い人気があり高額に取引されている。毎号毎号、当時の高級機を再現する事ができれば、面白い企画となるだろう。

またノウハウ系のDVDが送られてくるのも面白い。ターゲットはビジネスマン向けのノウハウツールにも人気が集まる。例えば、話し方・思考術・ノートのとり方・速読法・人間関係・リーダー論・続ける習慣術・マインドマップ・脳の活用術など、仕事のパフォーマンスと題し、毎号ノウハウ集とDVDが送られてくるのも面白い。単発での特集も可能である。

また、通勤中のビジネスマンやキャリアウーマン向けや学生向けの資産運用講座もオススメしたい。毎号毎号DVDと書籍を購入すれば、デアゴスティーニ指定のオンライン画面で、投資の練習や資産運用の学習のアドバイスが受けられるというもの。提携を依頼する企業とのコラボレーションも出来、集客や大会なども開ける。いくらでも考える事が可能だが、知的好奇心溢れる企画を提供して頂きたい。

 

AdSense




 

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【シチズンの戦略】北米市場の攻略で世界市場への展開における経営戦略っぽいのを覚書のような感覚で書いておこうと思う

【シチズンの戦略】北米市場の攻略で世界市場への展開における経営戦略っぽいのを覚書のような感覚で書いておこうと思う

  時計大手三社の業 ...