Breaking News
Home / Premium brand / Parker / 【PARKER】パーカー75:スターリング・シルバータイプは革新的で現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく優れたモデル
【PARKER】パーカー75:スターリング・シルバータイプは革新的で現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく優れたモデル

【PARKER】パーカー75:スターリング・シルバータイプは革新的で現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく優れたモデル

Digg にシェア
Pocket

 

【PARKER】パーカー75:スターリング・シルバータイプは革新的で現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく優れたモデル

 

1800年代後半、当時の筆記具業界で寿命の短さと、インク漏れが2大問題として人々を悩ませていた頃、ジョージ・サッフォード・パーカーは1本の画期的なペンを発表する。1888年、独自のインク供給システムを採用し、インク漏れを激減させた「ラッキー・カーブ・ペン」パーカーの歴史はこの革新的なペンと共にはじまった。優れたペンを追い求めたパーカーは1921年に「デュオフォールド」を、1940年には今世紀最高のペンと言わしめた「パーカー51」を発表。その後も筆記具を作り続け「ロイヤルワラント」を授けられ、それを継続させるなど、現在でも書きやすく高級な筆記具の代名詞として君臨している。

参照:男の100年ブランド

AdSense




 

知人の誕生日プレゼントをローコストで入手し、高いバリューにして贈る事にした

 

春になり、知人の誕生日プレゼントを考えなくてはいけなくなり、個人的に得意とする「中古ブランド品プレゼント」作戦の一部を今回も紹介していきたいと思う。高級ブランド品は、最初の価格のハードルが高く、欲しいと思っていても、予算がなければ、なかなか手が出ないのが人情である。

その価格をクリアーして、高級ブランド品を一度でも経験してしまうと、次からブランド・チェンジが難しく、使い捨て同然の安いモノへとシフトできないのが悩みの種である。筆記具で有名どころは挙げるとキリがなくなるが、個人的にボールペンや万年筆のオススメブランドが、今回取り上げる「PARKER/パーカー」である。

このブランドについては、親父が貰い物か何かで、そのまま箱に閉まっておいていたモノを、譲り受けいくつか保有しているが、使いやすく未だにブランド・チェンジができない。あと1.2ブランド (モンブランシェーファー) ほど保有しているが、仕事ではパーカーは欠かせず、持つと気持ちの入り方が違うし、実際適度な重さがあるので書きやすいのである。

そこで今回は、古いパーカーでも「パーカー75・スターリング・シルバー」あたりを安く購入しリペアして、買取査定額を把握 (客観的市場価格) した上で、プレゼントする計画を実践してみた次第である。

 

【PARKER】パーカー75・スターリング・シルバーは現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく書き心地に優れたモデル

 

さっそく「オークファン」を見ていこう。大体新古品や美品クラスで約 20,000円前後で取引されているようである。約 20,000円のバリューにするために、いかに安く手に入れるかの手順を話すとこうである。今回の購入に関して言うと、本体と箱は別々で購入した。

まず、使用感があり、ペン先が固着して回らないが、自分で調整 (リペア)する事ができない出品者から購入する。これに関してはオークションを探すといくつか出てくる次第であるが、個人的に購入に至ったのは、中古リサイクルショップで、ダメージが大きい (ように見える) モノを自分で調整して、クレームを出さない条件で、安価に手に入れた次第である。

ちなみに値段はショップのリペア・オークション出品コスト (手数料分) が減り、約 5,500 円 ( 万年筆 3,000円・ボールペン 2,500円 ) である。

実際買取業者であれば、2本まとめて 約1,000円~2,000円近くで、顧客から買い取るだろうから、買取店にとっては、オークションの出品をせずに、利益を乗せて購入してくれるので、実際喜んでいた。

その後、日を空けてネットで、空箱のみを 約 1,000円で買い、合計 約 6,500円で現物を調達したのである。

 

約 20~30 年前の万年筆とボールペンを探すと面白い体験ができる

 

実際、購入したモノが下記の写真であるが、結果から言うと、約 20~30 年ほど前の代物とは思えなかったわけだが、リペアする前は、非常に汚れており、触るのも嫌がる人もいるぐらい、黒く変色してベタつきもあった代物である。写真は丁度外装を清掃した後の写真であるが、やり方は簡単である。

全てバラバラに分解して、お湯に浸しておき、しばらくして、洗剤をつけブラシで磨き、その後「KOYO ポリマール 金磨きクロス」でピカピカに仕上げた次第である。
あと細かい部分は、爪楊枝等で綺麗にインク痕を取り除き、インクが固着した残留物をすべて洗い流し、インクを完全に除去したのである。

 

【PARKER】パーカー75:スターリング・シルバータイプは革新的で現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく優れたモデル

 

内部に関しては、綿棒などで奥まで綺麗に磨き、インクがつかなくなるまで磨き続けると、非常に綺麗な状態になるのである。

 

【PARKER】パーカー75:スターリング・シルバータイプは革新的で現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく優れたモデル

 

万年筆ペン先のインサート面、刻印は「14K USA」である。ボールペンに関して言うと、シルバー製で、両モデルとも「PARKER STERLING CAP & BARREL MADE IN USA」である。またこの当時、モデルの保証書の多くに、ジレット・ジャパンがパーカーブランドを売っていたモノと推測できる次第である。

知人が修理等で困らないように 「ペーパーベース」 の永久保証書 (修理等) などを一緒につけてあげたわけだが、あなたも高級ブランドを選ぶ場合、注意してもらいたいのが、そのブランドが継続する限り、最低限の条件を満たすマナー ( 永久無償保証等 ) を担保できるブランドを選ぶ方がいいだろう。

 

ラグジュアリーブランドのヴィンテージ品は、書くという行為を楽しくさせる

 

両モデルを分解してクリーニングを完了したわけだが、各面の調子を見ながら状態を見ていく。完成したその足で、買取店で無料査定をしてもらった次第であるが、約 13,900 円程度の査定額を出してもらった次第である。

約 20,000~22,000 円前後で販売するのは、大体予想できる額なので、ほぼ適正範囲で、リペアの客観的なクオリティーが担保できた次第である

 

【PARKER】パーカー75:スターリング・シルバータイプは革新的で現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく優れたモデル

 

万年筆には特に問題もなく、ボールペンに関して言えば、使う頻度が多くなるわけだが、カーバイドボール面の滑らかさとインクの出がもっとも重要である。インクは取り替え式なのでとくに心配はないが、内部のスプリングとノックの劣化がないか心配ではあるが、とくに問題はなさそうである。

いちど体験してみると分かるが、良い筆記具は書くという行為を楽しくさせる。海外製の古いブランド製品は、基本的に良いモデルも多く、メンテナンス覚悟で望めば、高い価値を生み出せるお得な買物の経験ができる。

さて、知人にプレゼントした次第であるが、その後1ヶ月が経とうとしている。調子を聞いてみたが、非常に快適な執筆ライフを送っているようである。

相手は外資系で、サインをする立場の人間なので、古いが手入れの行き届いた 「パーカー」 というちょっとした高級ブランドを出す事で、ビジネスシーンで「デキるビジネスマン」を演出する事ができたのではないかと贈った方はそう願うのである。

AdSense




 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【LOUIS VUITTON:買取から再利用】ルイ・ヴィトン:ワゴンで投げ売りされていたダミエグラフィット・トマスを購入しリペアしてリサイクルしてみた

【LOUIS VUITTON:買取から再利用】ルイ・ヴィトン:ワゴンで投げ売りされていたダミエグラフィット・トマスを購入しリペアしてリサイクルしてみた

基本データ:LV ルイ・ヴィト ...