Home / Brand Shooting / 【OLYMPUS】PEN-FT 無料でもらいレストア 約 70,000円で買取査定された稀少モデル
【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した

【OLYMPUS】PEN-FT 無料でもらいレストア 約 70,000円で買取査定された稀少モデル


OLYMPUS PEN-FT 1966s F.ZUIKO F=100mm 1:3.5 Very Rare Model

 

【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した

AdSense




 

OLYMPUS PEN-FT 1966s Second-hand market in Japan. Personally owned item. It was put into the market in 1966.

TTL exposure meter with cadmium sulfide and self-timer built-in model.

Olympus succeeded in the Olympus pen of the half-size camera around 1960, and put on the market Half-size single-lens reflex camera pen F which is unprecedented in the world.

Pen F was a great success, and Pen-FT was further evolved.

In the domestic secondhand market, silver body model is about 70,000 yen, but the black model of the same model is trading at about 100,000 yen or more.

 

多くの人にとってゴミでも、実のところフィルムカメラは宝の山なのである

 

【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した

 

オリンパスシリーズにおいては、過去大きく成功したモデルを多く輩出しているのであるが、すでに時代は過ぎ、日本国内では多くのジャンクカメラが中古市場に出回っている

これら多くの先人が消費し飽きられ、時代と共にその役目を終え、廃棄品として捨てられてきた

誰もがその価値がないと思われてきた中で、実はその市場価値を失わず、時代を経ても傑作と言われるモデルも多数存在するのである。

今回は個人的に収集している「オリンパスペン・シリーズ」で最も資産的価値のある「ペン-FT」とその他シリーズを簡単であるが記録しておきたい。

収集しているコストについては、ほぼ無料に近く、ひとつあたり百円も掛かっていない多くの人にとってそれは価値がないと思われたジャンク品だからである。

 

様々なタイプで市場に投入されたオリンパス・ペン・シリーズ

 

【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した
【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した
【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した
【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した
【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した
【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した
【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した

 

オリンパス ペン-FT F.ZUIKO はモデルのなかで高価格を維持する稀少モデル

 

【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した
【OLYMPUS】オリンパス PEN-FT ゴミだと言うので無料で譲ってもらいレストアしたら約 70,000円前後で買取査定され改めて稀少なモデルと認識した

AdSense




 

同モデル等すべて個人所有品。1966年に市場に投入された。硫化カドミウムによるTTL露出計とセルフタイマー内蔵モデル

1960年頃に、ハーフサイズカメラのオリンパス・ペンで成功したオリンパスは、世界でも類を見ない「ハーフ判の一眼レフカメラ・ペンF」を市場に投入した。

初期型である「ペンF」は、市場で大成功し、さらなる正常進化させたのが「ペン-FT」である

オークファンで同モデルを確認していくと、日本国内の中古市場では、シルバーボディモデルで、状態の良い可動品は、約 70,000 円程度である。

これが同モデルのブラックモデルの未使用・超美品クラスで、約 100,000円以上で取引されている。

買取査定に出したのだが、約 70,000円前後で買取るという。

最近では、国内での市場では売らずに、海外に流すことが多いようだが、国内市場で叩かれるぐらいなら海外にという動きが取られている。

日本国内で古いモノを消費する人も少なく、主に海外市場に出す方が賢いと言えるだろう。

日本国内で価値が失われたブランド品の多くは、主に海外での評判は上々であり、日本国内での中古品という意味で、ユーズド・イン・ジャパンと言われる。

個人的に思うが、足元に現金が転がっているのにも関わらず、多くの日本人が、価値がないゴミであると認識したものが、日本円に換算しても、高額に売れるのは何とも皮肉な話である。



A8.net

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【CHANEL】シャネル J12 クロマティック Chromatic GMT は チタンセラミック という驚異的な軽量素材を使い現在でも高額買取される稀少モデル

【CHANEL】J12 クロマティックGMT はチタンセラミックの驚異的な軽量素材を使った稀少モデル

CHANEL J12 Chro ...