Breaking News
Home / Japan Brand / 【SEIKO×オークション相場】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド
【SEIKO×オークション相場】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

【SEIKO×オークション相場】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

Digg にシェア
Pocket

 

SEIKO/セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド
参照:昭和毎日/毎日jp

 

創業年=1881年 / 創業者=服部金太郎 / 創業地=日本/東京

【引用】 1881年に「服部時計店」としてスタート。1892年には時計製造工場「精工舎」を設立し、掛け時計を製造。その3年後には懐中時計「タイムキーパー」を手がける。そして1913年、国産初の腕時計「ローレル」を発表する。1960年にはスイス勢と肩を並べる高級時計「グランドセイコー」を開発。

さらに1964年に開かれた東京オリンピックに向けて急ピッチで時計機器の開発を進め見事に公式時計の座を獲得した。1969年には、世界初のクオーツ腕時計「アストロン」で世界を席巻。さらに1990年代の「スプリングドライブ」2012年の「GPSソーラーウォッチ」など、機械式にとらわれず独自開発のハイテクノロジーで高精度・高機能を追求している。 【引用】

参照:腕時計の教科書

 

AdSense




 

高額で取引されているモデルは稀少性とその生産数が少ない事が大きい

 

さっそくオークファンで取引相場をみていこう。セイコーに関して言えば、幅広く取引されており、限定やら稀少モデルが並ぶ事が多い。つまりは、限定生産モデルを手に入れて、比較的楽しんだ後、もっとも売却に適したタイミングで売る方が高い値がついている。欧州系の高級ブランドと違い、幅広いラインナップゆえ、稀少性と限定数を指定されたモデルのみ二次市場では求められていない。全体的にブランド名と言うよりも、手に入りにくさが日本のブランドの特徴とも言える。

 

 【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

SEIKO ガランテ SBLA024 レア限定30本18KPG/チタン

 

 【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

SEIKO ダイバーウォッチ 6215-7000

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

上記は、SEIKO ダイバーウォッチ 6215-7000及び SEIKO ガランテ SBLA024 レア限定 30本 18KPG/チタンである。レア度の高いモデルと生産数の少なさから稀少性が上がり、コレクターアイテムとして値段を上げた結果となっている。時計だけの考えで言うと、一般的な価格で購入する事ができる。レアや限定数の少なさを条件から外せば、比較的良品を安価で手に入れる事のできるブランドがセイコーである。欧州系以外で日本の時計ブランドの候補は?と問われた場合、セイコーは三本の指に入るぐらいオススメなモデルが多いのも嬉しい。

 

精工舎 軍用航空時計が高額で売れている

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

精工舎 軍用航空時計 昭和16年製造

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

旧日本海軍 航空時計 精工舎/海軍機・計器

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

コレクターズ向けなのが、戦時中に製造された軍用時計である。ミネタリーファンには必見であろう。時代物に関して言うと、メンテナンスは必ず必要であり、その費用を考えておくことが大事である。ただ飾っておいておくだけでも、粋なモデルも多く、多くの戦場を駆け抜けてきたその時代の雰囲気を味わうには、最高のチョイスである。今回も個人的に欲しいモデルを取り上げておきたい。ブランドのファンの方は、目の保養にでもして頂きたい。

 

1.Seiko Astron Watch GPS Solar Chronograph Limited Edition

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

2.Seiko SSC318 Men’s Watch Two-Tone Solar Chronograph White Dial

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

3.Seiko Prospex Solar Chronograph SSC261P

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

4.SEIKO CHRONOGRAPH SSC145

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

5.Seiko Ananta Automatic Chronograph Urushi Diver Ref. SRQ013 Limited Edition

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

6.Seiko Men’s SSC081 Adventure-Solar Classic Casual Watch

 

【SEIKO×Auction Data】セイコー:日本固有の製造でスイス勢と争うが創業一族による企業の私物化が製品と経営の乖離が出たブランド

 

Source:Pinterest

 

経営陣の権力争いに巻き込まれた現場の弱い人々が品質を支えている

 

 

2010年(平成22年)までに、労働組合の調査などで、名誉会長である礼次郎と取締役の鵜浦が和光本館周辺に新たに店を出す「和光スクエア構想」を単独で進めるために、多額の不動産を取得していたことが発覚する。これを背任として、労組は経営陣に対する株主代表訴訟の手続きに入った。経営側も実態を調査し、社外取締役・原田明夫(元検事総長)が「刑事事件、民事事件の事件になりかねない」と判断、2010年(平成22年)4月30日の取締役会で緊急動議を発動。その場で礼次郎、鵜浦を和光の役職から解任すると同時に、「両氏の専横を止められなかった」として村野晃一をセイコーホールディングス会長兼社長の役職から解任。後任に副社長の服部真二が昇格、村野の解任と自身の新社長就任を自ら発表した。

参照:セイコー経営-wiki

電光石火のクーデター劇であった。クーデターの最大の狙いは、会社を私物化していた(と指摘された)グループ総帥の禮次郎名誉会長と、その側近で“女帝”と呼ばれた鵜浦氏を排除することにあった。禮次郎氏は01年にセイコーの取締役を退任した後も、名誉会長の肩書でグループ総帥として影響力を保ってきた。

新社長となった真二氏は禮次郎氏の甥で、実子のいない禮次郎氏の養子になっていた。禮次郎派の一員と見られていたが、土壇場でクーデター派に加担した。和光の本館5階は、ワンフロアすべてが禮次郎氏の専用になっていた。禮次郎氏は、この日は会議室の隣にある執務室で役員らと談笑していて、終始、上機嫌だったという。まさか追い落とされるとは、思いもよらなかったのだろう。

参照:セイコー“総帥”名誉会長追放クーデター事件の全内幕!みずほコーポ銀が暗躍?

これらを見る限り、経営自体がオーナー一族の古臭い経営体制であり、独裁者とその佞臣によってセイコーは長く支配されてきていたようである。しかし現場の時計職人達の技術への飽きなく挑戦とその品質は非常に高く、経営と製造現場が乖離している企業とも言える。私たちがこうして時計を楽しむ事ができるのもこうした職人さんたちのおかげであり、企業を私物化した経営陣が成した事ではない。

ただ全体の舵取りを取り仕切っているに過ぎず、権力は持っているが技術を持っているわけではない。映像でも分かるように、製品自体は非常に良いモデルが多い。購入後、私たちがメンテナンスなどで、真にお世話になるのは、日々現場で技術向上と高品質を追求する職人の方々である。決して醜い権力争いをしている経営陣ではないのである。

 

AdSense




 

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【OMEGA:オメガ Ω】シーマスター アプネア ジャック・マイヨール はバカンスを楽しむマリンスポーツで真価を発揮する優れたモデル

【OMEGA:オメガ Ω】シーマスター アプネア ジャック・マイヨール はバカンスを楽しむマリンスポーツで真価を発揮する優れたモデル

伝説の人「ジャックマイヨール」 ...