Breaking News
Home / Premium brand / International Watch Company / 【IWC×オークション相場】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

【IWC×オークション相場】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

Pocket

 

IWC/インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発

 

【IWC×Auction Data】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮
Source:Watch assembly at IWC in about 1900

 

創業年=1860年/創業者=フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ /創業地=スイス/シャフハウゼン

【引用】 スイス伝統の職人技術と米国最先端技術の融合を目指して1868年に創業。同年、独自の緩急針やバイメタル補正テンプを備えた「ジョーンズ・キャリバー」を開発し、1885年にはデジタル式時計を開発するなど、創業当初から斬新な複雑機構を発表して名声を得る。その後の展開は多彩で、航空時計の最高傑作とも称される「マークIⅩ」(1936年) ラグジュアリーな大型高精度モデル「ポルトギーゼ」 (1939年) 500年先まで正確にカレンダーを表示する驚愕のコンプリケーション「ダ・ヴィンチ」(1985年) など、時計の歴史に残る名機を発表してきた。2005年に高耐磁性能を持つ「インヂュニア」の復活をはじめ、毎年のように各シリーズのフルモデルチェンジを敢行。2014年は「アクアタイマー」ラインが大進化を遂げた。 【引用】

参照:腕時計の教科書

 

AdSense




 

クォーツショックで自らのブランド価値を失墜させた事がリセールバリューにも影響

 

【IWC×Auction Data】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

 

【引用】 安価な日本製クォーツ式時計が市場を席巻し、時計の価格が大幅に下落したため、機械式の製品では懐中時計以外の自社製ムーブメントの開発・生産を打ち切り、安価なエタ製の汎用機械を搭載するようになった。

エタ製の機械には大幅に独自のカスタマイズを施しているといわれる。70年代初頭まではロレックスよりも格上の高級ブランドとして認知されていたが、エタ製の機械の採用に伴い、かつてのブランドイメージと人気を失ったことは、否めない。 【引用】

参照 : wiki-インターナショナル・ウォッチ・カンパニー

かつては安価なムーブメントに頼った外面だけのブランドという印象が私の中にあるが、その過去の行った経営を払拭する事が課題でもあるブランドそれが、IWCである。技術力で勝負をせず、イメージだけで高額に売りつけようとするあたりが、アメリカンな発想なのだが、自ら価値を落とし、目先の利益に走ったのが過去のIWCブランドである。

現在のIWCは新しいブランドのイメージづくりに邁進中である。基本的に保有したいという強烈なイメージまで獲得できておらず、かつてはロレックス以上に価値があったと言われていたが、中古市場でも失墜は誰の目にも明らかである。さっそくデータを見ていこう。

最近のモデルが並び大半が状態がよく、K18を使用した豪華なモデルで価格を保っている印象である。基本的に技術とデザインがしっかりと融合したブランドが好きなので、上記は高額な印象であり、共通してブランド全体的に言える事は、ギミックモデルはこれぐらいで取引されているという指標で見てもらう分かりやすいだろう。

 

IWC ポルトギーゼクロノグラフ IW3714 WG

 

【引用】 ポルトギーゼ : オリジナルモデルは、ポルトガルの時計商であったロドリゲスとティシェイラから「大型でも構わないので懐中時計用の機械を使用して高精度の腕時計を」との注文を受け、当時懐中時計用としては最も薄型であったキャリバー74を使用して1939年に生産された。1993年創業125周年を記念し『ポルトギーゼ・ジュブリー』として限定生産の形ながら復活、その後通常生産ラインとなっている。IWCの中でもドレッシーで人気の高いラインである。特にポルトギーゼ・クロノグラフは1998年のラインナップ以降、見た目やサイズに大きな変更の無いロングセラーモデルである。 【引用】

参照:wiki-ポルトギーゼ

 

【IWC×Auction Data】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

 

ここ約3年で欲しいと思ったモデルである。価格を見てもらうとお分かりであろうが、あまりリセールバリューは高くない。ポルトギーゼクロノに関して言うと「あまり変わらない」事が良いのだが、やはり高額な時計を望む多くのユーザーは昨今流行りのドレス路線を選びたいという購入心理が働くものである。

下記の写真でも比較的ドレス路線のモデルを取り上げているが、IWCのトレンドもやはりドレス路線に向けられているのは時代の流れである。全体的にシックなファッションが多くなる中で、腕周りだけは少し豪華に見せたいという心理を上手く付くデザインを採用するのは、現在の時計業界では必須であり、逆にシンプルなデザインモデルを欲しいと思った次第である。

ただ残念ながら、シンプルなデザインであるゆえ、コピー品も多く、それらが中古市場価格に若干の影響が出ている。海外においてはコピー品が多い傾向が見られ、海外のオークションやECにも手が出しづらいのが正直な印象である。今回も眺めているだけだが、個人的に欲しいモデルを取り上げておきたい。ブランドのファンの方は、目の保養にでもして頂きたい。

 

1.Aquatimer Chronograph in 18-Karat Red Gold Watch.

 

【IWC×Auction Data】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

 

2.IWC 5021 perpetual calendar

 

【IWC×Auction Data】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

 

3.IWC Schaffhausen Portuguese

 

【IWC×Auction Data】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

 

4.IWC Portuguese Chronograph Automatic Mens Watch IW371446

 

【IWC×Auction Data】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

 

5.IWC Aquatimer Chronograph “Cousteau Divers”

 

【IWC×Auction Data】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

 

Source:Pinterest

 

マーケティングはアメリカンな印象に振られているのが残念

 

【IWC×Auction Data】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー:時計の歴史に名を残す名機を数多く開発 リシュモングループ下で真価を発揮

 

昨今のモデルを見ていると、よりアメリカブランドの印象が否めない。もともと創業者がアメリカ人という事もあり、実態は米国企業に近いだろう。日本でのセールス面で言える事は、アメリカ的なマーケティング戦略で推し進めても、良い結果は得られる事は少ない。

なぜならアメリカ的ブランドの手法は日本では飽きがきているし、より安いイメージが全体にあるからだ。また高級ブランドというイメージ醸成をする事も困難である。モデルを含め、よりアメリカ色を出せば出すほど、残念ながらブランド価値は落ちていく。やはり欧州テイスト・スイスメイドを前面に押し出す方が良いだろう。

そのような意味で言うと、ブライトリングに近い戦略を感じるのであるが、残念ながらブライトリングの方が航空時計のイメージは上である。高級ブランドの定番のマーケティング・スタイルである「陸・海・空」の過酷な現場でも。精密に動く時計のブランドイメージを醸成したいようだが、よりアメリカ色が強いのが残念である。

ただ個人的には、スイス産アメリカブランドの中で、IWCは好きなので、今後に期待したいし、より欧州テイストが前面に打ち出す戦略の展開に期待したい。

 

AdSense




 

 
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【 Rolex:ロレックス 】エクスプローラー I はビジネスからスポーツシーンで活躍できる安価でシンプルなオイスター入門機モデル

  Rolex/ロレ ...