Breaking News
Home / Japan Brand / 【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

Pocket

 

驚異的に高騰するレアモデル、個人的に欲しいと思ったマジンガーZシリーズ

 

昔から好きなアニメや漫画が高騰している事が多いのであるが、私にとってそれはあまり喜ぶべき事ではないのである。ネットオークションは一見便利であるが、自分が過去に保有していたモデルが高騰してしまう状況を見てしまう場合が最近では多く散見される。個人的に趣味で、オークションで掘り出し物がないかとネットサーフィンをしてしまう事が日課なのであるが、その日課の延長線上でこのブログを書いている。ブログ記事の大半が、過去のサーフィンで盛り上がり面白かったオークションや参加したりウォッチし続けた経験から書いている。

最近では、当時観ていたアニメや漫画の高騰ぶりに、欲しいモノが多くなってきている。不思議なもので、復刻版よりも、その当時の痕跡の方が欲しくなり困ってしまうのだが、今回は過去個人的に欲しかったレアモデルをいくつか紹介したい。過去のオークション情報は大半が消失する事が多いのでオークファンを参照にしている。ぜひチェックしてもらいたい。

AdSense




 

UFOロボ グレンダイザー

 

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

かつてのマジンガーZの搭乗者、兜甲児は、不時着した北海道で、宇門大介という青年と出会う。宇宙科学研究所の所長、宇門源蔵の息子として平和な生活を過ごしていたが、その正体はベガ星人に滅ぼされたフリード星の王子、デュークフリードだった。だが、ベガ星人の魔手は地球にまで伸びてきてしまった。全宇宙征服を企むベガ星人は密かに月の裏側に基地をつくり上げたベガ星人は、そこから繰出す円盤獣によって、地球の征服を計画しているのだ。円盤獣と戦い、第二の故郷である地球を守るために、デュークフリード・宇門大介は封印していたUFOロボ・グレンダイザーを発進させ、ベガ星人と戦うことを決意する。

参照:ストーリー/UFOロボ・グレンダイザー – TOEI ANIMATION

 

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

個人的に欲しいと思っていた巨大円盤スペイザーである。これは、約200万円前後まで予算を考えていて、これも200万円は超えてくるだろうなぁとウォッチしていて観ていたが、軽く200万円越え。本体は比較的最近手に入れたが、この本体付属の応募券を送って抽選で当たった人のみが手に出来る商品(当時まったく知らなかったが)なので、非常に数が少なく、あったとしても箱入り未使用(未開封が理想)であるが、マジンガー好きの私でも見たことがない。出品される事も少なく、新しく出品された写真を観ているだけで、個人的にテンションの上がる幻のモデルである。

 

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

UFOロボ・グレンダイザー は比較的安価の方なので、手に入れる事が唯一可能なのが、グレンダイザーシリーズである。約30万円までが相場であるが、高騰相場の沈静化を願う次第である。ただ下記モデルも、さらに高騰ぶりが見て取れるのである。

 

グレートマジンガー

 

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

現代に甦った超古代文明の覇者ミケーネ帝国は、世界制覇の野望のために、機械獣の数倍強力な戦闘獣を繰出す。Dr.ヘルの機械獣たちを撃破しつづけたマジンガーZも、その威力の前に無残に破壊されてしまう。だが、兜甲児の危機を救ったのは、マジンガーそっくりのロボットだった。兜甲児の祖父、兜十蔵が、きたるべきミケーネの復活を恐れ、それに対抗するためのロボットを、死んだと思われていた息子の兜剣蔵に密かに開発させ続けていたのだ。その名はグレートマジンガー。マジンガーZをはるかに凌ぐ戦闘力を持つそのロボットを操縦するのは、幼い頃から過酷な戦闘訓練に耐えてきた、孤児の剣鉄也。グレートと共に戦うのは、パートナーロボであるビューナスA。 その搭乗者は、同じく孤児の炎ジュン。ミケーネ帝国の暗黒大将軍との激烈な戦いの火蓋は切って落とされた。

参照:ストーリー/グレートマジンガー – TOEI ANIMATION

 

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

個人的に欲しいと思っていた科学要塞研究所である。これについても、約100万円前後まで予算を考えていて、コレも100万円は超えてくるだろうなぁとウォッチしていて観ていたが、軽く100万円越え。初期のモデルで未開封となれば、すぐに値段が跳ね上がってしまう。研究所関連はどれも高騰しており、数も少ないので、また見つければ、入札に参加してチャレンジしたいモデルである。

 

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

その他高額落札物であるが、箱有り未開封もしくは未使用品がかなりの高騰ぶりが見て取れる。当時物は数も少なく、出ていても劣化が酷く箱も無いものも多い。当時の子供の玩具はすぐに開封して徹底的に遊んでしまう為、そのままの状態の物が無いのでますます価格が高騰してしまうのである。

 

マジンガーZ

 

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

少々血の気は多いが、平凡な高校生活を送っていた少年、兜甲児が自宅に帰ってみると、ただ一人の肉親である兜十蔵が何物かに襲われ、殺されていた。 「神になるのも悪魔になるのもおまえ次第だ」との言葉と共に祖父の兜十蔵から受け継いだのは、なんと地上最強の巨大超合金ロボット・マジンガーZだった。 祖父の命を奪ったのは、バードス島の古代超科学で世界制覇を企むDr.ヘルであり、その部下であるアシュラ男爵のあしゅら軍団だった。 打倒マジンガーZを目指して、強力な機械獣を繰出してくる。兜博士の弟子である弓教授の光子力研究所に身を寄せることになった甲児は、教授の一人娘・弓さやかの操縦するアフロダイAと共に、地球の平和を守るためにDr.ヘルの機械獣軍団と戦い続ける。

参照:ストーリー/マジンガーZ – TOEI ANIMATION

 

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

個人的に欲しいと思っていた初期の超合金である。約100万円前後まで予算を考えていたが、軽く100万円越え。入札に参加していて、途中で諦めた次第である。昨今の高騰ぶりは非常に目を見張るものがあり、マジンガー人気はまだまだ衰えそうにない。

 

【マジンガーZ】シリーズのアンティーク市場とオークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

オークションで高騰するレアモデルを落札する 3 つのコツ

 

  1. スクリーニングして箱有り・未開封・傷・スレの少ないモデルのピックアップ
  2. 関連するレアモデルを出品している個人や業者にマメに連絡やチェック
  3. オークション落札代行会社に常に依頼を掛けておく

Mazinger Z Go Nagai Dynamic Super Battle Robots (Ep 1-3) Vocal

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Bandai Tamashii Nations マジンガーZ マジンガー Mazinger Z – DX Soul of Chogokin Bandai Tamashii Nations (海外取寄せ品)
価格:173640円(税込、送料無料) (2016/10/30時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マジンガーZ BOX1(初回生産限定) [DVD]
価格:167400円(税込、送料別) (2016/10/30時点)

 

個人的には、鉄人28号ガッチャマンウルトラマンなどをレアモデルを探している。当時物であるのはもちろんであるが、ガッチャマンやウルトラマンはよく観ていたものである。当時の玩具は、家が裕福ではなかったので、買ってもらうことができなかったこと、買ってもらったモデルでも安く誰でも保有できた玩具しか持っていなかったわけなのだが、現在では、購入できる余力も出来てきた事なので、頻繁にオークションでチェックしている次第である。

またスクリーニングしたモデルを入札代行会社にもお願いする場合もある。1~3の工程を繰り返せば、比較的程度の良いレアモデルを簡単に探す事ができるようになった。インターネットオークション市場がなかった時は、足と情報で現地まで行き、その場で交渉であったが、現在では非常にラクで便利である。

この当時の人気漫画などは、大抵が放送された当時より、海外で高い人気を誇り、欧州や中東の富裕層が代行会社を通じて購入すると聞いている。よく行われるのが、オークション市場で高騰したアニメや漫画が、当時の若年層である高齢者層向けに、復刻版を投入するアニメや漫画もあるが、それには個人的にはまったく興味がない。

興味があるのは、あくまで当時物が重要であり、思い出は復刻版では得られる事もなく、特に必要はないのである。数が希少なモデルは高騰する一方であり、20年ほど前から玩具屋を巡り、少しづつ集めていたモデルが、現地にいる日本人の私でさえも、高騰市場でもう手がつけられない状態なのである。

 

AdSense




 

 
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【Estima Hybrid×オークション相場】トヨタ エスティマ ハイブリッドその高騰する中古市場とマイナー投入で現在がいちばん買い時のモデル

  トヨタ エスティ ...