Breaking News
Home / Premium brand / Leica / 【Leica×Germany Brand】ライカ カメラの王者に君臨する 10 の美しい透視図と設計図
【Leica×Germany Brand】ライカ カメラの王者に君臨する 10 の美しい透視図と設計図

【Leica×Germany Brand】ライカ カメラの王者に君臨する 10 の美しい透視図と設計図

Digg にシェア
Pocket

 

AdSense




 

ライカ Leica M系型

 

Leica M系の”M”は「距離計ファインダー」の M であるが、ドイツ語でレンジファインダーとファインダーを組み合わせた「Messsucher」を意味する。このカメラは初代ライカからはじめての重要な展開であり、新型カメラの設計作業は1930年代なかばにはじまっていたが、ライツ社がその商業的生産を実現することができたのは、ドイツの戦後復興が軌道にのり、潜在的な輸出市場が成長することで経済的成功が見通せるようになってからである。

 

【Leica×Germany Brand】ライカ カメラの王者に君臨する 10 の美しい透視図と設計図

 

M6TTL JAPAN においては、日本国内での正規輸入を示すオフィシャルロゴをボディ上面に刻印したモデル。ファインダー倍率が0.58倍。0.72倍、0.85倍の3種類あり、正面ファインダー窓下にある数字で区別できる。露出制御は初代同様のマニュアル。1999年1月に市場投下。下図は、Leica f型、型は違うが、新旧を並べて見ても、どちらも現在から見ても図面は美しい。

 

ライカ Leica 0 ( ゼロ ) 系型

 

ライカ 0 (ゼロ) 系型は、ライカ生誕75周年を記念して発売されたライカ原型ともいえる「0型」は復刻版モデルが出ている。レンズは固定式で、マルチコーティング処理が施された沈胴式のアナスチグマット50mmF3.5。ピント合わせは目測式。非常に美しい設計図である。

 

【Leica×Germany Brand】ライカ カメラの王者に君臨する 10 の美しい透視図と設計図

 

ライカ Leica Ⅰ系型

 

【Leica×Germany Brand】ライカ カメラの王者に君臨する 10 の美しい透視図と設計図

 

ライカ Leica f ( エフ ) 系型

 

ライカ Leica Ⅲf型で言えば、1950(昭和25)~1956年に製造された初のフラッシュ同期装置内蔵モデル。中でも後期型とも言われるセルフタイマー付きモデルは、一番美しいバルナック型といわれている。非常に美しい設計図であり綺麗に製品に仕上がっている。現在でもライカ Leica Ⅲf 型は、大事に使えば使用可能であり、写真の仕上がりは味のある内容。個人的にはボディのみ保有していた。飾っておいておくだけでも非常に心が弾むものである。参照記事で参考にして頂きたい。

参照記事:【Leica】ライカ IIIf セルフタイマー/Summicron ズミクロンレンズはバルナックライカ 最高の完成形モデル

 

【Leica×Germany Brand】ライカ カメラの王者に君臨する 10 の美しい透視図と設計図

 

ライカ Leica i9 Concept for iPhone 4

 

少し前に話題になった LEICA M9+iPhone 4を合体されたコンセプトモデル。スマートフォンの急速な普及で急ごしらえで作ったコンセプトのように見えるが、一応組み込みのコンセプトとして美しいドローイングスケッチとパース、CGなどは美しい仕上がりである。モデルの主な特徴は、LEICA M9が前面にきて、iPhone 4を差し込み、スマートフォンパネル側で、インタフェースをiPhone 4が機能を担当するというコンセプト。光学8倍ズームを搭載、高速撮影にも対応。次世代のiPhoneに互換していくという。いわゆるiPhoneのカメラが低機能の間に、高機能面を担当しますという提案である。

 

【Leica×Germany Brand】ライカ カメラの王者に君臨する 10 の美しい透視図と設計図

 

これであれば、完全なブランドスイッチもある程度防ぐ事が出来、敵とならずお互いの得意分野を分け合い、相互でシェアを取り合わないように巧妙に仕掛けるあたり、さすがライカと言えるだろう。個人的に言えばもはやスマートフォンで撮影することが多い。逆にライカは長くカメラ機能に特化してしまい、アップルなどのスマートフォン技術など世に出る前の開発段階から、早期に経営戦略を打っていれば、カメラ市場はまた違ったカタチとなっていただろう。

 

【Leica×Germany Brand】ライカ カメラの王者に君臨する 10 の美しい透視図と設計図

 

そのような意味で、ライバルとして競合の道を選ばないのが、比較的賢明な戦略といえるが、もう少し次世代に向けての技術コンセプト ( 顔認証の防犯機能とか災害時の体熱感知機能や人間の動きを検知してアニメーション動画ができるとか ) はちょっと考えると面白い機能はあるわけで、このような分野でもできないかと思うわけだが、そのあたりの遊び心はドイツ人には比較的不向きなのかもしれない。

 

AdSense




 

ライカ Leica 0.1参照:LEICA NULLSERIE AND LEICA 1 TECHNICAL DRAWINGS
Leica i9 参照:Leica i9 Concept for iPhone 4
参照文献:50の名機とアイテムで知る図説カメラの歴史
Images courtesy :Pinterest.com
参照文献:趣味のドイツ・ブランド―日本で買える趣味のドイツ製品50ブランドの完全カタログ (ラピタ・ムック)

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【マイセン 高額買取】 Meissen ブルーオーキッド カップ・プレートは 東洋の神秘 を蘭で表現されたエキゾチックな高級食器

【マイセン 高額買取】 Meissen ブルーオーキッド カップ・プレートは 東洋の神秘 を蘭で表現されたエキゾチックな高級食器

  Meissen ...