Breaking News
Home / Japan Brand / 【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル

【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル

Pocket

 

Data : SEIKO ASTRON セイコー アストロン GPSソーラー チタン

 

【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル

  • 型式:7X52-0AA0
  • 電波ソーラー
  • 永久カレンダー
  • デュアルタイム
  • ワールドタイム
  • パワーリザーブ
  • 防水:10気圧
  • 素材:チタン/セラミック
  • ケース径:約 47.0mm
  • ベルト長:約 21.0cm (最大)

AdSense




 

アストロンはスイス勢も凌駕する高い技術力を搭載した最高級モデル

 

【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル

 

アストロンという名前は、かなり昔からある定番のモデルである。市場投入されたのは、1969年「クォーツ・アストロン」として、世界初のクォーツ腕時計として名実ともに日本時計界を牽引したわけである。

全世界のタイムゾーンに対応し、時差をボタンひとつで理解できる「 GPS・ソーラーウォッチ 」であり、世界最先端の GPS 技術を搭載している。4 基以上の GPS 衛星から、位置と時刻情報を取得。現在地時刻を表示する。

2014年以降の登場したモデルは、ケースとブレスに超軽量なチタンを採用。傷がつきにくいダイヤシールドも搭載し、ブラッシュアップを図っている。そのアストロンを今回は、中古市場で購入した未使用に近いモデルをコレクション整理の為に、再買取してもらった内容を記しておきたい。

 

【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル

 

さっそく「オークファン」で相場を確認していこう。上値が約 85,000円、下値が約 70,000円ぐらいになるようだ。これに関しては、完品であり美品クラスで、しっかりと稼働している事が条件である。ということは不動もしくは、付属品・欠品、状態の悪いモデルは、非常に安価で買い取られてしまう。

ちなみに正規価格は、約 21~ 25万前後となるようだが、新品で購入したことがないので、正確な価格はわからないが、約20万円以上で購入してくれる人がいるから、比較的良いモデルを安価に手に入れる事が可能となる。

 

【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル

 

個人的に使ってみた感想であるが、仕事において外での撮影などをする場合や、取材旅行などする際に、経度・緯度・高度情報を受け、現在地を測位してくれる。いちばん「これは凄い」と思ったのは、ホエールウォッチングで船上での測位であり、データを取りながら、ホエールウォッチングの撮影をした経験があって、その真価を発揮した次第である。軽量さも相まり、カメラを持って撮影する際、手首の重さを感じないのは、非常に良いモデルを手にしたなぁと思った瞬間である。

 

【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル

 

また個人的にであるが、これはチョットなと思った瞬間もあり、地下街での受信の悪さである。もはや昔の携帯電話のような様相である。また GPS 受信能力においても、まだまだの部分が多く、スマートフォンでも数十秒ぐらい掛かるようなので、このあたりはスマートフォンと大差はないようだ。

そこまでの高機能を求めていない人にとっては、あまり関係がない話であるが、気になる点であった。あと一点は、外装上のスレやキズがつきやすい点もあり、これは要改善であるが、第二世代では 「ダイヤシールド」 を施している。

ビジネスシーン以外のアクティブなシーンでは、やはりキズやスレがつきやすく、チタンの弱点を完全に改善できないところをどう捉えるかである。チタンだからしょうがないかと見るか、軽量が故に重さを感じないので、長時間使用できる事のメリットを取るか、コストとのバランスで、あなた自身がどう価値を感じるかである。

 

【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル
【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル

 

実用ブランドの強みと人気で比較的中古市場では数も少なく良いモデルが多い

 

【SEIKO:腕時計買取】セイコー・アストロン ASTRON GPSソーラー チタンは世界を飛び回るビジネスマンには最適なモデル

 

当初購入する際に、3 社ほどまわり、1.2 社は、入り次第内容(状態等)と価格を教えて欲しいと伝えておいた。順次入荷され店頭に置くモデルを見学して、最安値のモデルをリザーブ。その後、10 回程度まで使用して、買取してもらう時に、同じく 3 社ほどまわり、最終的に「いちばん高く買取額を算出」してもらった店頭で売却を完了した次第である。

個人的な経験としては、購入しても損はなく、比較的実用性のある良いモデルであった事とセイコーのブランド力・技術力の高さを改めて認識した次第である。

ちなみに、買取店自体の企業の規模やその他の優越など個人的には感じておらず、もっとも仕入れ品として欲しいというところ(高価買取店)に買い取ってもらえば良いのである。今回は、買取ブランド強化中という時の価格だったので、比較的良い買取額で買い取ってもらった。

何度も買取してもらっているところであり、個人的に購入したブランド品は、丁寧に扱い、日頃から綺麗に保管しているので、そのバックグラウンドを知っているが故、高く買い取ってもらう事が実現している。

やはり買取と言えども、人対人の付き合いなので 「人間的に合う人」 にこれからは買い取ってもらう方が良いだろう。査定額を社内査定比率だけを出すなら、誰でもできる話である。それを理解しながらも、広告費として割り切り、リピーターに繋げる「お得感」が、これからの買取店には必要な条件となってくるであろう。

 

AdSense




 

 
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【 ブランド・プロモーション戦略 】購入の決め手は 製作現場 から 個人的に感動したブランド・プロモーションビデオ 5 選

  いまやブランディ ...