Breaking News
Home / Premium brand / OMEGA / 【Swatch Group:スウォッチ・グループ】データからライバルを見る全方位戦略でシェアを拡大する世界で唯一の時計ブランド
【Swatch Group:スウォッチ・グループ】データからライバルを見る全方位戦略でシェアを拡大する世界で唯一の時計ブランド
Reference:Swatch Group AG Chief Executive Officer Nick Hayek/Valentin Flauraud/Bloomberg.

【Swatch Group:スウォッチ・グループ】データからライバルを見る全方位戦略でシェアを拡大する世界で唯一の時計ブランド

Digg にシェア
Pocket

 

データで見るスウォッチ・グループとそのライバル企業の動静

 

スウォッチの創設者でもあるニコラス・G・ハイエックの経営者としてのカリスマ性とオメガの世界的な成功によって、スウォッチ・グループは、世界の時計市場のシェアは大きく、もはや世界一の規模であり、世界市場のトップシェアを握ってきている。スウォッチ・グループの存在を脅かすほどの存在と言えるのは、リシュモンとロレックスである。そこで今回は、スウォッチ・グループとその競合相手の関係性を通じて、改めて時計業界のブランドの重要性を知りたい。

 

 【Swatch Group:スウォッチ・グループ】データからライバルを見る全方位戦略でシェアを拡大する世界で唯一の時計ブランド

 

スウォッチ・グループについては昔から知りたい事が多くあり、それを詳しく論じた書籍を探していたが、ラグジュアリーブランドの研究の第一人者である長沢伸也氏が監修及び訳を担当している【「機械式時計」という名のラグジュアリー戦略】を参考にしながら自分なりにまとめておきたいと考え、記事とした。ぜひ詳しい内容を知りたい方は本書を手に取って頂きたい。

AdSense




 

主要時計ブランドの売上高から見えてくるスウォッチ・グループの 3 つの視点

 

フォントーベルの時計製造業界に関する2011年の分析には、世界の一流時計ブランドの売上によるランキングが提示されている。注目すべきは以下の三点である。

 

  1. ランキングはスイスブランドのみ対象としていること
  2. スウォッチ・グループからはブランド10社中5社がランクイン
  3. セグメントが手の届くラグジュアリーに属しているという事

 

スイス製に絞られるのは、世界の主要ブランドの大半が、基本的なキャリバーや様々な部品、ETA社とスウォッチ・グループに大きく依存していたことから、すべてのブランドの基本は、スイス製のブランドで売上の中心を考える方がデータの信憑性は高い。最近では独自キャリバーなどを自前で用意する事が多いが、まずスイス製で考えている事。

 

 【Swatch Group:スウォッチ・グループ】データからライバルを見る全方位戦略でシェアを拡大する世界で唯一の時計ブランド

 

1990年代に行われたブランド再配置戦略の成功と、市場での存在感の大きさを強調されることになる。上位20社に目を向けると、ラドーブランドも16位にランクイン。リシュモンからジャガー・ルクルト、ピアジュ、ヴァシュロン・コンスタンタン、パネライなどいくつかあり、LVMHでは、ウブロとブルガリの時計売上はそれぞれ 約 3 億スイスフラン、4 億スイスフランと推定され、タグ・ホイヤーに依存する形であるようだ。

これらを見ていくと、多くのブランドがラグジュアリーセグメント、特に「手の届くラグジュアリー」のサブセグメントに位置づけられている事である。パテック・フィリップとブレゲは、明らかに排他的ラグジュアリー、基本的には少数の極めて裕福な特権階級を対象とする非常に高価な商品に分類される時計メーカーであり、この2つ以外の排他的ラグジュアリーブランドは、ランキングの上位には入っていない。

ロレックス・カルティエ・オメガ・タグ・ホイヤーはいずれも「手の届くラグジュアリー」ブランドである。これらはほぼ同じような価格に属し、似たような価格 (技術的優秀さ、歴史的伝統) を具現化している。それぞれが、このセグメントで支配権を握ろうと競う主要時計製造グループに属しているという。

 

世界制覇に向けて全方位的な戦略を展開している唯一のグループ

 

【Swatch Group:スウォッチ・グループ】データからライバルを見る全方位戦略でシェアを拡大する世界で唯一の時計ブランド

 

スウォッチ・グループが突出しているのは上位10ブランドのうち5ブランドを所有しているだけでなく、低価格から中価格を経て「手に届くラグジュアリー」さらに「特権階級のラグジュアリー」まですべての市場区分で存在感を発揮している。まとめるとフルラインメーカーのような集合体というメリットを享受しているのがスウォッチ・グループの特徴である。

他の主要時計メーカーは特定の市場区分のみに照準を合わせている為、スウォッチ・グループはすべての階層の顧客にアプローチができる唯一のグループと言える。世界市場の制覇という意味では、すべての階層にアプローチしている事は、大きな強みであり、結果的に全方位的な戦略を展開している事がこの表の結果から見えてくる。

市場シェアが2%を超える他の8グループは「ラグジュアリーに特化した企業」か「大衆市場」を対象とする企業のどちらかだからである。

そのような意味でも、時代の流れと他社の動きの中で、非常に追い詰められたスイス勢が、結果的に一大グループをつくりあげる事となり、他社への驚異と自社の強みを最大限活かしきったグループの完成を私たちは見ることになったのである。

 

【Swatch Group:スウォッチ・グループ】データからライバルを見る全方位戦略でシェアを拡大する世界で唯一の時計ブランド
余談であるが、上記写真は、昔に女性にプレゼントしたダイヤベゼルのオメガ コンステレーションである。オメガの宝飾仕様で、K18YG と ダイヤが使われ、なかなかの美しさである。

新品での参考価格は当時、約470,000~510,000円前後であったようだ。ある宝石商の人から安く取得する事が可能となった。ケースの直径は、約23mmと小ぶりで重さはあまり感じず、軽快で腕になじみやすく、一目でコンステレーションと分かる。中身はクォーツであるが、宝飾の細工が非常に気にった次第である。

オメガブランドは、個人的にも好きなブランドであり、オメガ好きからはじまり、その親会社は、スウォッチ・グループであるという事を知ってから非常に興味が湧いてきた次第である。

AdSense




 

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【Victoria Secret / L Brands】L・ブランズ は買収や売却を繰り返し"VS"を軸に米国的コングロマリットを維持し続ける

【Victoria Secret / L Brands】L・ブランズ は買収や売却を繰り返し”VS”を軸に米国的コングロマリットを維持し続ける

コングロマリットの中でも米国流 ...