Breaking News
Home / Luxury Watch Brands / 【RADO:ラドー】グリーンホースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル
【RADO:ラドー】グリーンフォースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル

【RADO:ラドー】グリーンホースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル

Digg にシェア
Pocket

 

ラドー:RADO 一生ものでも通用する 超硬タイプの名門ブランド

 

ラドー(RADO )はスイスのベルン・レングナウ(Lengnau)に本社を置く腕時計メーカーである。傷のつかない超硬材料を使用しており、超硬タイプ腕時計の先鞭である。年間約50万個の腕時計を生産しており、約300人の社員がいる。参照: ラドー wiki

 

【RADO:ラドー】グリーンホースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル

 

創業年=1917年 創業者=シュラップ兄弟 創業地=スイス/レングナウ

ハードメタルを採用した「ダイヤスター」1962年、セラミックを用いた「インテグラル」1986年、ダイヤモンドと同じ硬度を誇る「V10K」2004年など、積極的に新素材を投入する名門ブランド。その比類なきデザインとセラミックスをはじめとした革新的な素材の融合から生まれる美しいフォルムは、同時に優れた装着感をも実現する。ここ数年は、セラミックスの技術力に拍車がかかっており、2012年には、セラミックスによるモノブロックケースを実現。2013年にはプラズマハイテクセラミックをラドーだけが開発。近年は、新たなグレーのセラミック開発と、常に革新的なチャレンジを続けている。

参照:腕時計の教科書

 

AdSense




 

RADO ラドー グリーンホース Green Horse オートマ リーズナブルでレアなモデル

 

【RADO:ラドー】グリーンホースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル

 

素材開発分野で圧倒的な優位性を見せる名門ブランドであるラドー。日本ではいまひとつ知名度が低いですが、通好みのブランドであるのは違いなく、世界では名が通ったブランド。競争上の強みは、圧倒的な素材における革新的なチャレンジをしている事であろう。

Swatch Group フルライングループとしてのブランド再配置戦略と中価格帯への挑戦】でも取り上げたが、現在ラドーブランド戦略は、スウォッチ・グループの中で中間価格帯のレンジで展開。比較的中流の堅実性を重視した顧客獲得に上手く成功しているブランドである。

現在のブランド戦略における商品戦略も、ブランドの強みを生かしながら、伝統と革新を詰め込んだ商品戦略を着実に続けている。ラドーのホース・モデルは古く、日本では1958年前後に市場に投入され、ブランド再編前であり、日本で初めて市場投入された意欲的でレアなモデルなのである。

 

【RADO:ラドー】グリーンホースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル

 

さっそく「オークファン」で相場を確認していこう。上値が約 30,000円程度となるようだが、非常にリーズナブルで狙い目のブランドという事がわかる。ラドーは時計好きのユーザーが多く、数もあまり出回っていないので、相場が比較的安定しており荒れる事が少ない。ゆっくりと探す事で、比較的良質なモデルを手に入れる事ができる。

 

希少なモデルを安価に手に入れ、OH・リペアを行う

 

【RADO:ラドー】グリーンホースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル

 

今回は、知人から使わなくなった時計を安く譲ってもらった次第である。時計は止まっており、ジャンク状態。汚れも酷くOH・リペアが必要な事から、非常に安い価格で入手できた。さっそくクリーニングを行い汚れを除去していく。汚れを洗浄液をつけながらブラッシング、取れにくい頑固な汚れは、綿棒や爪楊枝などで除去し、その後、アルコール消毒を行い、拭き上げでいく。ピカピカになるわけだが、汗や脂が表面に付着している時と違い、装着すると気持ちの良いものである。

 

【RADO:ラドー】グリーンホースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル
【RADO:ラドー】グリーンフォースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル

 

ホースシリーズの中でも流通量は少なくなかなか手に入れる事が困難な希少なモデル

 

ホースシリーズは、ゴールデン・グリーン・パープルの3モデルが市場に投入されており、この中でグリーンホースは、流通量が少なく手に入れる事が困難な希少なモデルである。珍しいモデルを欲しいユーザーにとっては、非常に満足度が高いモデルとなるだろう。80年代後半から90年代前半のモデルであれば、比較的近年のモデルと大きな相違もなく、機能面でも困る事はない。

 

【RADO:ラドー】グリーンホースは誰とも被らず時計マニアのビジネスマンを満足させる最適な希少モデル

 

非常に頑丈なケースであり、それでいて装着感は悪くなく、清掃の効果が出ているが、金属面は滑らかな仕上げである。デザイン面では、最初は故障しているのかと思っていたが、12時位置にデザインされているトレードマークのアンカーシンボルが回転する。

また6時位置には、シンボリックにグリーンホースが 2匹向かい合いデザインされている。上記写真を見ると、裏蓋にタツノオトシゴが刻印されており、非常にカッコ良い。全体的に言うと、OH・メンテナンスをきちんと施せば、一生ものの腕時計として使う事ができる。このモデルも現在約 20 年以上経っており、まだまだ現役で使用できることが良い。

アンティークだが、現在でもキチンと使え、オメガやロレックスなど有名ブランド以外で、通好みで「珍しい面白いモデルを身に付けているな」と思われる 希少なレアモデルを探している人は、一度ラドーブランドにも触手を伸ばしてはどうかと思う。

AdSense




 

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【BALUME&MERCIER】 ボーム & メルシエ リビエラ ダイバー クロノグラフはマニアを満足させる隠れた希少モデル

【BALUME&MERCIER】 ボーム & メルシエ リビエラ ダイバー クロノグラフはマニアを満足させる隠れた希少モデル

  BALUME&M ...