Breaking News
Home / Premium brand / BOTTEGA VENETA / 【BOTTEGA VENETA】ボッテガ・ヴェネタ イントレチャートは使い続けるほど手になじむ実用的な最適モデル
【BOTTEGA VENETA】ボッテガ・ヴェネタ イントレチャート二つ折長財布

【BOTTEGA VENETA】ボッテガ・ヴェネタ イントレチャートは使い続けるほど手になじむ実用的な最適モデル

Digg にシェア
Pocket

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

BOTTEGA VENETA ボッテガ ヴェネタ イントレチャート 二つ折長財布

型番:150509 V0013-2040 材質:ラムスキン 生産国:イタリア サイズ:約 W19.0×H10.0×D2.5 (cm) フラップ開閉 札入れ×1 ファスナー小銭入れ×1(仕切)カード入れ×8 オープンポケット×1

 

AdSense




 

ボッテガ・ヴェネタ

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)は、イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァを本拠地とするファッションブランドである。1966年、ミケーレ・タッデイ(Michele Taddei)とレンツォ・ゼンジアーロ(Renzo Zengiaro)によって設立された。ブランド名は「ベネチアの工房」を意味する。現在はケリングに属する。ボッテガ・ヴェネタのモットー「自分のイニシャルだけで十分」(When your own initials are enough)には、個性と自信を尊重するブランド哲学が表現されており、様々な製品に反映されている。ボッテガ・ヴェネタでは職人とデザイナーが協力し合い、インスピレーションを高めていくというアプローチをとっている。01年2月にグッチ・グループの傘下となり、グッチ・グループが04年7月にPPR社の傘下に入ってからは、宝飾品、時計、家具など、服飾・バッグ・小物類以外の分野でもコレクションの幅を広げている。

ボッテガ・ヴェネタ:wiki

 

グッチ・グループの傘下、現在ケリングの傘下でファッション経営に移行

 

ボッテガ・ヴェネタがよりファッション的経営を展開することについて悪い気はしない。むしろ著名になりより広い大衆向け高級ブランドに移行する事は私たちにとってメリットは大きい。少し前からイントレチャートを保有していた身としては、日本での知名度向上は、ステイタス性が上がり、注目のアイテムとして認識されて、若干レア感はないなと感じるようになった。

 

【BOTTEGA VENETA】ボッテガ・ヴェネタ イントレチャート二つ折長財布

 

さっそくオークファンを見てみよう。約 54,000円~40,000円のセグメントであり、数が出回る事は少ないが、それだけ良い物も多い。真贋においてはあまり心配する事もなく、手間の掛かる製法である事から、ニセモノはすぐに分かる。

一度ホンモノをじっくり観察すれば、ニセモノの判断はすぐにつくようになります。また本国や海外ではニセモノは多いようだが、個人的な見解であるが、国内ではニセモノが出たという事はあまり聞かない。

 

【BOTTEGA VENETA】ボッテガ・ヴェネタ イントレチャート二つ折長財布相場

 

カード入れが 8枚 以上入り、札入れが 1 箇所、ファスナー小銭入れが 1 箇所、仕切が付いていますので、種類ごとにわける事ができる。札入と小銭入れが独立しているデザインなので、比較的使いやすく、収納力も申し分なく、機能性優れた内容になっている。

またフリーに使えるポケットも備えているので、レシートやその他紙類などを収納しておく事も可能だ。といっても、レシート系は出した方がよく、スッキリと整理ができるので、このあたりは言うまでもない。

 

【BOTTEGA VENETA】ボッテガ・ヴェネタ イントレチャート二つ折長財布

AdSense




 

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)INTRECCIATO「イントレチャート」が数年で急成長的に支持

 

ラムスキンを用い、滑らかに鞣され、編込み手法によるハンドメイドの表情と工業的な品質が不思議な感覚にとらわれる籠編みフェイスデザイン。ボッテガ・ヴェネタのマストアイコンとしてその知名度を急速に支持を得ていますが、やはりなんと言ってもその手にしっくりなじみやすいその身体感覚の心地よさが一番かと思う。

使ってみて分かる事であるが、そのしなやかな柔軟性は経験した人のみが体験できる楽しみである。弱点と言えば、経年によりなじみやすくなるが、その分の強度と腰が弱くなりやすい。有り体に言えば、これだけの収納力を活かしているのは秀逸であるが、変形を産みやすく、その小銭などの重量物に耐え切れない面があり、コーナーや腹面の傷やスレ変形が目立ちその点はビニール系の革財布の方が強度という面で使いやすいと言うことが分かる。ただ、主流を占めるそれらよりもより自然な風合いを活かされているともいえ、一長一短である。

関連記事


 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【MAUBOUSSIN:モーブッサン】婚約から結婚指輪までリーズナブルに買える隠れたラグジュアリーブランド

【MAUBOUSSIN:モーブッサン】婚約から結婚指輪までリーズナブルに買える隠れたラグジュアリーブランド

  MAUBOUSS ...