Breaking News
Home / Premium brand / Louis Vuitton / 【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分とその換金方法

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分とその換金方法

Pocket

彼女のクローゼットにあるレトロヴィトンは一体いくらになるのか

 

前回、彼女に新しい財布を購入する約束をしたのだが、やはり高額なヴィトンなので、購入予算を全額負担する事は、支払う痛みが大きくなる。彼女は安月給の私が、次々と高級ブランド品をプレゼントしてくれるのか不思議でしょうがないようである。モデルによる真贋と相場観を比較的熟知している私にとって、高級ブランドを手に入れるのはあまり難しくはない。

せかせかと転売屋の仕事をしているわけではなく、長年ブランド品のモデルと相場を眺めていて、売買術を編み出しただけで、あくまでも趣味の一環である。今回は、彼女もそんな秘訣を知りたいと、クローゼットに眠るアンティークなヴィトンを整理したいとの事なので、売買の手助けをした次第である。

バブルの時代に流行したモデルであっても、ヴィトンは比較的値段がつきやすく、その場合売却をしてその売却益を新しいヴィトンの購入の頭金にあてる事は比較的容易である。他のブランドではこうした芸当はできる事は少なく、世界中を眺めてみても、二次市場、三次市場でも通用するブランドで言えば、ヴィトン・エルメス・シャネル・ロレックスが定番になるだろう。

要は、ボロボロで商品価値がほぼゼロに近くても、ある程度の金額になるということが、本当の意味での「ブランド力」というのはこのブログでもお伝えしてきた次第である。買取屋が買取商品をブログやネットメディアで告知する場合、その金額は教えてくれず、高額査定、高価買取、安値販売と謳い、どの程度の相場価格なのか、業者でなければ分からないが、最近は多くの業者、多くのオークション取引から相場価格は比較的分かるものである。そこで今回は、アンティークヴィトンの4つのモデルの相場と買取価格、頭金をつくった経緯を伝えていく事にしようと思う。

 




 

参考記事

モノグラム オールドウォレットから彼女の為に新しい財布を探す旅をする事にした
ダミエ ジェロニモス から考える高級ブランドのリユース術

過去に以上の内容も取り上げた事もあるが、その内容の続編である。

ヴィトン モノグラム シャンティ:底が丸い可愛いフォルム「シャンティ」

 

ヴィトン モノグラム 「シャンティ」である。底が可愛く丸くなっているデザインであるが、よりファッション性に振られたモデル。機能性と収納性はほとんどなく、つくりは良いが、日常使いには不向きである。ハンドバッグのなかでも、サブモデルとして持つのは良いかと思う。

 

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分と換金方法

 

さっそく相場はどうなっているのか。相場は約 1 万円程度となっている。内部の状態があまり良くない事から、売却金額は、約 5,000円といったところである。

 

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分と換金方法

 

ヴィトン モノグラム ジェヌフィーユ:シンプルでクラシカルなポシェット「ジェヌフィーユ」

 

クラシカルでシンプルなフォルム、定番のショルダー「ジェヌフィーユ」。正面のベルトがワンポイントとなっている。下に向かうにつれ、流線型になっていて、その分機能よりもデザインに振られている。収納性と機能性はほどんど犠牲になっているが、ファッショナブルなので、活動的な女性を演出できるモデル。

 

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分と換金方法

 

モデルとしてはあまり流通しておらず、もう持っている人も皆無に近いのであろう。相場はバラバラであるが、約 4,000円で売却できた。これに関して言えば、他のモデルと「まとめて売る」という事なので、もはや叩き売りになるようである。

 

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分と換金方法

 

ヴィトン モノグラム アルマ:ルイ・ヴィトンのアイコンである「アルマ」

 

ルイ・ヴィトンのアイコンである「アルマ」である。かなり使い込まれている。このうえなくグラマラスに引き立たたてるクラシックなモノグラム・キャンバスであり、優美なラインと曲線、贅沢なレザーのトリミングとフェミニンなゴールド色仕上げの金具が洗練されたスタイルなのだが、長年愛用してきた事が分かるほど、使い勝手が良いのであろう。

 

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分と換金方法

 

さて相場はどうかと言うと、比較的取引量は多いようである。未使用新品同然では、約10万円までぐらいであり、店頭では約12万円程度がもっとも状態の良いもの部類に入る。20年までいかないまでも、長年旅を共にしたレトロな雰囲気は哀愁を感じる。この状態でも約15,000円程度で取引されており、ヴィトンの強さが分かる。

 

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分と換金方法

 

さて売却価格であるが、約 9,800円の値段がついた。これには何度か取り上げているリペア術を使い、リペア前に査定に出したが、そこから約 3,000円ほどアップで売却できた。リペアはこの写真の後に行うのであるが、なかなか綺麗に仕上がったわけである。

 

ヴィトン モノグラム ブロワ:丸みがキュートで機能性追求型の「ブロワ」

 

斜めがけショルダーの定番「ブロワ」である。全体的な流線型と水平なライニング、機能性と収納力を備えたシンプルで洗練されたモデル。現在保有していても十分通用する内容であり、復刻して少し現代流にアレンジを施して新しいモデルとして出して頂きたいところである。

 

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分と換金方法

 

さて相場はどうなっているのか 約15,000円程度までのようだ。若干難アリ品なので、もう少し安く考えておいてよく、やはり予想通りの金額であった。取引金額としては約 9,000円での買取。なかなかであるが、若干のリペアを施したのは言うまでもなく、売却する場合でも、小奇麗にしておく事も重要なのである。

 

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン:クローゼットにあるレトロヴィトン 4つのモデルを処分と換金方法

 

ルイ・ヴィトンブランドはいつの時代でも人気

 

トータルで言うと、約27,800円である。財布の予算は、約50,000~60,000円前後の内容を検討しているので、後、約 30,000円をつくれば良い状態になったわけである。何も考えずにヴィトンだから「いい値段で売れる」わけではなく、中古品の中でも程度の良いモノ・悪いモノも多く、保管という意味でも将来における売却金額は大きく変わるものである。アンティーク同然のヴィトンは真贋の必要はあまりないが、程度をよく注意して買ったほうが良いだろう。欧州ブランドであるヴィトンの古いモデルはグローバルに売るモデル設計をされておらす、経年によりダメになる事が多い。ポイントとしては内装のポケットなど、湿気でベタつきが出て剥離などがはじまるともはや使い物にならない。

今回のモデルも内装のベタつきや剥離などが始まり、クローゼットで保管していても、日本の気候ではすぐにダメになりやすいのである。欧州とアジアは、このような意味でも違うのであり、いくら綺麗に使っていようが、タンスの肥やしになる前に早めに売却をしたほうが賢明である。次回はこの売却金額をもって彼女の「新しい財布」の候補を検討し決定した内容を伝えればと思う。

 



 
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【LOUIS VUITTON】ルイヴィトン ダミエ ジッピーウォレット ラウンド N60015 の買取相場と買取準備の為にリペアをしてみる

基本データ:LV ルイヴィトン ...