Breaking News
Home / European Brand / 【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ペンダントで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す
【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ペンダントで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す

【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ペンダントで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す

Digg にシェア
Pocket

 

若い女性へのプレゼントの定番、ティファニーのネックレスは もはや過去の話

 

長い間”ド”定番でとして不動の地位にあった ティファニーブランド であるが、過去の恋愛でもらったプレゼントに関する話である。女性は、比較的過去の恋愛に対して引きずらず、次のステップに容易に歩き出す事ができる。

物事の切り替えが早い事は良いことであると思う。ただ少しやっかいなのが、比較的高額なプレゼントを貰った後、その処分について悩むことがあるようだ。

有り体に言うと、高額ゆえ捨てるわけにもいかず、かといって誰かにあげる事もできず、タンスの肥やしにするのも気が引ける。

 

【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ペンダントで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す

 

そうなってくると、換金して処分することになるのだが、換金するための現在の市場価格を知らずして、そのまま売り払うのも、業者に足元を見られて 「もったいない」 と思うのは人情である。

多くの男性諸氏は、どのブランドを贈れば良いか、銘柄選びで苦労することから、ある種、その問題から開放される良いブランドであったが、誰もが同じブランドを選ぶとういうことは 「飽きられ廃れるのも早い」のである。

そのようなバブル時代のプレゼントの定番である 「ティファニーを処分をする時期が迫ってきた」 というのを知人の女性からの相談を受けて、売却が完了した次第である。

長らく 「タンスの肥やし」 となっていた過去のプレゼントを処分して、今回結婚することとなった知人の女性への 「結婚資金」 という軍資金の一部を生み出す方法を若干取り上げておきたい。

結婚するのには「カネが掛かる」ものである。その際に、「自身の保有している資産を上手に売り切る方法」 というのを知っておいても損ではない。では、ブランドアクセサリーを売る手法の一部を紹介しておきたい。

AdSense




 

貴金属に投資する場合「素材とブランド力」とのバランスを重視する

 

今回、売却を考えているのは 「ティファニー オープンハート ペンダント ダイヤモンド PT 950」 である。ただのシルバー素材でないと言うことを最初に断っておく。

シルバー素材については、もはや素材的価値はないに等しい。要は大半のシルバー製品とは 「ブランド力だけの価値でありブランドが付けた価格」 となっているということを認識しておくと、売却や購入に関して賢く立ち回ることができる。

またこの手のブランドアクセサリーは 「ブランド料」 が多分に乗っており、売却の場合にも比較的役に立つ。これがノーブランドである場合、その価値を担保するのは、もはや素材的な価値だけとなるのだ。

そうなった場合、購入する時には、リーズナブルに購入できるが、売却する場合に苦労する。というより 「カネを捨てたモノ」 という認識で最初から購入する覚悟がいる。それが何千円といえども、また何百万といえども、価値は素材だけとなるので、注意する必要がある。

 

【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ペンダントで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す

 

ではさっそく 「オークファン 」 で現在の相場をみていこう。最高金額が、約 20 万円までで、平均 約 12~15 万円程度で、推移しているのだが、中古市場でこれだけの価格で売買されるということは、新品で買えば、比較的高額な金額で購入することとなるだろう。

知人の話だと、当時の彼氏が購入に要した金額は、約 90 万円近くをまずは購入資金として準備し、その他諸々の費用を合計して、彼女にプレゼントしたとの事である。

そう考えていくと、平均 約 1/6 程度まで価格は落ち込む事となるが、貴金属の相場通り、普通に購入した金額と言える。この場合、あまりブランド料が反映されていないことであり、このポイントは重要である。

 

【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ペンダントで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す

 

業者が売るオークションでの平均価格が、約 15 万円と仮定して、その他 EC などはそこから大きく上昇させて、新品同然にリフレッシュし、新品よりも、約 7掛~8掛ぐらいで販売するのが手である。

業者の仕入れが、約10~15万円までの範囲であれば、約 6 倍程度までと、コレも辻褄が合ってくるのである。また 「オークデータ 」 の約 5 年間のカテゴリーの平均落札額を分析していくと、買取仕入れ価格は、高くても 約 10 万円まで、平均ラインは、約 8 万円程度と推測される。

オークションで捌く場合、ECや店頭を持っていない業者の場合約 1~2 割ほど割安になることも考えておく必要がある。

 

ティファニー オープンハート ネックレス ダイヤモンド PT 950

 

【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ペンダントで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す
【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ペンダントで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す
【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ペンダントで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す

 

普遍的な愛のシンボルであるハート型のペンダントであり、ダイヤモンドをあしらったプラチナのネックレスだが、業者さんにお願いをして、店頭とネット販売の両面を依頼して、売買成立後に、取り決めたパーセンテージをもらえるように手配した。

代理販売形式をとっているが、比較的高額な商品や専門性の高い商品などには、向いた手法だと考えている。店頭価格は、約 20 万円弱、ネット販売では、約 1~2 割掛けの価格をつけて販売を試みた。

結果から言うと、約 17 万円前後で店頭で売り切る形となったが、その後取り決めた額が支払われたのは、ちょっと前に払われたようである。その連絡を先日聞いて 「まずは一安心」 と安堵した次第である。

 

賢い女性は、資金がどのように投資回収され、価値が担保されているか知っておく必要がある

 

今回は、ティファニー オープンハートモデルを紹介したが、貴金属の売買比率は、他のブランドとさほど変わらないのがお分かりになるであろう。それだけ貴金属のリセールバリューは、あまり良くないのである。

長年使っていても、鉱物資源である限り、簡易的にクリーニングを施せば、新品のような輝きを取り戻せるが、投資する対象としては、勧められたモノではないというのが、二次市場を通じて分かってくるのである。

このブログを長く見ている人には、ご理解頂ける事であろうが 「リセールの大切さ」 はいつも伝えているところである。

 

【Tiffany & Co】ティファニー オープンハート ネックレスで過去の恋愛の経験を買取を用いて結婚資金の原資を生み出す
Reference : Pinterest  / Audrey Hepburn / Tiffany & Co

AdSense




 

また、ブランド力の話であるが、同じ価格帯の下流ブランドである場合、現在の相場よりも、価格が下落する恐れもあり、比較的定番を選ぶ事で、損失を上手く回避することができる。

ただ今回は、テファニーというどちらかと言うと、日本では流行り過ぎたブランドである場合、リセールについてブランド価値という意味では弱いあなたがプレゼントをもらう女性の場合、恋愛がうまくいかない場合、最悪の事態を想定し、自ら転売する事も考慮する必要がある。

その場合、現在流行りのブランドなどを貰った場合、その処分については苦労が伴うであろう。下手な話、割安でノーブランド扱いのどこにでもあるモデルをもらった場合、男女とも 「安物買いの銭失い」 になりかねない。

貰うのであれば、ド定番でも「ブランド名」が通り、素材の価値が高いモノでなければ、恋愛する価値すら認められないと思われる。男性はそれを見ているがため、ブランド力のある定番で高額なモデルを選びがちである。

その両者の解決法として、高い価値をつけているものを比較的割安で、リーズナブルに拾う方法を知っておくと、賢明な売買ができる。

結婚する前の恋愛を楽しむ女性であれば、市場でのブランドの相場を知っておくと 「何を買ってもらうか」 を選ぶことができる。

また結婚前に、資産効果の高いプレゼントを貰っておくと、今回のケースのように 「イザという時」 に結婚資金の元手の一部を作ることができる。

余談だが、今回の件を通じて、式に招待をされ、ご祝儀は免除されたが、行くかどうかはまだ決めていない。



 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。
好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【PARKER】パーカー75:スターリング・シルバータイプは革新的で現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく優れたモデル

【PARKER】パーカー75:スターリング・シルバータイプは革新的で現在でもビジネスマンや物書きに使いやすく優れたモデル

パーカー75:知人の誕生日プレ ...