Breaking News
Home / Premium brand / Chanel / 【Chanelブランド創作の舞台裏】サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエが面白い
【Chanelブランド創作の舞台裏】サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエが面白い

【Chanelブランド創作の舞台裏】サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエが面白い

Digg にシェア
Pocket

 

サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ

 

2005年フランス作品であるが、世界中で愛され続けるファッション・ブランド「シャネル」の制作の裏側にカメラを向けた映像作品であり、 5 話完結編としてテンポよくまとめられている良作。ファッション業界を常にリードしてきた「シャネル」の裏側は、シャネル・ヘッドデザイナー、カール・ラガーフェルドのアトリエに潜入する事で製作の過程が明らかになっている。

カール・ラガーフェルドの創造の過程であるアトリエの日常の仕事から顧客へのアプローチ、ファッションショーへのプレゼンまで「サイン・シャネル」はオートクチュールのコレクションの構想から世に出る前の作品の製作工程を通じて、カンボン通りの本社で行われる製作の舞台裏を見ることができる。

 

【Chanelブランド創作の舞台裏】サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエが面白い
【Chanel 関連記事】
【Chanel】一代で名声を得て後に創業家ではない億万長者と一流のデザイナーが経営する新興ラグジュアリーブランドを完成

 

131分の収録作品であるが、旅行の移動中の車内や機内で視聴するには十分な長さである。発売元の「WOWOW」で当時リアルタイムで視聴していた作品の”DVD”を購入してみて正解であったわけである。この作品には、お針子のおばちゃん達、アトリエ主任、モデルの面々やお抱えの顧客達、靴職人のマサロ、ルサージュの刺繍職人、ガロン職人のマダム・プージューなど個性的な面々が登場する。

愛情を込めて「カール」と呼ばれる彼が、それらの面々から、尊敬の眼差しを受け、深い愛情と情熱と信頼に基づき、次々と目まぐるしく注文が変わるメゾンの中で、日々奮闘する人々がシャネル・ブランドの夢と思想を作っている。画像は下記のカールが制作した映像である。

AdSense




 

“Once Upon A Time…”  から見るカールのシャネルへの尊敬と愛情

 

 

個人的に好きな映像であるが、シャネルが創業して小さなサロンを開業したときの雰囲気を味わう事ができる。小さな商店主であったシャネルが、このあと、急成長を遂げるブランドになるのだが、当初扱っていた帽子ではなく香水で名声と規模を得たという事はあまり語られていない。それも関連記事としてあげているが、この当時、シャネルの女性としての商売の在り方・生き方をカールの目線で描いている。日本でも女性の社会進出と総活躍社会が叫ばれているが、欧米ではすでに当たり前のように女性の活躍がブランドを支えている事が見てわかる。

 

【Chanelブランド創作の舞台裏】サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエが面白い

 

これは少し前に購入したシャネル・チェーンショルダーの比較的新しいモデルであるが、なかなか構造がしっかりとしており、保有していても安心できるつくりとなっている。前回の記事でシャネルの製品が大幅に価格調整された事は記憶に新しいが、シャネルのクオリティを確認しながらDVDが視聴できた。なぜシャネルが高いのか、このDVDを見れば明らかになるだろ う。逆説的であるが、製造工程の裏側を見ることで、納得し安心してシャネルを購入する事が可能になるだろう。その為の確認のために視聴したようなものでもある。

 

カリスマ依存を心配させるぐらいの信頼のあるアットホームな創作チーム

 

“DVD”の写真と一緒に映っている獅子はシャネルの象徴であり、好んでロゴマークとして使っているようである。先日シャネルの製品を購入したので、そのシャネルの紙袋とともに写してみた次第である。

 

【Chanelブランド創作の舞台裏】サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエが面白い

 

DVDを視聴してひとつ心配なのが、シャネルの後継者における問題はどうなるのか。制作が撮られた時期は、約10年前の作品であるが、現在の体制は大丈夫なのかと思うが、これだけカールが全面的にブランドを率いている場合、カール亡き後のシャネルが心配になるほど、カールが中心になって、シャネルの最先端を作っている事も同時に分かる。

シャネルの組織構造は前回取り上げたが、そのような意味でも、深い作品として違う視点からも見ることができて、非常に満足度の高い作品で あった。シャネルがどういうブランドなのか、関連記事を読みながら視聴すると理解が早いと思う。という事で、作品はオススメである。

AdSense




 

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【CHANEL_HACKS】シャネル・マトラッセ 簡単に偽物を見分ける 12 の真贋方法

【CHANEL_HACKS】シャネル・マトラッセ 簡単に偽物を見分ける 12 の真贋方法

真贋の方法はまずは本物を手にし ...