Home / Brand Shooting / 【Rolex】EXPLORER II White Tritium エクスプローラーII 216570
【Brand Shooting,Good Industrial design:Photo Collection】Rolex EXPLORER II White Tritium /ロレックス エクスプローラー II Ref.216570

【Rolex】EXPLORER II White Tritium エクスプローラーII 216570


Rolex EXPLORER II White Tritium Ref.216570

 

【Brand Shooting,Good Industrial design:Photo Collection】Rolex EXPLORER II White Tritium /ロレックス エクスプローラー II Ref.216570

 

It is an orthodox and new generation exploration watch that evolved explorer Ⅰ in a normal way.

It was put into the market when celebrating the 40th anniversary of model birth.

Evolution greatly from the old model Ref.  Visibility is improved by enlarging the case.Luminous paint evolved into “chroma light”.

It changes from green to blue, it is easy to see, and it can emit light for a long time. Movement acquired high precision with Rolex’s proprietary technology “parachrome balance spring”.

 

【Brand Shooting,Good Industrial design:Photo Collection】Rolex EXPLORER II White Tritium /ロレックス エクスプローラー II Ref.216570

 

Also included is a seismic patent technique called  paraflex shock absorber.

Furthermore, it realizes a light feeling of wearing such as “Easy Link” which can be adjusted.

As you can see in the picture, the central part of the needle is painted black, “Phantom effect”, the follow-up design of the previous model is also wonderful.

Rolex sports model has white in only Daytona and Explorer II, it is a rare model.

At the time of purchase, it was about 660,000 yen as a new item.

The average price about five years ago at second-hand market is rising to about 750,000 ~ 830,000 yen.

 

【Brand Shooting,Good Industrial design:Photo Collection】Rolex EXPLORER II White Tritium /ロレックス エクスプローラー II Ref.216570

 

ロレックス エクスプローラー II Ref.216570、山岳・洞窟探検に対応した堅牢モデルの到達点

 

 

エクスプローラーⅠを正常進化した正統派・新世代の探検時計である。

モデル誕生40周年を迎えた時に市場に投入された。旧型であるRef.16570から大幅に進化し、ケースを大型化したことで視認性が向上。

夜光塗料は「クロマライト」に進化。グリーンからブルーになり見やすく、長時間の発光が可能。

ムーブメントは、ロレックスの独自技術「パラクロムヒゲゼンマイ」の採用で、高精度を獲得。

また「パラフレックス・ショック・アブソーバ」と言われる耐震特許技術が盛り込まれた。さらに調整可能な「イージーリンク」など軽快な装着感を実現している。

写真で確認できるように、針の中央部分が、ブラックに塗装された「ファントム効果」は、前モデルのデザインの踏襲も素晴らしい。

ロレックスのスポーツモデルでホワイトがあるのは、デイトナとエクスプローラーⅡだけであり、稀少なモデルである。

購入した当時は、新品で約 660,000円前後であった。中古相場で約 5 年前の平均価格は、約 750,000~ 830,000円まで価格は高騰している。



A8.net

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【TAG Heuer】タグ・ホイヤー アクアレーサー Aquaracer Caliber 5 Blue Dial キャリパー5 ブルーダイアルは中古市場でも入手が困難になりつつある年々上昇傾向のダイバーズモデル

【TAG Heuer】アクアレーサーは中古市場でも入手が困難な年々上昇傾向のダイバーズモデル

TAG Heuer Aquar ...