Home / Brand Shooting / 【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル
【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル

【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル


Rolex EXPLORER II Ref.16570

 

【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル

AdSense




 

Rolex EXPLORER II Ref.16570 Second-hand market in Japan.

It is an orthodox and new generation exploration watch that evolved explorer Ⅰ in a normal way.

In model change in 2011, it is the last 40 mm diameter model before it is enlarged to about 42 mm in diameter.

As a long-selling model for about 20 years, I personally purchased a defective item cheaply, it goes through overhaul, and finishes like a new product.

Movement evolved from Cal. 3085 to 3185. On the exterior side, the figure is thin and digging is shallow.

The dial became simple with black and white two tone.

The buckle is a single lock, the luminescent paint is tritium, but it was exactly the ideal because I wanted the early final vintage items.

After that, I go through a minor change, but I purchased about 10 years ago.

About 5 years ago, second-hand models could be purchased for about 200,000 yen, but now the price has risen to about 50 to 600,000 yen, and the price has risen to about 3 times.

 

 

新型投入と円安で正規価格、並行相場が高騰、中古市場でも安定した取引ができる

 

【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル
Reference:Aucfan Co.,Ltd.

 

エクスプローラーⅠ から正常進化を果たした正統派・新世代の探検時計として、有名なモデル「エクスプローラー II Ref.16570」である。

ロレックスブランドのなかで、定番以外の第三の選択肢として、もっとも人気のあるモデルとして市場では取引されている。

当時新型モデルの国内正規価格は、約 830,000円前後並行相場で約 790,000円前後となっている。では、さっそくオークファンをみていこう。

約 5 年間の国内オークション落札額では、平均で約 732,520円前後となっており、新モデルの中古品が平均を引き上げている状態である。

同モデルは、旧モデルとなっているので、平均価格は、約 542,296円前後となり、比較的中古市場でも安定した取引ができる。

 

【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル
Reference:Aucfan Pro Plus

 

また、Aucfan Pro Plus で、約 5 年間の総落札数と平均落札額の比較データである。今回は「エクスプローラーⅠ / II」を比較して取り上げている。

両モデルとも、外部環境要因がひとつ考えられるのであるが、中古市場に出てくる個体が年々少なくなってきている

アジアでの人気も含め、日本市場で中古品を購入する層も多く、大半が日本人が購入しているわけではなく、アジアに流れているのが現状である。

中古品自体、日本人が保有している人が減っていることが如実に表れている。昔と違い、日本でロレックスを頻繁に見る事ができなくなってきている。

 

【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル
Reference:Aucfan Pro Plus

 

また平均落札額は、年々上昇してきている。新旧モデルが入り乱れてる状態に見えるが、中古市場ではよくあることである。

旧モデルの完品 OH 済新モデルの OH 前であったり、様々な状態によって大きく価格は違ってくるが、ロレックスブランドでは、比較的相場はガチガチである。

2000年代前半は、正規価格と並行相場の価格差はほとんどなかったが、リーマンショック直後の 2010 年には、最大約 170,000 円前後にまで広がった。

その後、新型投入と円安で正規価格と並行相場が高騰し、過去の新品価格と同様の価格で、中古市場では売られているのである。

長年愛用している立場から言えば、現在までロレックスのブランド戦略は正しく、ブランド的付加価値を最も理解している腕時計ブランドだと思う。

 

ロレックス エクスプローラー II Ref.16570

 

【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル
【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル
【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル
【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル

 

旧型の高騰で驚異的な買取額、売却益で新モデルを購入可能な稀有なブランド

 

【Rolex】ロレックス エクスプローラーII は 前代から正常進化した探検時計の完成モデル

 

山岳・洞窟探検に対応した堅牢モデルの到達点となったロレックスのスポーツ系モデルである。

コスモグラフデイトナ、サブマリーナに続く、サブポジションの定番人気を誇るモデルとして、現在でもその地位は高い

定番のなかでも、比較的安価に購入できるモデルとして、安心して購入できる定番のひとつである。

個人的にも、エクスプローラーⅠ/ II は使いやすく好きである。使いやすい腕時計は、つい長時間使い続け、経年劣化を引き起こしやすい

そう考えると、定期的にオーバーホールを試みるよりも、状態の良い中古モデルを乗り継いでいく方が、良かったりするのである。

現在では、中古品は少ないが、しっかりと業者に依頼して、保有モデルを買取に回し、売却で得られた頭金を購入資金として使えば、新品同然のモデルが、かなりお得に購入できる。

売るために購入するわけではないが、頻繁に使うモデルゆえ、状態の良いモノを長く楽しみたいという、マニアならではの楽しみ方ができるモデルでもあるのだ。

AdSense




 

さて、同モデルの説明を簡単にではあるが、記しておきたい。

2011年にモデルチェンジで、約 42 mm 径に大型化される前の最後となる 40mm 径のモデルである。

約 20 年に渡るロングセラーモデルとして、故障品を安く購入して、オーバーホールを経て、新品のような仕上げとしている。

ムーブメントは、Cal.3085 から 3185に進化。外装面は、数字は細く、掘り込みが浅い。ダイヤルは白黒のツートンでシンプルになった。

バックルは、シングルロックで、夜光塗料がトリチウムだが、初期の最終系のヴィンテージ品が欲しかったのでまさに理想であった。

その後、マイナーチェンジを経ていくのであるが、購入したのは約 10 年前である。

約 5 年以上前には、約 200,000 円代で中古モデルが購入できたが、現在では約 500,000~600,000 円まで高騰し、約 3 倍程度まで価格が上昇している。

今回は買取に出したわけであるが、やはり高値買取となった。ブランドにオーバーホールに出し、仕上げなどを売り手側で発注を掛けることで、高価買取が期待できる。

業者が行うべきことを売り手側が事前に行う事で、彼らの手間を無くしてあげることである。

ロレックスの場合、買取を行えば必ず売れるわけで、持ち出しを増やすことで、高い買取額を引き出すことができるのである。

後は、純正保存箱の付属品などをオークションなどで安価に仕入れて、完品で買い取りに出しても良いだろう。

買取額は、約 500,000円で売却することができた。すべて合わせることで高い買取額を引き出すことができるのである。

今回も売却に成功したので、その売却資金を使って、エクスプローラーの新しいモデルを購入したいと思う。



A8.net

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【ROLEX】ロレックス エアキング Air-King Ref.14000 は ロレックスブランドの入門機としてリーズナブルな定番人気モデル

【ROLEX】エアキングは ブランドの入門機として使いやすくリーズナブルな実用時計の人気モデル

ROLEX Air-King ...