Breaking News
Home / MP skills-2 / Trademark 2GA / 【商標法】商標権効力のポイント
Trademark-top

【商標法】商標権効力のポイント

Digg にシェア
Pocket

商標権の効力:商標法25条

商標権者は、指定商品又は指定役務について登録商標の使用をする権利を専有する。商標権について専用使用権を設定したときは、専用使用権者が登録商標の使用をする権利を専有する範囲については、この限りでない。

注意点としては、登録商標の類似範囲の商標については、独占的に使用する権利はないということ

侵害とみなす行為:商標法37条1号

次に掲げる行為は、当該商標権又は専用使用権を侵害するものとみなす。

  • 指定商品・指定役務の登録商標に類似商標の使用
  • 指定商品・指定役務に類似する商品
  • 役務についての登録商標・これに類似する商標の使用

以上を踏まえて、専用権と禁止権のポイントをまとめます。

AdSense




 

差止請求権:商標法36条

商標権者又は専用使用権者は、自己の商標権又は専用使用権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。

2.商標権者又は専用使用権者は、前項の規定による請求をするに際し、侵害の行為を組成した物の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却その他の侵害の予防に必要な行為を請求することができる。

混同防止表示請求(先使用による商標の使用をする権利):商標法32条

2.商標権者又は専用使用権者は、商標の使用をする権利を有する者に対し、その者の業務に係る商品又は役務と自己の業務に係る商品又は役務との混同を防ぐのに適当な表示を付すべきことを請求することができる。

商標登録の取消しの審判:商標法50条

継続して3年以上日本国内において商標権者、専用使用権者又は通常使用権者のいずれもが各指定商品又は指定役務についての登録商標の使用をしていないときは、何人も、その指定商品又は指定役務に係る商標登録を取り消すことについて審判を請求することができる。

この場合の登録商標とは

書体のみに変更を加えた同一の文字からなる商標、平仮名、片仮名及びローマ字の文字の表示を相互に変更するものであって同一の称呼及び観念を生ずる商標、外観において同視される図形からなる商標その他の登録商標と社会通念上同一と認められる商標を含む。

商標権の効力が及ばない範囲:商標法26条

商標権の効力は、次に掲げる商標(他の商標の一部となっているものを含む)には及ばない。

1.自己の肖像又は自己の氏名若しくは名称若しくは著名な雅号、芸名若しくは筆名若しくはこれらの著名な略称を普通に用いられる方法で表示する商標

商標法26条2項:前項第1号の規定は、商標権の設定の登録があった後、不正競争の目的で、自己の肖像又は自己の氏名若しくは名称若しくは著名な雅号、芸名若しくは筆名若しくはこれらの著名な略称を用いた場合は適用しない。

不正競争の目的がない場合がポイントです。目的がある場合は効力が及びます。

4.指定商品若しくは指定役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について慣用されている商標

特に限定する必要がなく、普通に用いられているため。

通常使用権:商標法31条

商標権者は、その商標権について他人に通常使用権を許諾することができる。

2.設定行為で定めた範囲内において、指定商品又は指定役務について登録商標の使用をする権利を有する。
3.商標権者の承諾を得た場合及び相続、一般承継の場合に限り、移転することができる。
4.商標権若しくは専用使用権又は商標権についての専用使用権をその後に取得した者に対してもその効力を生ずる。
5.移転、変更、消滅又は処分の制限は、登録しなければ、第三者に対抗することができない。
6.共有・質権の設定及び放棄の規定は、通常使用権に準用する。

第三者に通常使用権を許諾した場合であっても、商標権者は、通常使用権を許諾した範囲でも登録商標を使用することができます。

特許庁の判定:商標法28条1項

商標権の効力については、特許庁に対し判定を求めることができる。

2.特許庁長官は、前項の規定による求があったときは、三名の審判官を指定して、その判定をさせなければならない。

なお、この判定の結果は何ら法的な拘束力をもつものでない。効力の範囲内に入らない等の判定結果が得られたとしても、その効果が絶対ではない。

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




 
商標法

商標法は、商標の使用をする者に独占的な使用権(商標権)を与えることにより、業務上の信用の維持を図って産業の発達に寄与するとともに、需要者の利益を保護することを目的とする日本の法律である。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。