Breaking News
Home / 知財管理士(2級学科):著作権の制限まとめ
Topics_Copyright

知財管理士(2級学科):著作権の制限まとめ

Digg にシェア
Pocket

 

著作権法要点整理:著作権の制限 (著作物が自由に利用できる場合 著作権法30条~50条)

 

著作権法要点:著作権の制限 (著作物が自由に利用できる場合 著作権法30条~50条)

 

AdSense




 

私的使用のための複製

著作物 (他人が著作権を有するもの。以下同じ。) は、個人的に又は家庭内その他これに準じる限られた範囲内において使用すること(私的利用)を目的とするときには、原則として自由に複製することができる。

引用

公表された著作物は、引用して利用することができる。但し、引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない。※出所の明示が必要。

営利を目的としない上演等

公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもってするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。) を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。

教育・研究活動のための制限

一定の要件下において、「公的図書館等での複製」「教科用図書等への掲載」「学校教育番組の放送等」「学校その他の教育機関における複製等」又は「試験問題としての複製等」により、著作物を利用することができる。

報道や公益的活動のための制限

一定の要件下において、「政治上の演説の利用」「時事の事件の報道のための利用」「裁判手続等における複製」により、著作物を利用することができる。

障害者の利用のための制限

一定の要件下において、「視覚障害者や聴覚障害者等のための複製等」により、著作物を利用することができる。

インターネット等の円滑利用のための制限

一定の要件下において、「情報検索サービスのための利用」「送信障害の防止等のための記載」「情報解析のための複製」「コンピュータの利用に必要な複製」により、著作物を利用することができる。

その他

一定の要件下において、「付随対象著作物の利用」「検討の過程における利用」「技術の開発等のための利用」「美術の著作物等の原作品の所有者による展示・複製」「屋外設置の美術の著作物等の利用」「プログラムの著作物の複製等の所有者による複製等」により、著作物を利用することができる。

参照文献

知的財産教科書 知的財産管理技能検定2級 学科・実技問題集 (EXAMPRESS)

 

著作権法

著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権を付与し、これらの者の利益も保護している。

Digg にシェア
Pocket