Breaking News
Home / Dealers / 【告知:新企画】検索やSEOに頼らない自由に書けるウェブ小説を少しの間書いていきたいとおもいます
【告知:新企画】検索やSEOに頼らない自由に書けるウェブ小説を少しの間書いていきたいとおもいます

【告知:新企画】検索やSEOに頼らない自由に書けるウェブ小説を少しの間書いていきたいとおもいます

Digg にシェア
Pocket

分かりにくい業界を面白く知ってもらうために小説という手法を使う

 

【告知:新企画】検索やSEOに頼らない自由に書けるウェブ小説を少しの間書いていきたいとおもいます

 

タイトルのとおりですが、ブログを運営してきて、色々な問題を抱え苦労が絶えませんが、少し前から考えてきた小説らしきものを連載していきたいと思っております。

現在、様々な中古ブランド品の案件を取り上げておりますが、この分野に関する小説です。

いわば、いままでのブログでの情報公開は、書くことへのトレーニング期間といってもよく、このような長期に渡るブログを運営できるとは当初は思ってもおらず、今までの情報を含めて、創作を含めた物語を書いていければと思っております

今より公開していくのは、いわば β 版で、より良いものにするために、公開する場所に応じて改良を加えていき、最終的に良い作品としていきたいと思っています。

つまりは、書いて終わりということではなく、書いた内容が、前よりもより良い内容となれば、個人的には大幅な変更もアリとして、初めて完成していくものだと思っています。

ちなみに、私は小説を書くのは素人です。文学部でもなくどちらか言うと工学畑出身で、小説の勉強もしたこともなく、大量の文章を書いたのは、ここ数年ぐらいです。

また、小説などはほとんど読んだこともなく、経済書やビジネス書はよく読みますが、人の作品はほとんど知りません

ただ、ブログと言う形式上、ほとんどローコストで、日記や小説を気軽に公開できる場であることは変わりはなく、誰もが好きな形式で書けることは、大昔から考えると、現在は非常に恵まれた環境で私たちは執筆できるのだなと改めて思う今日この頃です。

また、世間の評価などを大して気にせずに、自分のやり方で創作を公開することができる自由さも、小説を書く環境としては恵まれていると思っております。

一方で、小説家を目指しているわけでなく、ひとつの手段として考えており、別にノウハウ本でもよかったのです。

 

検索に左右されずに日常を描きながら少しだけ非日常を無個性の連続体を書きたいように書く

 

【告知:新企画】検索やSEOに頼らない自由に書けるウェブ小説を少しの間書いていきたいとおもいます
Reference:Andy Warhol. Campbell’s Soup Cans. 1962 | MoMA

 

●● の5つの方法や、●● の3つの心得でもなんでもよいのですが、個人的にはノウハウ集を作る方が楽と言えば楽ですし、そちらの方が得意分野です。

横のランキングを見ると、大半がノウハウ関連で、検索を通じ真贋系の記事が並び、圧倒的にそれらが上位を占めています。

ただそれは、ユーザーが楽しむというよりも、仕事や実用で使う人向けの話の場合であり、専門知識に精通していなければ、話すら分からないという事も現場で聞かれ、参考になるのは業者や被害者予備軍ばかりという状況の打破という意味も小説を書く理由のひとつとなっています。

つまりは、読者層を専門的なユーザー以外にも広げて「ちょっと胡散臭いけど面白い業界」という事も知って頂けるひとつのキッカケとなれればと思い、大きく創作を含ませた簡単な短編集を創作しようと思った次第です。

検索を通じて訪問される方は、検索の上位の情報に左右されますので、それらを特に気にせずに、自由に書けるカテゴリーが欲しいというのも小説という手法を選んだ理由です。

ですので、特に検索やSEO対策などは考えておらず、純粋に書くことを楽しむ分野を創造したと思っております。

誰も金とは言わないが、自分としては、一定のルールがある金鉱脈を掘りあてた気分です。あとは金を採掘するだけとなりました。

例えるなら、大好きな荒木先生が、スタンドという概念を掘り当てた心境と似ています。後に先生自身、金鉱脈と語っています。

 

 

一話完結の案件ごとに起こるちょっとした謎解きを含ませたシアリスもありコミカルもある男女二人組が活躍するどこにでもあるような平凡な物語です。

最近思うのは、世間が驚くような面白い作品を作ることなど考えないということです。それは天才的な才能のある奴や自身の功名心や賞取りしか頭にない連中に任せておけばいい。

私が目指すのは、ベタだがどこにでもある日常の風景のなかに、少し非日常のスパイスを加えた「無個性(商品)の連続体」をトレードマークとするアンディ・ウォーホルのような「ありふれたモノを連続すると個性になる」という手法です。

ある人が見たら、遠山の金さん (古い) ように、また同じ流れかよと凡庸に見えながらも、またある人が見たら、欠かすことのできない素敵な作品となれば良いなと思っております。



A8.net
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

【 Hennessy 】ヘネシー コニャックノスタルジー・ド・バニョレ デキャンタは超希少な高級酒であり驚異的な高額買取が可能な名酒

【 Hennessy 】ヘネシー コニャックノスタルジー・ド・バニョレ デキャンタは超希少な高級酒であり驚異的な高額買取が可能な名酒

上流家庭に静かに保管されるバブ ...