Breaking News
Home / 知財管理士(2級学科):存続期間の更新まとめ

知財管理士(2級学科):存続期間の更新まとめ

Digg にシェア
Pocket

 

商標法要点整理:存続期間の更新

存続期間の更新 (商標法19条2項、20条、41条2項、41条の2第2項)

 

存続期間の更新

AdSense




 

更新の方法:更新登録の申請は、「商標権者」が、特許庁長官に更新申請書を提出して行う。→専用使用権者から申請することはできない。

更新の時期:原則として、商標権の存続期間満了の6ヶ月前から満了の日までの間にしなければならない。→更新申請は10年ごとに行う。

登録料:10年分を納付。但し、5年分ごとに納付することもできる。

更新登録の申請に対して、登録要件や更新要件の審査は行わない。

参照文献

知的財産教科書 知的財産管理技能検定2級 学科・実技問題集 (EXAMPRESS)

商標

商標(しょうひょう)とは、商品を購入し、あるいは役務(サービス)の提供を受ける需要者が、その商品や役務の出所(誰が提供しているか)を認識可能とするために使用される標識(文字、図形、記号、立体的形状など)をいい、商品の販売に際しては商品または商品の包装、役務の提供に際しては、役務の提供に使用される物や電磁的方法により行う映像面に付して使用する。需要者は、標章を知覚することによって商品や役務の出所を認識し、購入したい商品、または提供を受けたい役務を選択することができる。

Digg にシェア
Pocket