Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 【特許法】先願調査の検索ツールのポイント
知財技能士

【特許法】先願調査の検索ツールのポイント

Digg にシェア
Pocket

先願調査の検索ツール:テーマにおけるポイント

特許と実用新案は共通の検索ツールが使用、特許のみ、実用新案のみを対象にしている検索ツールはありません。

検索ツール:IPCとは

国際特許分類:技術分野を1つの技術的観点を中心に8つの「セクション」に分け「サブセクション」「クラス」「サブクラス」「メイングループ」「サブグループ」と細分化した階層構造になっています。

AdSense




 

検索ツール:FIとは

国際特許分類を日本でさらに細分化したもの:旧FIが付与されている文献に、新FIを付与し直す作業が行われる。すべての年代の公報を一気通貫で検索できます。

検索ツール:Fタームとは

日本独自の分類:所定技術分野ごと、発明の目的・用途・動作形態・構造・材料・製法等、多種多様な技術観点に細分化

意匠の検索対象

Dターム・日本意匠分類:用途によりA~Nのグループに分かれ、その下位の大・小分類、形態分類とで構成

商標の検索対象

類似郡コード:類似する指定商品や指定役務に付される分類コード
区分:指定商品や指定役務の区分、称呼等と組み合わせて使用
ウィーン分類:図形商標を検索するための検索ツール、国際共通分類

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




パテントマップ

パテントマップとは、特許に関する情報を整理・分析・加工して図面、グラフ、表などで表したもので、特許マップ、または、特許地図とも呼ばれている。パテントマップを見ることで、特許をマクロな視点から把握することができる。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】特許調査のポイント

特許調査:テーマにおけるポイン ...