Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 実技:知的財産管理技能士2級【特許法】特許要件のポイント
実技:知的財産管理技能士2級 特許法の各種ポイント

実技:知的財産管理技能士2級【特許法】特許要件のポイント

Pocket

特許の要件:第29条2項

 

特許出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が、発明に基いて容易に発明をすることができたときは、その発明については、特許を受けることができない。いわゆる当業者が、発明を容易に考え出す事ができない程度の困難性を発明の進歩性という。

 

特許発明の技術的範囲:第70条1項

 

特許発明の技術的範囲は、願書に添付した特許請求の範囲の記載に基づいて定めなければならない。

AdSense




 

拡大先願:第29条の2

 

特許出願に係る発明が、当該特許出願の日前の他の特許出願又は、実用新案登録出願であって、当該特許出願後に、特許公報の発行、出願公開又は実用新案公報の発行がされたものの願書に最初に添付した明細書、特許請求の範囲、実用新案登録請求の範囲又は図面に記載された発明又は考案と同一であるときは、その発明については、特許を受けることができない。当該特許出願の時に、その出願人と当該他の特許出願又は、実用新案登録出願の出願人とが同一の者であるときは、この限りでない。

 

拡大先願規定が適用される条件

 

  1. 先出願の「出願公開」されている
  2. 出願人または発明者が同一である

 

この場合”適用除外”され、先願が先に出願公開されるので、後願の内容が先願と同一内容の発明である以上、後願は新しい技術を公開するものでなくなる為、先願に拡大先願の地位を与え、後願を排除することができる。

 

特許出願/先願:第39条5項

 

  • 実用新案登録出願が放棄され、取り下げられ、若しくは却下されたとき、特許出願について拒絶をすべき旨の査定、審決が確定したときは、特許出願又は実用新案登録出願は、初めからなかったものとみなす。
  • 他の出願が、出願公開前に取下げされた時は、新規性も喪失しておらず、その出願の存在によって、拒絶されることはない。

 

同日出願:第39条2項

 

同一の発明について同日に二以上の特許出願があったときは、協議により定めた一の特許出願人のみがその発明について特許を受けることができる。協議が成立せず、又は協議をすることができないときは、いずれも、その発明について特許を受けることができない。

 

産業上利用できる発明

 

戦争における兵器であっても、産業上利用可能であれば、特許を受けることができると考えられる。

 

冒認出願の先願の地位

 

冒認出願とは

特許権や商標権、意匠権などに対し、出願する権利のない者が出願し、権利を取得してしまうことをいう。特許権の場合、発明者でない者が、その発明について特許を受ける権利を承継していないにもかかわらず出願し、権利を取得することを指す。出願を審査する審査官には、出願人が本当に権利を取得すべき者であるかどうかを判断をすることが困難であるため、冒認出願により権利化されてしまう恐れがある。もし審査において冒認出願であることが判明した場合は、拒絶される。万が一冒認出願によって権利化されてしまっても、正式に権利を保有すべき者によって無効審判が請求され、審理でそれが明確になれば、無効とすることができる。

 

  • 発明者でない者で、特許を受ける権利を継承しない者がした冒認出願は、先願の地位を有してしまいます。
  • 第74条:本当の権利者は、冒認出願者に対して、権利の移転を請求することができる。

 

参照文献

 

AdSense




 

 
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】特許調査のポイント

特許調査:テーマにおけるポイン ...