Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 実技:知的財産管理技能士2級【特許法】新規性のポイント
実技:知的財産管理技能士2級 特許法の各種ポイント

実技:知的財産管理技能士2級【特許法】新規性のポイント

Digg にシェア
Pocket

新規性の判断時期

 

新規性の判断時期は出願日ではなく出願「時」であることに注意。

出願と発表が同日であっても、発表が前で出願が後の場合、新規性が喪失し、特許を受ける事ができない。

AdSense




 

発明の新規性の喪失の例外:第30条

 

  • 特許を受ける権利を有する者の意に反して、一定の要件の下で、新規性を失わなかったものと見なします。
  • 該当するに至った日から6ヶ月以内に特許出願をすれば、新規性喪失の例外規定を受けて、特許を受ける事ができる場合があります。
  • 新規性を失った日から特許出願するまでの間に、他人によって出願された場合は、特許を受ける事ができなくなります。

 

幼稚園児等に発明を話した場合

 

公然知られた発明に該当するのは、発明の内容が技術的に理解される必要があり、幼稚園児に発明の内容を話しても、技術的に理解されたと考えにくく、新規性は喪失されない。

 

アルゴリズムに新規性はあるか

 

アルゴリズムは問題を解決する算法と判断され、発明の内容に該当。同一の内容が公知文献に記載されていた場合、新規性はないと判断。

 

秘密保持契約を結んでいない相手

 

秘密保持契約を結んでいない相手に電話で詳細に説明をする行為は、新規性を失う恐れがあり問題、口頭でも発明の内容が相手に理解された場合、秘密の状態を脱したと判断。

 

新規性の地域的基準

 

新規性の地域的基準は世界主義を採用。世界のいずれかで公知になった場合、新規性は喪失、日本では特許を受ける事ができない。

 

参照文献

AdSense




 

新規性

特許法において、新規性とは、発明が先行技術のものではないこと、すなわち、従来公開されていた技術そのものではないことをいう。発明について特許を受けるための要件の一つである。 発明の新規性を判断するにあたっては、いつ、どのように、どこで、知られていた技術を先行技術とするかが問題となる。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】特許調査のポイント

特許調査:テーマにおけるポイン ...