Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 実技:知的財産管理技能士2級【特許法】国内優先権制度のポイント
実技:知的財産管理技能士2級 特許法の各種ポイント

実技:知的財産管理技能士2級【特許法】国内優先権制度のポイント

Pocket

特許出願等に基づく優先権主張:第41条1項

 

先の出願:特許又は実用新案登録を受ける権利を有する特許出願又は実用新案登録出願であって先にされたものの願書に最初に添付した明細書、特許請求の範囲若しくは実用新案登録請求の範囲又は図面に記載された発明に基づいて優先権を主張することができる。仮専用実施権を有する者があるときは、その特許出願の際に、その承諾を得ている場合に限る。

AdSense




 

国内優先権制度:第41条

 

  • 日本国内ですでに特許出願した内容について、出願から1年以内であれば、内容を改良したり、新規事項を追加したりする事を認める制度
  • メリット:改良等の新規事項を加えて出願した場合、先の出願の明細書等に記載された発明については、先の出願の出願日を基準に新規性や進歩性等が判断される
  • 優先権を主張する旨及び先の出願の表示を記載した書面:後の出願と同時の提出←注意

 

新規性喪失の例外規定と優先権主張

 

国内優先権制度の活用は、先の出願から1年間の猶予、一方新規性喪失の例外規定の適用を受ける為には、発明が新規性を失った日から6ヶ月以内でなければ、適用を受ける事ができない。

 

国内優先権制度の削除項目:第41条1項柱書

 

  • 先の出願において出願当初の明細書等に記載されている事項に基づき主張が可能
  • 先の出願後に削除した事項でも主張することができる

 

国内優先権を主張する事ができない場合:第41条1項2号

 

特許・実用新案登録の変更出願・分割出願は、優先権を主張する事ができない。

 

補正の内容的制限:第17条の2第3項

 

  • 補正:出願当初の願書に添付した明細書・請求の範囲・図面に記載している事項の範囲内でしか行う事ができない
  • 優先権内では新規事項の追加は良いが、補正での追加は認められない。

 

参照文献

 

AdSense




 

優先権

産業財産権法における優先権とは一般に、ある出願に対し、同じ出願人(もしくはその承継人)による同一性のある別の出願が、先の出願と後の出願との間の期間に行われた行為によって不利な取り扱いを受けない権利。

 
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】特許調査のポイント

特許調査:テーマにおけるポイン ...