Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 実技:知的財産管理技能士2級【特許法】補償金請求権のポイント
実技:知的財産管理技能士2級 特許法の各種ポイント

実技:知的財産管理技能士2級【特許法】補償金請求権のポイント

Digg にシェア
Pocket

出願公開の効果等:第65条1項

 

特許出願人は、出願公開があった後に特許出願に係る発明の内容を記載した書面を提示して警告をしたときは、その警告後特許権の設定の登録前に業としてその発明を実施した者に対し、その発明が特許発明である場合にその実施に対し受けるべき金銭の額に相当する額の補償金の支払を請求することができる。当該警告をしない場合においても、出願公開がされた特許出願に係る発明であることを知って特許権の設定の登録前に業としてその発明を実施した者に対しては、同様とする。

 

  • 善意の実施者に対しては、「出願公開」「警告」「設定登録後」の要件がすべて揃わなければ補償金請求権の行使はできない。
  • 特許権が放棄されても、特許権は遡及して消滅しないため、補償金請求権は有効に存続し行使できる。
  • 特許権が無効になった場合は、初めからなかった事になり、補償金請求権は行使できない。

AdSense




 

悪意の実施者に対する補償金請求権

 

  • 出願公開に係る発明である事を知り、他人が業として実施している場合、実施者に対して「警告なし」に「特許権設定後」に補償金請求権を行使できる。
  • 知っていた事の立証は出願人が行う必要があります。

 

消滅時効の起算点:第65条6項

 

当該請求権を有する者が特許権の設定の登録前に当該特許出願に係る発明の実施の事実及びその実施をした者を知ったときは、同条 中「被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時」とあるのは、「特許権の設定の登録の日」と読み替えるものとする。

  • 補償金請求権は、特許権設定登録後でなければ行使できないため、消滅時効の起算点は、特許権設定登録の日としている。

 

補償金請求権と特許権の関係

 

  • 補償金請求権は、警告~特許権設定登録「まで」の間における実施を対象
  • 補償金請求権は、特許権設定登録「後」でなければ行使できない:第100条
  • 特許権の行使は、特許権設定登録「後」における実施を対象

お互いは干渉せず、両方行使することができる

 

参照文献

 

AdSense




 

損害賠償

損害賠償(そんがいばいしょう)とは、主に民法や民事紛争における法律用語である。違法な行為により損害を受けた者(将来受けるはずだった利益を失った場合を含む)に対して、その原因を作った者が損害の埋め合わせをすること。適法な行為による損害の埋め合わせをする損失補償とは区別される。または埋め合わせとして交付される金銭または物品そのものを指すこともある。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】特許調査のポイント

特許調査:テーマにおけるポイン ...