Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 【特許法】特許調査のポイント
知財技能士

【特許法】特許調査のポイント

Digg にシェア
Pocket

特許調査:テーマにおけるポイント

特許調査の目的

自分ではどこにもない発明であると思っていても、すでに特許化されている事も多く、事前に調査することで、多くの時間や労力・費用などの無駄を防ぐことができます。

  • すでに出願されていないか
  • 無駄な出願をなくすため

調査対象は、特許庁に出願されているものに限らず、出願前に、公になっている技術や日本国内だけでなく、外国の情報もあまねく調べていく必要もあります。

AdSense




 

特許調査を行う時期

特許出願後の調査では遅すぎます。先に同一の発明が出願されていれば特許を受けることができません。特許調査は、開発・出願を行う前にしておくべきです。

特許紛争の未然防止

特許調査を怠ると、事業化を進めた後に、権利侵害と訴えられる可能性もあり、多額の賠償金が発生するリスクを孕んでいます。先行特許調査を行う事でこうしたリスクを減らす事ができます。

開発テーマのヒント

特許調査を通じて様々な発明を見ることで、新しい分野の開発のテーマのヒントや自分が現在手がけている分野のヒントが得られます。

重複研究の防止

長期間多くの資金を投じた研究でも、先に他人が出願していては、その苦労は水泡に消えます。他人との重複研究を避けるためには、事前の特許調査は重要です。

特許電子図書館の技術情報の範囲

先行技術は、特許出願前に公になっている文献、技術のすべてが対象ですが、特許電子図書館では公開された出願書類を閲覧しか出来ません。先行技術調査は、特許電子図書館も使いながら、様々な情報を得る必要があります。

パテントマップ

パテントマップとは、他社の特許情報を収集し技術情報を客観的に評価・検討・分類・位置づけして視覚的に理解できるように図表化したものです。他社の研究や経営の動向の把握をする際に役立ちます。

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




パテントマップ

パテントマップとは、特許に関する情報を整理・分析・加工して図面、グラフ、表などで表したもので、特許マップ、または、特許地図とも呼ばれている。パテントマップを見ることで、特許をマクロな視点から把握することができる。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】先願調査の検索ツールのポイント

先願調査の検索ツール:テーマに ...