Breaking News
Home / MP skills-2 / Copyright 2GA / 【著作権法】著作隣接権の性質と内容のポイント
著作権ポイント

【著作権法】著作隣接権の性質と内容のポイント

Digg にシェア
Pocket

著作隣接権の性質と内容のポイント

  • 権利の発生に何の手続も必要としない「無方式主義」:著作権法89条
  • 存続期間はそれらに属する日の翌年から起算して50年をもって満了
  • 実演家人格権以外は譲渡可能
  • 著作者は権利に一切影響を与えないこと:著作権法90条
  • 著作物を使用する際は、隣接権者及び著作権者に許諾を得る必要がある。

AdSense




 

保護される実演:著作権法 2条1項3号

3.実演 著作物を、演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗詠し、又はその他の方法により演ずること(これらに類する行為で、著作物を演じないが芸能的な性質を有するものを含む。)をいう。

これらに類する行為で、著作物を演じない芸術性を有するもの、物真似や手品も「実演」に含まれます。ただし、サッカーや野球の試合のように、スポーツについては、芸術的な性質はないので「実演」には含まれないと考えられます。

録音権及び録画権:著作権法 91条1項

実演家は、その実演を録音し、又は録画する権利を専有する。

実演家には複製権はありません。しかし、録音権・録画権があるため、複製の際は許諾が必要となります。

実演家人格権の一身専属性:著作権法101条の2

実演家人格権は、実演家の一身に専属し、譲渡することができない。

実演家人格権にも例外なくその者の一身に専属する権利である。
関連事項としては、著作者人格権不行使特約に関しても「譲渡」できないことによる方策である。

実演家人格権の権利

  • 実演家の氏名表示権:著作権法90条の2

実演家は、その実演の公衆への提供又は提示に際し、その氏名若しくはその芸名その他氏名に代えて用いられるものを実演家名として表示し、又は実演家名を表示しないこととする権利を有する。

  • 実演家の同一性保持権:著作権法90条の3

実演家は、その実演の同一性を保持する権利を有し、自己の名誉又は声望を害するその実演の変更、切除その他の改変を受けないものとする。

※実演家のみに人格権が与えられ、人格権には氏名表示権と同一性保持権のみが認められていて、公表権は認められていません。
※同一性保持権については、名誉や名声が害される場合にのみ行使が可能です。

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




著作権法

著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権を付与し、これらの者の利益も保護している。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

著作権ポイント

【著作権法】著作者のポイント

著作者のポイント 原始的権利の ...