Breaking News
Home / 知財管理士(2級学科):著作権等の侵害に対する措置まとめ
Topics_Copyright

知財管理士(2級学科):著作権等の侵害に対する措置まとめ

Digg にシェア
Pocket

 

著作権法要点整理:著作権等の侵害に対する措置

 

著作権法要点:著作権等の侵害に対する措置

 

AdSense




 

民事的措置

  1. 差止請求権 (侵害の停止と侵害の予防。著作権法112条1項)
  2. 損害賠償請求権 (民法709条)※注
  3. 人格権侵害に対する名誉回復等の措置の請求権 (著作権法115条)※注

刑事的措置

懲役10年又は罰金1,000万円もしくは双方の併科など。但し、被害者の告訴を必要とする「親告罪」が多い。

※注②と③の請求をするには、侵害者側の故意又は過失を要件とする。なお、名誉回復等の措置は、損害賠償とともに請求することができる。

参考文献

知的財産教科書 知的財産管理技能検定2級 学科・実技問題集 (EXAMPRESS)

 

著作権法

著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権を付与し、これらの者の利益も保護している。

Digg にシェア
Pocket