Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 【特許法】ライセンス事業戦略のポイント
知財技能士

【特許法】ライセンス事業戦略のポイント

Pocket

ライセンス事業戦略:テーマにおけるポイント

苦労を重ねて特許権を取得した場合、その特許をどういった戦略で自社に利益をもたらすのか考える必要があります。その最も有効な戦略のひとつが「ライセンス(実施許諾契約)」です。ライセンスする際には、主に2つの手法があります。

  1. 専用実施権:設定した範囲で独占権を得られる (特許法77条2項)
  2. 通常実施権:許諾した範囲で実施を認めるもの (特許法78条2項)

専用実施権は、独占権なので特許権者といえども実施はできない
通常実施権は、他人に重複した範囲で許諾は可能

独占権を与えてより強い権利関係にするか、許諾した範囲で権利を与えて、様々な条件で実施してもらうか、色々と考えられます。ライセンスを許諾することにより、自社で事業化しなくても、ライセンス収入を得る事が出来、市場の拡大・ブランドの認知度も向上します。

ライセンシー企業(受ける側)が増え、提携先と強固な関係を築けば、事業の収益基盤も大きくなり、新規事業展開などの戦略も描く事が可能です。ライセンシー企業にとってのメリットは、有名なブランド企業の特許権を活用することで、研究開発費の低減、技術取得による開発力や販売力が向上します。

AdSense




 

事業リスクを考えた場合の戦略

例えば1社独占で市場を形成する場合、多くの利益を得られる事が可能になりますが、新しい市場や未開拓の分野の市場であった場合、市場を形成する為に大きな投資が必要になります。複数の企業で市場を形成すれば、大きな投資をする必要もなく、投資リスクを小さくする事もできます。

ライセンスしない戦略

ライバル企業の牽制・新規参入防止のメリットが得られます。資金調達が出来、大きな投資が可能で、かつ市場が成長している分野で有効です。

実施料

ライセンシーからライセンス収入が得られることができます。

研究開発費の低減

新技術を開発することは大きなコストが掛かりますが、他社からライセンスを受ける事で、自社の研究開発費が低減する事ができます。

技術導入による営業利益の増大

他社から受けたライセンスにより、新技術を導入した優れた製品を開発する事で、営業利益増大へ繋げる事ができます。

技術・ノウハウの取得

他社から受けたライセンスにより、自社にはない技術を導入する事で、他社の技術・ノウハウを取得、自社の開発に役立てる事ができます。

特許権侵害紛争の解決

例えば他社の特許権を侵害していた場合、ライセンスを申し出る事で、特許権侵害訴訟を回避する可能性もあります。

クロスライセンス

お互い保有する特許権を相互にライセンスすること。お互いの権利を自由に活用する事で、権利関係制約の緩和、製品の製造等がしやすくなり、自由度の高い事業活動が可能になる。

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




 
クロスライセンス(Cross-licensing)

クロスライセンス(Cross-licensing)、または相互ライセンスとは、2つまたは複数の企業等が、自らの持つ特許権等の知的財産権の行使を互いに許諾(ライセンス)すること、またはそのための契約。一般には自らの持つ知的財産権を利用して、実施・使用許諾料を(契約によるが)払わずに必要な知的財産権を利用できるメリットがある。

 
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】先願調査の検索ツールのポイント

先願調査の検索ツール:テーマに ...