Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 【知的財産法と民法】知的財産法と他法律のポイント
知財技能士

【知的財産法と民法】知的財産法と他法律のポイント

Digg にシェア
Pocket

知的財産法と他法律:テーマにおけるポイント

知的財産権は、財産権ということから、財産法のポイントを知ることはもちろん、民法や不正競争防止法等の複雑に関連してくる他の法律の知識も必要になります。 また業務遂行上、指針となる審査基準も一通り理解しておく必要もあり、総合的な知識を持つことで、円滑な業務を遂行できるようになりますので、学習をしておくことが非常に重要です。

AdSense




 

特別法優先の法則

  • 一般法·民法
  • ·特別法 – 知ら財産法

適用可能な異なる規定がなされている場合は、特別法が優先される。

民法の適用

知的財産法に規定がない場合は、民法が適用される。

判例

判例は最高裁が示した最終的判断・・・法律ではない。 影響力は大きい。

審査基準

審査基準とは法令ではない。法令の解釈をするために必要な特許庁内の取扱要領。

法令の定義

法令とは法律と命令を合わせたもの。

法律・・社会秩序を守る規範、国会で定めたもの。

命令・・法律の委任を受け行政機関が定めるもの。

契約自由の原則

当事者の自由な意思に基づいて決定されるべきこと。法律に拘束されない。

過失責任の原則の例外

民法709条・・故意または過失がなければ損害が発生しても責任はないという規定がある。 (例外) 参考例として、実用新案法 29条の3 を見ると、賠償責任が発生する場合がある。実用新案権を行使したことで相手方に損害が生じた場合、 相当の注意をもって権利行使したことを立証しない限り、無過失賠償責任を負います。

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




知的財産権

(ちてきざいさんけん、Intellectual property)とは、有体物(動産と不動産)に対して認められる所有権とは異なり、無体物(情報)を客体として与えられる財産権のことである。知的所有権(ちてきしょゆうけん)とも呼ばれる。 
 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】先願調査の検索ツールのポイント

先願調査の検索ツール:テーマに ...