Breaking News
Home / 知財管理士(2級学科):著作権等の侵害とみなされる行為まとめ
Topics_Copyright

知財管理士(2級学科):著作権等の侵害とみなされる行為まとめ

Digg にシェア
Pocket

 

著作権法要点整理:著作権等の侵害とみなされる行為 ( 著作権法113条より抜粋 )

 

著作権法要点:著作権等の侵害とみなされる行為 ( 著作権法113条より抜粋 )

 

AdSense




 

輸入する行為

国内において頒布 (公衆に譲渡や貸与) する目的をもって、輸入時において国内で作成したならば著作物人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権の侵害となるべき行為によって作成された物を輸入する行為。

輸入の目的で所持する行為

著作物人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権の侵害する行為によって作成された物 (上記輸入物を含む) を、情を知って (侵害物という事情を知りつつ)、頒布し、頒布の目的で所持し、もしくは頒布の申出をし、又は業として輸出し、もしくは業としての輸出の目的で所持する行為。

複製物を使用する行為

違法複製したプログラムの著作物の複製物を、情を知って取得し、業務上で使用する行為

故意に除去もしくは改変する行為

権利管理情報(電子透かしによる著作権管理情報等)について、虚偽の情報を故意に付加し、又は故意に除去もしくは改変する行為

名誉又は声望を害する方法により侵害する行為

著作権の名誉又は声望を害する方法によりその著作物を利用する行為は、その著作者人格権を侵害する行為とみなされる。

参考文献

知的財産教科書 知的財産管理技能検定2級 学科・実技問題集 (EXAMPRESS)

 

著作権法

著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権を付与し、これらの者の利益も保護している。

Digg にシェア
Pocket