Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 実技:知的財産管理技能士2級【特許法】特許権の侵害のポイント
実技:知的財産管理技能士2級 特許法の各種ポイント

実技:知的財産管理技能士2級【特許法】特許権の侵害のポイント

Digg にシェア
Pocket

特許権の侵害:テーマにおけるポイント

先使用による通常実施権:第79条

 

発明の内容を知らないで自らその発明をし、発明をした者から知得して、特許出願の際現に国内において発明の実施である事業者又は事業の準備をしている者は、実施又は準備をしている発明及び事業の目的の範囲内において、特許権について通常実施権を有する。

 

特許無効審判:第123条1項

 

その特許を無効にすることについて特許無効審判を請求することができ、2以上の請求項に係るものについては、請求項ごとに請求することができる。
1.その特許が第17条の2第3項に規定する要件を満たしていない補正をした特許出願に対してされたとき。

AdSense




 

  • 先使用権は、出願前から実施している場合だけではなく、その事業を準備している場合にも認められる。
  • すでに特許権として認められるものでも、新規性・進歩性等の特許要件を否定できる場合、特許無効審判により、再審査を請求できる
  • 特許発明の技術的範囲は「特許請求の範囲」の記載に基づいて定める
  • 請求の範囲の各請求項に記載された構成要素のすべてを含めるかどうかで判断
  • 請求の範囲に記載された発明の構成要素をすべて満たしている場合、特許権侵害が成立
  • 例外、構成要素が一部異なる場合でも、発明が均等であると判断される場合、均等論を適用、特許権侵害が成立する場合がある
  • 権利の消尽:いったん適法に譲渡された特許権に係る製品は、権利が消尽する為、その後の転売行為には特許権の効力は及ばない

 

間接侵害:第101条

 

  •  原則、特許発明のすべてを実施した場合特許権侵害は成立
  • 直接侵害を誘発する恐れのある特許発明の実施のみに用いられる、所謂「のみ品」の生産等の行為も、間接侵害とみなされる

 

特許権の効力が及ばない範囲:第69条

 

  • 特許権の効力は、試験又は研究のためにする特許発明の実施には及ばない。
  • 単に日本国内を通過するに過ぎない船舶・航空機又使用する機械器具装置その他の物
  • 特許出願の時から日本国内にある物

 

特許権の効力:第68条

 

特許権者は、業として特許発明の実施をする権利を専有する。
専用実施権を設定した時は、専用実施権者が特許発明の実施をする権利を専有する範囲についてはこの限りでない。
・家庭内で個人的に使用する範囲までは特許権の効力は及ばない

 

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




 

特許権侵害訴訟

特許権侵害訴訟においては、過去の特許権侵害行為に対する損害賠償と将来の特許権侵害行為の差止めとが主要な請求の類型となる。 審理期間の長短、当事者の主張立証活動への支援の有無や方法といった特許権侵害訴訟の審理

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】特許調査のポイント

特許調査:テーマにおけるポイン ...