Breaking News
Home / MP skills-2 / Trademark 2GA / 【商標法】商標登録出願の審査のポイント
Trademark-top

【商標法】商標登録出願の審査のポイント

Digg にシェア
Pocket

商標登録出願の審査のポイント

商標登録出願の審査は以下の内容等の審査をします

  • 登録要件を満たしているか
  • 不登録事由に該当しないか
  • 先願の商標であるか

以上を踏まえて全般的に知識を問うのがポイントです。

AdSense




 

先願主義:商標法8条1項

同一又は類似の商品又は役務について使用をする同一又は、類似の商標について異なった日に二以上の商標登録出願があったときは、最先の商標登録出願人のみがその商標について商標登録を受けることができる。

2.同日に二以上の商標登録出願があったときは、出願人の協議により定めた一の商標登録出願人のみが商標について登録を受けることができる
3.出願が放棄され取り下げられ若しくは却下されたとき又は出願について査定若しくは審決が確定したときは、商標登録出願は、初めからなかったものとみなす
5.第二項の協議が成立せず、又は前項の規定により指定した期間内に、届出がないときは、特許庁長官が行う公正な方法によるくじにより定めた一の出願人のみが商標登録を受けることができる

自他商品等識別力:商標法3条1項6号

需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができない商標は、自他商品等識別力がないため商標登録を受けることができない

慣用されている商標:商標法3条1項2号

自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については、次に掲げる商標を除き、商標登録を受けることができる。

2.その商品又は役務について慣用されている商標

例:商品「清酒」について商標「政宗」役務「興行場の座席の手配」について商標「プレイガイト」が該当

商標登録を受けることができない商標:商標法4条1項9号

次に掲げる商標については、前条の規定にかかわらず、商標登録を受けることができない。

9.政府若しくは地方公共団体が開設する博覧会若しくは政府等以外の者が開設する博覧会であって、特許庁長官の定める基準に適合するもの又は外国でその政府等若しくはその許可を受けた者が開設する国際的な博覧会の賞と同一又は類似の標章を有する商標
16.商品の品質又は役務の質の誤認を生ずるおそれがある商標

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




 
商標法

商標法は、商標の使用をする者に独占的な使用権(商標権)を与えることにより、業務上の信用の維持を図って産業の発達に寄与するとともに、需要者の利益を保護することを目的とする日本の法律である。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。