Breaking News
Home / MP skills-2 / Copyright 2GA / 【著作権法】著作物の定義と具体例のポイント
著作権ポイント

【著作権法】著作物の定義と具体例のポイント

Digg にシェア
Pocket

著作権法の全体像のポイント

著作権の定義:著作権法2条1項1号

著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。

著作物性の要件

  1. 思想又は感情を
  2. 創作的に
  3. 表現したもの
  4. 文芸、学術、美術又は音楽の範囲

上記の内容から、著作物性の要件としては以上の4つにまとめられます。

著作物の例示:著作権法10条

著作物を例示するとおおむね次のとおり

  1. 小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物
  2. 音楽の著作物
  3. 舞踊又は無言劇の著作物
  4. 美術の著作物「絵画、版画、彫刻その他」
  5. 建築の著作物
  6. 地図又は学術的性質の図面・図表・模型その他の図形著作物
  7. 映画の著作物
  8. 写真の著作物
  9. プログラムの著作物

この例示に挙げられていないものでも、著作物性の4つの要件を満たすものであれば、著作物に該当。

権利の目的とならない著作物:著作権法13条

次の各号いずれかに該当する著作物は権利の目的となることができない。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国や地方公共団体や独立行政法人の告示・訓令・通達等
  3. 裁判所の判決、決定、命令等で裁判に準ずる手続
  4. 前1~3号の”翻訳物及び編集物”で、国や地方公共団体や独立行政法人が作成するもの

経済白書等報告書・調査統計資料等、禁転載の表示がない限り、基本的に転載可能。

AdSense




 

美術の著作物:著作権法2条2項,10条4号

  • 2条2項:「美術の著作物」には、美術工芸品を含むものとする。
  • 10条4号:美術の著作物「絵画、版画、彫刻その他」

その他に、絵画・版画・彫刻・漫画等も「美術の著作物」に含まれる。

映画の著作物:著作権法2条3項

3項:「映画の著作物」には、映画の効果に類似する視覚的又は視聴覚的効果を生じさせる方法で表現され、かつ、物に固定されている著作物を含むものとする。

物に固定されている著作物:DVDの固定されたゲームや映画等が該当

写真の著作物:著作権法2条4項

4項:「写真の著作物」には、写真の製作方法に類似する方法を用いて表現される著作物を含むものとする。

写真の製作方法に類似する方法:フィルムを用いないデジカメ等が該当

編集著作物:著作権法12条1項

12条:編集物 (データベースに該当するものを除く) でその素材の選択又は配列によって創作性を有するものは、著作物として保護する。

データベースも編集物と考えられますが、データベースに該当するものは除かれているので、データベースの著作物は編集著作物に含まれない。

編集著作物:国等が翻訳物を作成した場合

“法令集”は編集著作物に該当する。その翻訳物も著作物に該当。

ただし、国や地方公共団体が「法令集の翻訳物」を作成した場合、法令集については著作権は発生しないが、編集著作物に該当する。

ゲームソフトにおける著作物:著作権法2条3項,10条9号

プログラムについては

著作物の例示:著作権法10条9号

9.プログラムの著作物

ゲームソフトは、プログラムの著作物に含まれる

映像部分については

3項:映画の効果に類似する視覚的又は視聴覚的効果を生じさせる方法

ゲームソフトはプログラムの著作物で保護され、映画の著作物として、重層的に保護される場合があります。

その他著作物として保護されるもの

  • 小学生の書いた稚拙な作文
  • 原稿なしの講演、即興の歌
  • 芸術性のある書体

著作物として認められるのは「思想又は感情を」「創作的に」「表現したもの」「文芸、学術、美術又は音楽の範囲」ですので、その創造性の低さや録音や印刷等で「固定されて」表現されていないものや単なる書体ではなく、創造性が認められれば、上記すべて著作物に認められる。

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




著作権法

著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権を付与し、これらの者の利益も保護している。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

著作権ポイント

【著作権法】著作権の保護期間のポイント

著作権の保護期間のポイント 保 ...