Breaking News
Home / MP skills-2 / Copyright 2GA / 【著作権法】プログラムの著作物のポイント
著作権ポイント

【著作権法】プログラムの著作物のポイント

Digg にシェア
Pocket

プログラムの著作物:著作権法2条1項10号の2

著作権法上のプログラムとは

2条1項10号の2:電子計算機(PC)を機能させて一の結果を得ることができるようにこれに対する指令を組み合わせたものとして表現したものをいう。

他の著作物と同様、著作物として認められるのは、創造性が必要。プログラムの著作物は、他の著作物に比べ、複製が容易なので、利用及び使用の特例が数多く規定されている。

AdSense




 

プログラムの著作物:著作権法10条1項9号

ソースプログラムは著作物か?:著作物です。

  • 著作権法10条1項9号

9.プログラムの著作物

  • 著作権法10条3項

3.第一項第九号に掲げる著作物に対するこの法律による保護は、その著作物を作成するために用いるプログラム言語、規約及び解法に及ばない。

これらの用語の意義は、次の各号に定めるところによる。

  1. プログラム言語:プログラムを表現する手段としての文字その他の記号及びその体系をいう。
  2. 規約:特定のプログラムにおける前号のプログラム言語の用法についての特別の約束をいう。
  3. 解法:プログラムにおける電子計算機に対する指令の組合せの方法をいう。

プログラム言語・規約・解法は、「プログラムの著作物に該当しませんが、ソースプログラムは著作物に該当」します。

プログラムの著作物の複製物の所有者による複製等:著作権法47条の3

著作権法47条の3:プログラムの著作物の複製物の所有者は、自ら当該著作物を電子計算機において利用するために必要と認められる限度において、当該著作物の複製又は翻案をすることができる。

※これにより創作した二次的著作物の複製を含む。

  • 所有者における複製は、バックアップ等の必要な範囲で認められますが、複数のパソコンへの複製は限度を超えるものであり、私的使用の範囲でも認められない。

プログラムの著作物の複製物の所有者による複製等:著作権法47条の3第1項ただし書

著作権法47条の3第1項ただし書:ただし、当該利用に係る複製物の使用につき、第百十三条第二項の規定が適用される場合は、この限りでない。

  • 違法コピーと知りながら、プログラムの著作物を、業務上使用するためにインストールやバックアップ等の複製をすることは、必要と認められる限度であったとしても、私的利用の範囲から除外。

プログラムの著作物の複製物の所有者による複製等:著作権法47条の3第2項

著作権法47条の3第2項:前項の複製物の所有者が当該複製物のいずれかについて滅失以外の事由により所有権を有しなくなった後には、その者は、当該著作権者の別段の意思表示がない限り、その他の複製物を保存してはならない。

・バックアップ元のオリジナルのプログラム、バックアップコピーのいずれかを、友人に譲る等の減失以外の事由により所有権を失った場合、保存しているプログラムを廃棄又は消去しなければならない。

※保存自体をしていると複製権侵害となります。:49条1項4号

プログラムの著作物の創作年月日登録:著作権法76条の2

著作権法76条の2:プログラムの著作物の著作者は、その著作物について創作年月日の登録を受けることができる。ただし、その著作物の創作後6ヶ月を経過した場合は、この限りでない。

2.前項の登録がされている著作物については、その登録に係る年月日において創作があったものと推定する。

  • 著作物の創作後6ヶ月以内に限り、財団法人ソフトウェア情報センターに創作年月日の登録できる。

プログラムの職務上作成する著作物の著作者:著作権法15条2項

著作権法15条2項:法人等の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が、職務上作成するプログラムの著作物の著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。

  • 法人等の発意に基づき職務上作成する通常の著作物は、会社の名義で公表しない限り職務著作とはならない。その著作物を作成した従業員が著作者となる。

※上記の法により、”プログラムの著作物の場合、会社の名義による公表なしで職務著作となります”

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




著作権法

著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権を付与し、これらの者の利益も保護している。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

著作権ポイント

【著作権法】著作権の保護期間のポイント

著作権の保護期間のポイント 保 ...