Breaking News
Home / 知財管理士(2級学科):著作権の保護期間 (存続期間)まとめ
Topics_Copyright

知財管理士(2級学科):著作権の保護期間 (存続期間)まとめ

Pocket

 

著作権法要点整理:著作権の保護期間 (存続期間)

 

著作権法要点: 著作権の保護期間 (存続期間)

AdSense




 

保護期間の開始

著作物の「創作の時」に始まる。

① 実名による著作物 (周知の変名による著作物も同様)

著作者の死後 ( 共同著作物にあっては、最終に死亡した著作物の死後 ) 50年を経過するまでの間、存続する ( 保護期間の原則。著作権法51条2項 )

② 無名又は実名の著作物

その著作物の公表後50年を経過するまでの間、存続する ( 著作権法 52 条 1 項 ) 但し、「周知の変名」による著作物は、上記「実名による著作物」の例による

③ 団体名義(職務著作等)の著作物

その著作物の公表後50年 ( 未公表の場合は創作後50年 ) を経過するまでの間、存続する ( 著作権法 53 条 1 項 )

④ 映画の著作物

映画の著作物の公表後70年 ( 未公表の場合は創作後70年 ) を経過するまでの間、存続する ( 著作権法 54 条 1 項 )

著作権法要点:著作権の保護期間 (存続期間)の図

参照文献

知的財産教科書 知的財産管理技能検定2級 学科・実技問題集 (EXAMPRESS)

著作権法

著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権を付与し、これらの者の利益も保護している。

Pocket