Breaking News
Home / 知財管理士(2級学科):著作物の定義・例示まとめ
Topics_Copyright

知財管理士(2級学科):著作物の定義・例示まとめ

Digg にシェア
Pocket

 

AdSense




 

著作権法要点整理:著作物の定義・例示

 

著作権法要点:著作物の定義・例示のまとめ

 

1. 著作物の定義 (著作権法2条1項1号)

著作物とは、思想又は感情を創作的に表現したものであって、「文芸、学術、美術又は音楽」の範囲に属するものをいう。

2. 著作物の例示 (著作権法10条1項)

著作権法要点:著作物の例示 (著作権法10条1項)

  1. 小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物
  2. 音楽の著作物
  3. 舞踊又は無言劇の著作物
  4. 絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物
  5. 建築の著作物
  6. 地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物
  7. 映画の著作物
  8. 写真の著作物
  9. プログラムの著作物。但し、プログラム言語・解法・規約を除く。

参照文献

知的財産教科書 知的財産管理技能検定2級 学科・実技問題集 (EXAMPRESS)

 

著作権法

著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権を付与し、これらの者の利益も保護している。

Digg にシェア
Pocket