Breaking News
Home / MP skills-2 / Patent rights 2GA / 【特許法】民法上の契約のポイント
知財技能士

【特許法】民法上の契約のポイント

Digg にシェア
Pocket

民法上の契約:テーマにおけるポイント

民法上の契約

契約は、当事者の「申込と承諾」の意思表示の合致によって成立する法律行為です。契約成立後、当事者には拘束力を有する「債権債務関係」が発生します。契約に違反した場合、相手方に対して契約内容の履行の強制、損害賠償の請求もできます。

契約自由の原則

日本においては、契約を当事者の自由に任せ、国家はこれに干渉してはならないとする原則に基づいています。その内容は通常これら5つに分けられる。

  1. 契約をする自由としない自由
  2. 契約の相手方選択の自由
  3. 契約内容決定の自由
  4. 方式の自由
  5. 契約変更ないし解消の自由

AdSense




 

不法行為に基づく損害賠償

民法709条  故意又は過失によって「他人の権利」又は「法律上保護される利益を侵害した者」は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

同時履行の抗弁権

民法533条  双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができる。ただし、相手方の債務が弁済期にないときは、この限りでない。同時履行の抗弁権を行使できる場合、履行期を過ぎても遅延損害金の支払義務は発生しない。

瑕疵担保責任

売主の瑕疵担保責任

民法570条  売買の目的物に「隠れた瑕疵」があったときは、売主側の責任を瑕疵担保責任という。

瑕疵担保責任は任意規定:当事者の合意すれば範囲変更や免除もできる。

解除

解除の効果

民法545条 当事者の一方がその解除権を行使したときは、各当事者は、その相手方を「原状に復させる義務」を負う。契約上の債権・債務も遡及的に消滅:相手方が契約内容を履行しない場合、契約解除した場合は、契約は当初から存在しなかったとすることができ、債権債務関係を契約前に戻すことをいいます。

履行遅滞

履行遅滞等による解除権

民法541条 当事者の一方が「その債務を履行しない場合」において、相手方が「相当の期間を定めてその履行の催告」をし、その期間内に履行がないときは、相手方は、”契約の解除”をすることができる。

参照文献

知的財産管理技能検定 2級学科スピード問題集 2015年度

AdSense




 

同時履行の抗弁権

同時履行の抗弁権とは、双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができるとする権利(抗弁権)である。双務契約には、当事者の公平を図るという観点から、一方の債務の履行と他方の債務の履行は互いに同時履行の関係に立つという履行上の牽連関係が認められるという点に根拠をもつ権利である。

 
Digg にシェア
Pocket

About 磯守 航史郎

食べる事と温泉・マッサージが好きな勤め人。過去には大小様々な職業につき、現在は不安定の中の安定を楽しんでいる昔から「変わり者」と言われた中年。 好きな分野は、ブランド戦略/建築・不動産/知的財産権/EC・オークション/金融・投資/カメラ/時計/モデルやアイドルなど、ジャンルは幅広いが、趣味や元家業・知人との関係で関わった事件が中心であり、現在は利害関係もなく、気軽にブログを書いている。テーマは知的財産権とブランドとの関係・市場での価格の関係、偽ブランドの撲滅など、高尚なテーマをより面白くしたいと努めている。

Check Also

知財技能士

【特許法】特許調査のポイント

特許調査:テーマにおけるポイン ...